このエントリーをはてなブックマークに追加

DORA麻雀のEntropayでの出金法

DORA麻雀入出金手段として、Netellerが利用できなくなってしまいました。

DORA麻雀に限らず2016年9月15日以降、日本在住の方は全てのギャンブルサイトで、Netellerの入出金ができなくなってしまいました。

 

そこでDORA麻雀はiwalletという新たな入出金法を導入したのですが、私はまだ使っておらず、Entropay(エントロペイ)による出金を試みてみました。

 

2016-10-12-2

 

Entropayとは世界中のオンライン決済のできるバーチャルクレジットカード(VISAカード)を発行するサービスで、ここに現金をチャージすることにより、オンラインでクレジットカードとして利用できます。

またEntropayからecoPayz(エコペイズ)へ入金することより、ecoCardというプラスチックマスターカードよりATMから出金することもできます。

つまりEntropayとEcoPayzのセットで、今までのNetellerと同様の使い方ができるというわけです。

何だかマネーロンダリングみたいですね(笑)

こういう事情もあり、EntropayはNetellerが日本を撤退してから日本人ユーザーが一気に増え、サイトも日本語対応されました。

 

2016-10-12-1

 

尚DORA麻雀においてEntropayは出金には対応していますが、入金には対応していません。

 

2016-10-12-3

それでは早速いってみます。

まずはDORA麻雀のソフトウェアで、マイアカウントの出金をクリックすると上の画面が現れますから、プリペイド MasterCard (Entropay)をクリックします。

 

2016-10-9-1

ここに出金額を入力し、続行をクリックして下さい。

最低引き出し額は$60で、最高引き出し額は$2000で、手数料は$2ほど取られます。

クリックしても何も反応しませんから連打はしないで下さい。

 

2016-10-9-2-2png

残高に引き出し額が保留中と出てきます。

私の場合は$60を3回クリックしてしまい、このようになってしまいました。

 

2016-10-9-2-1

DORA麻雀の明細を見るとこのように出てきます。

ここでキャンセルをすると取り消せます。

私は2回分をキャンセルしました。

この請求コードはEntropay側から要求されます。

 

1両日中にDORA麻雀に登録したメールアドレスより、Entropayから以下のメールがきますから、送られたリンクをクリックして下さい。

 

2016-10-12-4

確かに$2ほど引かれています。

これはDORA麻雀による手数料です。

 

2016-10-12-5

リンクをクリックするとこのような画面へいきます。

Claim Codeに先程の請求コードの先頭に1を付けた番号を入力して下さい。(請求コードが1234567だとしたら11234567を入力。)

私の場合は既にEntropayアカウントを持っているので、チェックを入れ、Entropayユーザーネームとパスワードを入力し、Claim Nowをクリックすればできましたが、Entropayアカウントを持っていない人はここでEntropayアカウントを作ることになります。

 

2016-10-12-6

Entropayへの入金額に対して1.95%が手数料として取られます。

結果として$60の出金に対して、$56.87が入金され、$3.13はDORA麻雀とEntropayの手数料として消失したことになります。

 

Netellerは手数料がありませんでしたから、この点は不満ですがもう使えないので仕方のないところです。

 

私は現在DORA麻雀への入金はクレジットカード、出金はEntropayとしています。

コメントを残す





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)