入金無しでトーナメントに参加できます。

Rapid PAYOUTで為替手数料0で出金できます。

愚形リーチを打つケースと打たないケース

こんにちは、DIOBRANDOです。

北京オリンピックが終わった途端にロシアのウクライナ侵攻で、まさかこの時代に大国が戦争を仕掛けるなんて考えてもみませんでした。平和ボケですね。目が覚めた思いです。欧米はロシアに制裁だけで、意外に兵を派遣したり戦力には加わわらないものですね。やはり自国は自国民で守らなければならないということでしょうか。ウクライナがもし日本だったらと思うと憲法9条に疑問を感じてしまいます。

それにしてもウクライナのNATO加盟が、ロシアには戦争を仕掛けるほど面白くなかったのでしょうか。ウクライナはもはやロシア領では無く独立国家なのですから自由だと思いますが、それを武力で持って押さえつけようとするやり方は、独裁者の考えに他なりません。

ロシアはキエフの占領に苦戦しているようですが、ロシア兵も本意でやっているとは思えず、国内外からも戦争反対のデモが起こっています。諸悪の根源はやはりプーチンですね。共産国は独裁国家になりやすく、リーダー一人の考えが戦争をけしかけてしまうのですから恐ろしいものだと考えさせられてしまいます。

 

川崎駅のルーファー広場です。コロナ禍になってからイベントは無くなってしまいましたが、戦争とは無縁ののどかな感じがします。

 

八段止まりの私と天鳳位アサピンとのリーチ成功率の差

さて今回のテーマは愚形リーチを打つケースと打たないケースを見ていきます。アサピンの著書超精密麻雀に、愚形聴牌こそリーチを打つか打たないかのデリケートな判断が最も必要になる場面とあります。リーチ後はゼンツになってしまうため、この判断は確かに技術が大きく介入する選択だと思います。ちなみに私はこの判断に自信がありません。

 


これが私の鳳凰卓で4916戦打ったリーチに関するデータです。リーチ率は高いものの、放銃リーチ率が高く、リーチ成功率が低く、お世辞にもリーチの判断がうまくいってるとは言えません。

 


一方これがアサピンの鳳凰卓で2928戦打ったリーチに関するデータです。私とは対照的で、何よりも違うのがリーチ成功率の高さです。八段止まりの私と天鳳位になったアサピンとの差ですが、リーチ判断よるところがかなり大きいのではというのが伺えます。

 

待ちに自信の無いカンチャンドラ1ケース

愚形リーチ判断は、打点、いい待ちに見えるかどうか、親か子か、場況によって判断します。中でもいい待ちに見えるかどうかは重要だと思います。

今聴牌したところです。ラス目ゆへ攻勢を取りたいですが、カン4pはいい待ちには見えません。打点も無く、私は役無しダマを選択しました。以前はこういうケースでもリーチを打っていたのですが、最近は改良したのです。

 

NAGAはリーチでした。うーんってなってしまいます。

 

山を開けて見ると4pは2枚眠っています。如何にも押し返されそうですが、リーチしてツモって裏を載せるぐらいでないと勝てないのかもしれませんね。

 

待ちに自信の無い親の役無しカンチャンケース

面白くないツモがきました。聴牌は取るもののリーチを打つかどうかです。親の先制リーチには一目置いてくれる可能性が高いです。しかし3mはいい待ちには見えません。私は1m、5m、6p、赤5s引き、8sからの三色変化等を見てダマを選びました。

 

NAGAはまたもやリーチでした。やはり親の先制というのを重視しているみたいです。

 

3mは2山です。他3者の手はまだ整っていなく、これなら回らせることに成功しそうです。

 

私がリーチを打ったのはこのタイミングです。しかしここまで進むと上家に聴牌が入っており、押し返される可能性も高くなっています。結果は上家に南をトイツ落としささせ、粘った下家と二人聴牌流局でした。

 

良さそうな待ちに見える親の役無しカンチャンケース

4pが割と良さそうな待ちに見えます。少なくとも上家が持っているとは思えず、山に何枚か眠っていそうです。ツモればテンパネ、先制親リーということでここはリーチを打ちました。

 

そしてNAGAもリーチでした。

 

山を開けてみますと4pは2山でした。上家はかなり強烈な迷彩でした。この後下家の抵抗に遭い、追いつかれてしまいますが、流局で逃げ切りました。分かってることとは言え、ドラが見えていないと他家に固められてる可能性があり、強烈な抵抗に遭うことが予想されます。これが愚形リーのみの怖いところです。親リーにも降りてくれません。

 

まとめ

いい待ち、悪い待ちと考えて、山を開けて見ると眠っている枚数に思ったほど差はないと感じました。捨て牌だけで山読みをするのはヨンマではあてにならないと思いました。NAGAもその辺を見越してか、良さそうな待ちに見えなくても、構わず愚形で先制リーチを打つケースが多いと感じました。

私のリーチ成功率が低いのは、無謀な愚形リーチを打ち過ぎてるのではないかと思い、最近は良さそうに見えない愚形はダマにしていますが、そういうケースでもNAGAはリーチを打ってる感じです。今回調べた限りでは、私のリーチ判断のどこがおかしいのか分からずじまいでした。リーチ成功率の高いアサピンの牌譜で研究してみるのが一番良さそうです。何か発見がありましたら追記しようと思います。

 

DORA麻雀

Comments are closed.