第三の選択

ここ最近になって日本でも世界でもまたコロナ感染者が増えてきています。これからインフルエンザの季節にもなりますので要注意しなければいけませんね。日本では重症化率は低いものの、後遺症が残る可能性があるため、できれば罹りたくないですからね。今年コロナが広がって私が意識したものは栄養と睡眠と適度な運動です。適度な運動はウォーキングにしています。ある程度免疫力をつけてやり過ごしたいと考えております。

 

第三の選択

天鳳西入して僅差の局面です。早くも聴牌しまし、役無しダマを選択しました。

 

しかしすぐに4sをツモってしまいました。この手順どう思いますか。

結果的には即リーが一番良かったのですが、リー棒を出すと3着目と4600点差になってしまいます。いくら早いリーチとは言え中々間4sをツモるのも難しく、一人聴牌で流局したとしても3着と600点差のラス目でオーラスを迎えることになります。ラス目でオーラスを迎えるというのは相当に不利で、できれば避けたいです。そうなるとここは一旦ダマにして良形変化を見るのが良さそうな気もします。但しMリーガーの佐々木寿人選手なら即リーを打ってたと思います。

問題は上がった局面ですが、ここは5sを切ってフリテンリーチがあったのでは無いかと思いました。これが第三の選択で、フリテンでもこの巡目でピンフドラ1でサンメンチャンのリーチなら悪くないと思います。実際に自分のツモ上に8sはありました。如何でしょうか。

 

後日別の局面でフリテンリーチを試してみましたが上手くいきませんでした。打点も無くドラ表牌の待ちが味が悪いためダマにしたのですが、ここはツモってしまったら素直に上がるべきだったと思います。先程の局面と比べてリーチによる打点上昇がそれほど無く、場況的にも上がって何ら問題無いからです。

 

リーチに対してのドラ切り

これはDORA麻雀です。リーチが掛かった直後に聴牌しました。これはどうしますか。

 

私は一発で赤5pも切りにくく、取り敢えず2sでやり過ごしました。

 

そして次にツモったのが5sです。ここはどうでしょうか。

 

私はここでも赤5pが切り切れず2sをトイツ落としてしまいました。しかしここはさすがに一発が無いので赤5pで踏み込んで、ドラ3の良形でリーチを打つところだったと思います。

 

踏み込んでいれば6sをツモって上がれていたものを、回った挙句の果てに4sで放銃してしまいました。勝負すべきところはドラでも何でも勝負しなければなりませんね。弱気が表立った不出来な一局でした。

 

DORA麻雀

コメントは停止中です。