1巡凌げれるかの勝負

こんにちは、DIOBRANDOです。

先週黒川検事長が新聞記者達と自粛期間中に賭け麻雀をした疑惑で訓告処分を受け、本人は辞職しました。辞職は懲戒と比べて退職金が全額貰えるのですからそれも頷けます。世間ではこの訓告処分を甘いという見方をする人が多数でした。レートはピン(1000点100円)だったそうです。ピンまででしたらフリー雀荘ではよくやられているレートで、私もよくやります。それくらいのレートでしたら、処分自体がちょっと厳しいのではっというのがが正直な感想でした。

庶民の我々はやってはよく、上級国民はやってはならないということはないですからね。そもそもいい大人が四人集まって、ノーレートでなんて普通やりませんしね。賭博罪というのは本当は1円も賭けてはいけないのですが、実際は多少のモチベーションを上げるためにも行われており、ピンまででしたら黙認されているのです。

これを機に一層どこまでがよく、どこからが悪いのかハッキリさせて欲しいものですね。その方がスッキリします。

 

 

1巡凌げれるかの勝負

下家が1pをポンして7sを切った巡に、今9pをツモったところです。下家は聴牌してそうで、9pはドラ跨ぎで嫌な感じがします。またラス争いの上家にこの手牌から萬子は切りにくいです。少なくともスピードでは明らかに劣っていそうなので降りを決断しました。ここは7sを合わせました。

 

もう一つ注意するべきところは、トイメンの親が上家の明らかな萬子染めに793mと切っていて明らかに上がりに向かっているのです。本当は1sを切りたいところなのですが、4sを合わせ1sを残しました。

 

もし1sを先に切っていれば9pを勝負してこれで上がれていましたが、フリテンの間4sにはさすがに取る気になれず、上と下には通る3sを切って今天のトイメンに放銃してとんでしまいました。トイメンは上家の中の後に3mを切っており、上家と下家はその後もツモ切りを続けていますので3mは通るのです。よってここは3mを切っていれば下家が3sを掴んで助かっていたと思います。

 

少し遡りますが、ここがトイメンが3mを切ったところです。ここが急所で、これ以降両者の手出しツモ切りを見ていれば、この放銃は無かったです。このように鳳凰卓は1巡凌げれるかどうかという勝負が実に多いのです。全て手出しツモ切りを見るのは困難ですが、こういう降りる局面で共通安牌が無い場合は、そこが勝負を分けそうです。

 

上がり逃し

5mポン打発、6pポン打白で早くも聴牌し、今2mをツモったところです。ここで打4mとしてしまったのですが、これは枚数から考えて明らかに損な選択でした。

 

間3mならここでツモっていたと思います。この局はその後私の2900の放銃となりました。

待ちが選択できる場合は、枚数、出易さ、打点で考えますが、この例では既に打点は伴っていますので、枚数と出易さから間3mの方が勝っていたと思います。

 

終盤の初牌のリスク

終盤鳴きもリーチも入っておらず、形のいいイーシャンテンですが、問題はここから南と2pを切れるかどうかです。

 

鳴かれるかもしれないけどロンは無いだろうと思い、南を切りましたが、ものの見事に当たってしまいました。聴牌料は欲しいしダマテンへのケアは難しいところですが、鳳凰卓ではこれぐらいの手でも終盤初牌を切るというのはリスクが高いのですね。これは肝に銘じておこうと思いました。

 

魔が差す

今3pを放銃する瞬間です。上家の5pの手出しは見えており危ないって分っていながらもぽろっと切ってしまいました。私は第一打に北をミスっており、ここは北か発で降りるより無かったです。冷静に考えると分かるのですが、実戦では時間も無いため、手が進むと手拍子でぬるい打牌をしてしまうのは中々治りません。

 

微妙なシャンテン押し

リーチに対して回っていましたが、6pが4枚見えになったところで5pの方が安全だと分かっていながら、8pをシャンテン押しして刺さってしまいました。3900のイーシャンテンですが、これぐらいの手でも降りれるのなら降りた方がいいのですね。

 

サンマのお手本

訂正:南家の持ち点は34000です。

DORA麻雀のサンマです。DORA麻雀は今月は全然勝てておらずほぼ毎日のように負けています。それほど大きなミスはしていないと思うのですが、単に運が悪いというのと、相手が上手く打てているといった感じです。今回はjonglennonさんの打ち回しを紹介します。

南家の私の25sのリーチに対して親(jonglennon)が1sを勝負した後、6sを持ってきたところです。親はここでまっすぐいかず、4pを切りました。あぶらっこいところは抑えてワンチャンスの4pには感心しました。元々34pのシャボはいい待ちではなく(実際に空)、これなら2枚切れますしね。しかも索子の形が柔軟で、すぐに張り返せそうです。

 

案の定その後に私の上がり牌の5sをくっつけて、私に7sを掴ませました。私ならまっすぐいって5sで放銃だったと思います。4p切りはサンマのお手本のような手だと思いました。

 

DORA麻雀

コメントは停止中です。