入金無しでトーナメントに参加できます。

実力次第で稼ぐことも可能です。

換金できるDORA麻雀は副業アプリとして稼げるか

2023年01月28日(土)20時00分に参加無料のトーナメントが行われます。1卓1抜制のヨンマトーナメントで、優勝者には2万円相当、2~15位まで4000円相当のShaddy カタログギフトが手に入ります。季節毎に開催される年に4回しかないトーナメントで今回は冬に当たります。

冬なのでカニやウニ等の冬の味覚が満載されていると思います。私は2021年秋の味覚トーナメントで入賞を果たし、ホテルオークラのスープ缶セットをいただきました。ホテルでしか味わえないような高級な味がしたのを覚えています。大変良かったですね。

このトーナメントは数あるDORA麻雀トーナメントの中でも狙い目で、私は今まで2度ほど入賞を果たしました。登録者に比べて実際の参加者はそれほど多く無く、2021年の秋では一回戦突破しただけで入賞となりました。一回戦が4局しかなくほぼ運ゲーですので、腕に自信が無くてもくじ引きを引く感覚で参加してみて下さい。私も必ず参加しますので、時間がある方は是非参加してみて下さい。

 

オンラインでお金を賭けて麻雀ができるようになった現在、麻雀の腕さえあれば、隙間時間にスマホアプリを立ち上げ、副業として稼ぐことができるのではないかと誰しもが思うと思います。好きな時間に好きなだけやり、換金すると言った要領です。

DORA麻雀は確かにそういう使い方もできます。サンマ東風戦であれば、一局10分程度で済みますので、まさに隙間時間にやるのにももってこいです。

しかしお金を賭けてやる以上、相手も相当に手強いです。そして場代もありおますので、それを差し引いて+の収支に持っていくのは相当の腕が必要です。また車内とか気が散る場所では、本来の力を発揮できなく、負けてしまう可能性があります。やはりいくら隙間時間と言えど、集中してできる環境でやることをおすすめします。

ではDORA麻雀は副業アプリとしてどれぐらい稼げるのか私の実戦結果から見てみようと思います。ちなみに私の雀力は天鳳七段です。2022年は鳳凰卓で859本打ち、昇段も降段もしませんでした。

 

$4/8

このレートは一昨年の9月まで私の主戦場としていました。直近の2020年10月~2021年9月までの1年分で見ていきます。

レート 局数 キャッシュゲーム収支
2020年10月 $4/8 143局 +$79.65
11月 $4/8 157局 +$105.79
12月 $4/8 137局 -$12.57
2021年1月 $4/8 319局 +$179.83
2月 $4/8 216局 -$3.72
3月 $4/8 205局 +$90.22
4月 $4/8 152局 +$93.02
5月 $4/8 220局 +$39.32
6月 $4/8 73局 -$12.51
7月 $4/8 111局 +$52.81
8月 $4/8 152局 -$4.73
9月 $4/8 89局 +$13.06

日単位で見た最大下振れ-$53.11 (10/11~10/16)

日単位で見た最大上振れ+$128.36 (1/13~1/19)

計1974局打ちトータル収支は+$620.17でした。つまり1局あたり$0.314の利益が出ていることになります。1局平均10分として考えますと1時間では0.314×6≒1.88ですので、時給$1.88(248円)です。尚$1は132円(2023.1.11のレート)として換算しました。このレートは手堅く稼げ、ブレ幅も小さいのがいい所です。

 

$8/16

このレートは去年私の主戦場としていました。直近の2021年10月~2022年8月と12月までの12カ月間で見ていきます。(2022年9~11月まではブラウザー版に慣れるために、レートを下げていました。)

レート 局数 キャッシュゲーム収支
2021年10月 $8/16 169局 +$91.59
11月 $8/16 140局 +$20.35
12月 $8/16 28局 -$87.32
2022年1月 $8/16 142局 +$127.7
2月 $8/16 256局 -$63.55
3月 $8/16 230局 +$88.35
4月 $8/16 265局 +$117.48
5月 $8/16 227局 +$114.41
6月 $8/16 267局 +$164.96
7月 $8/16 201局 +$75.31
8月 $8/16 95局 -$126.24
12月 $8/16 294局 +$177

日単位で見た最大下振れ-$113.5  (5/24~5/28)

日単位で見た最大上振れ+$151.08 (12/16~12/20)

計2314局打ちトータル収支は+$700.04でした。つまり1局あたり$0.3025の利益が出ていることになります。1局平均10分として考えますと1時間では0.3025×6≒1.815ですので、時給$1.815(240円)です。尚$1は132円(2023.1.11のレート)として換算しました。意外かもしれませんが、$4/8に比べて時給が下がるのは、相手のレベルが上がるからです。尚高レートでは十段経験者でも場代で収支が-になるようです。

 

結論

結論を言いますと天鳳七段の雀力の人が、DORA麻雀で$4/8、$8/16で打ちますと時給240~250円程度稼げるということになります。バイトの方が全然稼げますし、副業として稼ぐにも少ない金額だと思います。しかし楽しみながら稼げると思えば、悪くないのではないでしょうか。私の場合は稼ぐというよりも、DORA麻雀そのものを楽しんでいますのでこれで十分です。

 

DORA麻雀のプロ

DORA麻雀をやっているプロ(日本プロ麻雀連盟、最高位戦日本プロ麻雀協会、日本プロ麻雀協会、RMU、麻将連合-μ-等の団体に所属している競技麻雀プロ)は誰なのか、知りたい人もいると思います。しかしDORA麻雀はオンラインカジノ系に属するため、法に抵触する可能性もり、自分からDORA麻雀をやっていると明かしているプロは見たことがありません。しかしDORA麻雀は天鳳と同じくIDでプレイしますので、やっている人は絶対にいると思っています。

DORA麻雀には月間プレイヤーランキングというもがあり、これは場代込みで上位から儲けているプレイヤーのランキングになります。

これは毎月DORA麻雀の公式ホームページにて公表されていますが、ここに度々出てきている人は真の意味でDORA麻雀のプロと言えます。毎月上位20名ですが、私等は一度も載ったことがありません。恐らくメチャクチャ強くて$16/32以上のレートで毎月相当打数打っており、それなりに勝っている人、或いはトーナメントで上位入賞して、それなりの賞金額を手にした人だと思います。よく見かけるプレイヤーを挙げてみます。

ezaki、honochan、APORO、gumi、amazarashi、Yamahei、zot、codas、fukami、gyokuro、PRANA、aldo、tomo-dora、Adarkar、kobamon、Yasutaka

まだいるかもしれませんが、こんなところです。zot、codas、Adarkar、kobamon、Yasutakaは当たったような記憶があります。

牌譜が見れないのが残念な所ですが、彼等の推定雀力は天鳳八段以上で、月間$1000を裕に超えるくらい稼いでいると思われます。しかしこのクラスになると相手も強く、下振れもあるため、それでも時給500円を叩き出すのは相当大変なのではないかと思います。

 

DORA麻雀

回し打ちと押し返しのコツはトイツ(アンコ)落とし

新年明けましておめでとうございます。今年一発目の投稿になります。

去年は年末に新型コロナに罹ってしまいました。23日PCRの検査を受けて陽性と出ました。症状は軽く、のどの痛みは取れ、熱は下がりましたが、まだ咳が治まらず風邪様症状は続いています。自宅療養期間は過ぎましたが、外出はまだ控えています。

どこで貰ったのか分かりませんが、駅、食堂、雀荘、ここら辺だと思います。いずれにしろどこも行けませんので、今はブログを書くことぐらいしかできません。川崎大師にでも初詣に行って、焼きトウモロコシでも食べたいのですけどね。

さて今回の投稿は三人麻雀戦術の回し打ちと押し返し方になります。先制リーチに対して無造作に無スジを切っていくわけにはいかず、大体は降りることになりますが、それでも2割くらいは回し打ったり、直接押し返していくこともあります。今回は後手を引いた時、どういう風に対処するのか。どういった条件で押し返しが成立するのか具体的に見ていこうと思います。

 

回し打ち1

発は2枚目なので仕方なく鳴きました。今4sをツモったところですが、白ポンと北を3枚抜いている親が5sを切っており14s、69sのスジは危なくなっています。上がっても面白い手では無い上、4sを押すリスクが高いので、ここは8sを合わせて回ります。

 

数巡後また復活しました。しかし今度は南家に動きがあり、4sは南家にも危なくなっています。よってここでも4sは切りません。比較的通りそうなアンコの2pを切ります。

 

最後また復活して聴牌で流局しました。他2人も聴牌でした。結果的には4sは2度とも通っていました。しかし2人共イーシャンテンで入り目でした。4sはそれなりに危険だったということです。このように危険牌を掴まされて、押すリスクが高い場合は聴牌を崩して回ることになります。回る場合はなるべく安全度の高い牌をトイツ落とししてやると復活しやすいです。

 

回し打ち2

捲りに行きたいところですが、早い親リーが掛かり、さすがにこれでは遠すぎます。よってここは1mをアンコ落としします。アンコ落としやトイツ落としは回し打ちでよく出る手筋で、安牌を切りながら様子を見ます。

 

1mのアンコを落としを終えて8sをツモったところです。ツモの入りが良かったので押し返せそうですが、まだリャンシャンテンです。ここは東のトイツ落としをします。1枚の白よりも2枚の東を優先して切ります。ここは重要でダブ東に当たるリスクはありますが、シャンポンや単騎に当たるリスクは白より低くなっていて、また2枚切れるメリットもあります。

 

東を落とし終えたところで、このようになりました。いよいよ押し返しが現実味を帯びてきました。ここまで当たる可能性の低い1mと東しか切っていないことに注目して下さい。ツモの入りは運ですが、安牌の落とし(様子見)と好ツモ(運)が重なって、押し返しは成立するのです。ここまで整えば初牌の白くらいは勝負します。

 

このようになりました。ここも重要な所ですが、ここはひよったりせず、7sを切ります。これが一番受け入れが広く、赤5sが見えていて、その跨ぎが無いのも判断材料となります。押し返せる機会はそうないですので、小リスクは負う価値があります。

 

以降は3pを合わせて良型+良型のイーシャンテンとなり、最後はワンチャンスの4sを勝負して、2sで上がり切ることができました。牌を置換してみて(この場合は1mのアンコ落とし)、押し返せるような形になれば勝負する。こんな感じになります。

 

押し返し1

トップで終えたいオーラスで、親リーが入ってしまいました。南トイツ落としから入り、こうなりました。親は北を抜いていなく打点が不明です。最悪降ったとしてももう一局できます。この状況でしたら、スジの3pくらいは押します。

 

数巡後聴牌しました。残りスジは少なくなってきましたが、それでも片中スジの5pくらいは押します。

 

そのまま押し切ることができました。押し返しは、上がるメリット・上がり易さ、押す牌の危険度・放銃した後の状況を天秤に掛けます。前者が上回っていると思えば押し返していくことになります。回し打ちは広義の意味では押し返しなのですが、ここでの押し返しは割とリスクを取って直線的に行く順を取り上げます。

 

押し返し2

オーラス上がりトップのイーシャンテンですが、南家からリーチが掛かってしまい、今6pをツモったところです。降りてもラス濃厚ですので、こういう場合は押し返すことになります。片スジの6pくらいは勝負します。

 

6pは通り、発はさすがに加槓しません。しかしその後に4pをツモってしまいました。残りスジが4本になっており、さすがに両無スジはきついので、ここは一旦2sを切ります。

 

南も初牌できついので、1sのトイツ落としをします。

 

北を抜いてフリテンサンメンチャンになり、南を勝負しました。その後にツモったのがまたしても4pです。残りスジは147pしか無く、さすがにこれは切れません。よって8sで回ります。

 

その後1p、2pとツモり、最後は3pをツモって上がり切ることができました。南家は間7p待ちでしたが、4pを止めるという感覚は悪くなかったと思います。押し返すと言ってもきついスジを引いた場合は、回しながら復活を狙うという発想も持って下さい。押し返しと回し打ちは常に連動しているのです。

 

まとめ

如何でしたでしょうか。回し打ちと押し返しは割と技術差の出るところだと思います。やり過ぎは良くないですが、ある程度はしないといけないのです。相手の攻撃をかいくぐって、こちらが上がるのですから難度は高いです。回し打ちと押し返しでよく出てくるスジは、安牌のトイツ(アンコ)落としですので、意識してみて下さい。

 

DORA麻雀

DORA麻雀アフィリエイトを始めてみよう

DORA麻雀アフィリエイトを始めてみませんか。

アフィリエイトとは媒体(ウェブサイトやブログ)に広告を設置し、訪問者がその広告を通して商品を購入することで、その利益の一部が広告主から支払われる形態のことをいいます。通常広告主はASP(アフィリエイトプロバイダー)に登録し、アフィリエイターはASPの中から扱うプログラムを決め、広告主と提携するのが一般的ですが、DORA麻雀の場合は公式サイトと直接提携してやることになります。

アフィリエイトはいろいろなやり方がありますが、ここでは私がやっていることを話します。

 

DORA麻雀アフィリエイトの魅力

DORA麻雀アフィリエイトの魅力はその報酬体系にあります。一人誘致していくらではなく、その人がDORA麻雀で遊べば遊ぶほど報酬が入ってくるという仕組みです。

DORA麻雀は場所代によって運営されており、東風戦では10%、東南戦では15%勝者から勝ち分を徴収しています。これをレーキモデルと言いますが、その一部がアフィリエイト報酬として誘致したアフィリエイターに支払われるということになります。そしてDORA麻雀は三人麻雀の卓が多く、回転率がいいので、報酬もどんどん積みあがっていきます。

誘致したプレイヤーがすぐに止めてしまえば、さほどの報酬になりませんが、そのプレイヤーが10年遊ぶとするとその分が入ってきますので、ヘビープレイヤーを一人集めた方が稼げる可能性は高いです。

オンライン麻雀は対戦相手がネット越しに人ですので、この類のゲームは飽きるということがありません。麻雀本来の面白みがユーザーをいつまでも引き止まらせておくのです。一時的に止めたとしてもまた戻ってやる人も多いです。このような性質ですので、多くのユーザーを誘致した暁には安定した収入が期待できると思います。

 

DORA麻雀アフィリエイトのやり方

1、ブログを立ち上げる

まずは媒体となるブログを立ち上げます。FC2等の無料ブログでもできますが、私のおすすめはワードプレスです。但しワードプレスを設置させるにはレンタルサーバーを契約したりドメインを取ったり多少金が掛かりますので、初めてであれば無料ブログでもいいと思います。要はやることに意義があるのです。

2、キーワードを決める

集客は基本的に検索エンジンから来る訪問者ですので、なるべくDORA麻雀に興味を持って貰えそうなワードをタイトルに入れます。オンライン賭け麻雀、麻雀で稼ぐ、副業麻雀、こんな感じのワードですが、何も思いつかなければDORA麻雀を直接入れてもいいです。「副業麻雀で稼いでみる」こんな感じですね。

3、記事をいくつか書いてみる

ブログの方向性としては基本的にはDORA麻雀のレビューと日記になります。DORA麻雀アフィリエイトを始めてみようなんて思う人は、既にDORA麻雀をやている人だと思いますが、やってみた感想や反省したことを記事に書いてみます。DORA麻雀には牌譜再生機能がありますのでそれを使うといいと思います。

4、DORA麻雀と提携する

DORA麻雀と提携し、広告を取得します。そして広告をブログに貼り付けます。どこに貼るかというのは自由ですが、私は上部と記事の下に貼っています。記事を読んで貰ってDORA麻雀の公式ホームページにとんで貰うといった感じです。

5、ひたすらブログを更新する

ブログをひたすら更新し、訪問者を集客し続けます。広告へ100クリックも集めれば大体一人くらいは登録してくれます。しかし登録しただけではまだ成果になりません。登録して、入金し、DORA麻雀でプレイしてくれて漸く成果が発生するのです。ハードルはそれなりに高いと思います。

6、報酬を得る

合計$100以上貯まると、翌月に請求し、振り込んで貰えます。

 

コツ

コツは兎に角続けることです。稼ごうと考えると、労力に比して成果が上がらず嫌になりますので、「麻雀を振り返って強くなりたいからブログを書くんだ。その上で成果が発生してくれたら尚いい。」これぐらいの気持ちです。よって更新頻度もまちまちでいいと思います。書きたい時に書くぐらいですね。そして楽しんでやるのが続けるコツです。

記事にはできれば集客できそうな、DORA麻雀に魅力を持って貰えそうなキーワードでタイトルを付けるとベストです。最初は簡単に狙ったキーワードで検索結果を上位表示させることはできませんから、個別記事へのアクセスを狙うことになります。ブログには必ずアクセス解析を設置し、どんなワードでアクセスがあるのか見てみます。私の場合はウェブマスターツールに登録し、そこから見ています。色々見えてきますので、新たな指針が立つと思います。

アクセスの多いページは、更に訪問者に応えるべく、よりいい記事に加筆・修正してやって下さい。また時が経つと情報も古くなってきますので、新しいものに張り替えてやって下さい。

 

SEO対策

狙ったキーワードで検索結果を上位表示させるには、ブログの更新だけでは中々上がりません。そこで似たようなジャンルのブログに相互リンクを申し込み、定期的にリンクを増やしていって下さい。こんなことを書いている自分ですらどれぐらいリンクの効果があるのかは分かりませんが、自分のブログにリンクを獲得するようにしていって下さい。またウェブマスターツールに登録することもおすすめします。そして先にも書きましたが、記事タイトルにも何かしら検索されそうなワードを入れて下さい。

 

やってみてどうなのか

あまり言いたくはないのですが、正直あまり成果は出ていません。1年やって丁度10人獲得したぐらいです。報酬は3ヵ月で$100くらいです。特に今年の6月岸田総理が衆議院予算委員会で「オンラインカジノは違法なものである。」と明言してしまってからは、新規のユーザーが中々獲得できなくなってしまいました。私の場合はDORA麻雀で普通にプレイする方が全然稼げますが、楽しんでやっていますのでそれほど不満はありません。

 

Q1、リスクはあるのか

ないです。あるとしたら時間をつぎ込んだ割には稼げなかったという時間のリスクです。法的なリスクも特にありません。岸田総理は「オンラインカジノは違法なものである。」と明言しましたが、だからと言って法律の根拠はどこにもありません。

 

Q2、Divineの勧誘

DivineというDORA麻雀を使ったアフィリエイトがあるようですが、始めるにあたって23万円くらい掛かるようです。これは明らかな詐欺で、DORA麻雀アフィリエイトはタダ(無料)でできます。成果報酬ですので、やるのは誰でも無料ででき、成果が出るまでやったら報酬が支払われるという形態です。普通のアフィリエイトと一緒です。

 

DORA麻雀アフィリエイトを始めてみる