新年の挨拶と今年の目標

新年明けましておめでとうございます。

去年はコロナの影響で今までにない苦痛を強いられた一年だったと思います。通りを歩く人が皆マスクをしているというのは仕方が無いことだとは言え味気ないものですね。しかもまだまだ増え続けて、変異種も上陸してきましたので、この先もまだ自粛が求められそうです。これでは生きる意義を失いますよね。

暮はとても麻雀の調子が悪く天鳳では大地獄に見舞われました。

この少し前まで2740ptあったのが、この連ラス地獄で一気に925ptまで落ちました。たった16日で1815ptも失ったのですから麻雀の地獄の凄まじさを改めて実感しました。この間取り立てミスが多かったというわけではないのです。不ヅキでもこれぐらいの負けが続いてしまうのが麻雀です。

現在は少し取り返してまた原点付近まで戻ってきました。DORA麻雀も年末は勝てず12月の収支は赤字でした。

私は天鳳でヨンマ、DORA麻雀でサンマというスタンスで打っていますが、サンマの方が運の要素も腕の要素も大きい感じがします。だからサンマの方が面白いかと言われると、麻雀の醍醐味とも言える鳴き(チー)ができない分捌き方が限定的で、私はやはりヨンマの方が好きです。しかしサンマの方が技術の要素が大きいならば必ず正しい打ち方というのは存在して、長期的に安定して勝つことは可能だと思います。

DORA麻雀収支を見ても分かる通り私は決して強くは無いですが、一応若干のプラスの収支は出せていますので、この打ち方をまとめてみるというのが今年の目標です。言わばDORA麻雀サンマ攻略法を書くといったところです。勿論私以上の打ち方なんていくらでもあると思いますが、負け過ぎている方には参考になるようしたいです。

麻雀反省日記とDORA麻雀サンマ攻略を交互に書くと言った感じで今年はいこうと思っています。

 

牌理とリーチ判断

ここは何を切りますか。

 

普通は7mだと思いますが、私は何を思ったのか打1mとしてしまいました。これは典型的なタンヤオ病です。そして5pをツモりシャンポンでダマ聴牌に取りました。ここも有効な変化が乏しいので即リーの方が良かったと思います。

 

そしてラス目からリーチが入り痛恨の一発放銃をしてしまいました。もし即リーをしていれば1p、6s、ドラの9mとこんなに無スジを切れるとは思えずこの上がりは無かったと思います。これは今年最初のミスでした。

 

常識外し

これはどうでしょうか。

 

普通は打4mとするところですが、5mが入るとあまりにも味がいいため、ペンチャン一盃口を嫌う打1pとしました。これは微妙ですがまだ6巡目ということを考えますと、一応イーシャンテンに取れますのでそれほど悪くはないと思います。

 

次巡すぐに4pをツモり最終形はドラ単リーチで、同じドラ単追いかけリーチの親に引き勝ちました。単コロは柔軟に対応できるのも打1pとするメリットです。如何でしょうか。

 

伏せるか否か

これはDORA麻雀です。オーラス僅差のリードで、西家がノーテンならば抜いてしまえば、南家がハイテイてツモらない限り私の勝ちとなります。西家が聴牌していると思えば5sを勝負しなければなりません。どうでしょうか。

 

リーチ後に西家はスジの8pとゲンブツしか切っていないので多分ノーテンだろうと思い、1pを抜いてしまいました。しかし西家は聴牌していました。南家は14sのフリテンリーチでした。これで私は自ら着落ちして2着を甘んじてしまいました。西家はどう見ても聴牌とは思えず、放銃してしまっても着落ちとなってしまうためこれは仕方無かった感じもします。尚1pでは8pの方が良かったです。

 

リーチ判断

これは即リーを打ちますか。

 

私は中ポン打1pとする余地を残してダマにしました。以下西家からリーチが掛かり、そのタイミングで聴牌して追っかけたら放銃してしまいました。一発に裏4で倍満です。この場合は2pが枯れていましたのでこれで良かったのですが、本当は即リーするところだったと思います。何と言っても押さえつけ効果が大きいからです。なるべく即リーして相手に自由に打たせないとうのが現代麻雀の基本戦術で、曲げるところを曲げないとこういうしっぺ返しを喰うものです。新年早々からやってしまいました。今年も一年宜しくお願い致します。

 

DORA麻雀

コメントは停止中です。