字牌切りリーチは早い四五六のウラスジが危ない

こんにちは、DIOBRANDOです。

今年もいよいよ師走になってしまいました。私はいつもと変わらない一年でしたが、風邪を3回もひいてしまいそこだけは注意しないといけないと思いました。

天鳳の段位は今年七八七六七六と推移しました。初めて八段に到達できたのは素晴らしいことだと思いますが、さらなる高みを目指してどこを直すべきなのか、また対局していく中でどういう発見があったのかをまとめてみました。

12月2日

ラス親への愚形リーチ(反省)

この局面を間二索で曲げてしまいました。

 

親はターツ落としよりやはりブロックが足りており、これなら降りてくれそうもありません。

 

そしてやはりゼンツされ私が掴んでしまい、そのままラスに転落してしまいました。

聴牌するとドラ1の間二索くらいではリーチを打ちたくなってしまいますが、このようにラス親と対峙しそうな時は、特に南3以後はダマにして降りる余地を残した方が良さそうです。

 

ラス親への放銃(反省)

一萬待ちが良く見えたのでこの八索を切ってしまいましたが、これはさすがに拙かったです。

 

親は明らかな染め手で索子が余っており、八索は相当に危険な牌です。ここは掴まされたと思い降りるよりありませんでした。またラス親に対して放銃しそのままラスりました。

最初の例でもそうですが、私は聴牌するとどうも押しすぎてしまう傾向があるのでこれは直さないといけないと思いました。

 

12月3日

叩き合い(反省)

親のこの仕掛けに対して早くも聴牌を感じ取り、ここでは打九筒としました。

 

合わせ打ってノーリスクで聴牌しました。ここで八萬を勝負しトリダマにしました。

 

その後筒子に伸び、赤五萬を切ってのフリテンリーチを打ちましたが、これはミスでした。サンメンチャンなら勝負になると思ったのですが、役3確定の親に対してはいささか強引だったと思います。

 

結果は親に対して放銃となってしまいました。難しいですが、裏目になってしまった以上、高打点の親に対しては降りなければいけませんでした。手順は悪くないのですが、降りる余地の無いリーチが拙かったと思います。尚フリテンでなければこれでいいと思います。

 

大振りリーチ(反省)

ラス牌の三筒を引きれドラ単でリーチを打ってしまいましたが、これは点数のある時の打ち方では無かったです。

 

親に追いつかれ一発で掴み、インパチの放銃となりました。これでトップの取れる麻雀が3着となってしまいました。尚点数の無いギャンブルしたい時はこれでも良かったと思います。

 

12月4日

チー出し牌(反省)

今下家が六索をカンチャンでチーして打五筒としたところです。チー出し牌がフォロー牌で無い場合それは関連牌になるケースが往々にあるのです。私はこの大事な情報を見落として染めてだと思っていました。

 

ドラの七筒ですが、六筒が4枚見え、七筒も1枚見え、八筒が3枚見えなので通るかと思ったのですが、甘かったです。チー後の五筒と八筒の手出しを考えるとその周辺の牌は手の内にあるはずなので、これは染めてではなく安易にドラの七筒は切るべきではありませんでした。

 

12月5日

二四カンチャンターツ外し(反省)

対面からリーチを受けています。私はここから九筒のトイツ落としを試みましたがこれはミスでした。

なぜ拙かったのかといいますと二四筒のターツ外しがあるからです。通常字牌切りリーチは早い四五六のウラスジが危ないといいます。早い四切りには通常七を軸としたターツが残っているのが基本です。それに二四のターツ外しになっているのでそれ以上のターツで構成されていることが予測され、相対的にリャンメンの可能性が高くなっているからです。それに加え私の手もそれほどいいものでもありません。ここは九萬、七筒、四索辺りで降りるより無かったと思います。この場合はペンチャンの可能性が低く良形率が高そうなので七筒、四索、九萬の順番がいいと思います。

 

他家の手配を開けてみますとこんな感じです。二四のターツを払うところですが、確かにブロックは余っており二四筒以上のターツで構成されています。そして七を軸にした七八筒ターツがあります。

 

これはリーチを打つところですが、五六萬七八筒の補助牌が無いため、安牌の字牌を持ていたとうことですね。

 

ダブルワンチャンス(研究)

ここから私はダブルワンチャンスの一萬を切って放銃してしまいました。リーチの捨て牌を見てみますと五索のトイツ落としがあります。これはターツが余っていたということを意味し、それ以上のターツで5ブロックに構えたことが予測され、跨ぎスジはかなり危険といえます。その他に七筒のウラスジもやはり危険です。

 

手牌はその通りで、捨て牌がそれを物語っていました。ダブルワンチャンスでも6ブロックに構えてからのマタギスジは相当危険と言えそうです。

 

12月8日

ラス前の高打点放銃(反省)

ここで聴牌し、危ないとは思いながらも四筒を切ってしまいましたがこれはミスでした。

 

これで当たってしまうとドラ跨ぎになってしまう可能性があるため高打点になってしまいます。案の定7700の放銃で400点差で3着落ちしてしまいました。この後親に満貫をつもられ、南3局のこの点差からラス落ちしてしまいました。

 

DORA麻雀

DORA麻雀が勝てない時どうすればいいか

こんにちは、DIOBRANDOです。

最近は麻雀の調子がすごく悪いのです。DORA麻雀はおろか、フリーも、天鳳も大分負け越しています。全ての土俵で負けているため、恐らく私の打ち方が拙くなってしまったのではないかと思います。ツキのせいにはしたくないのですが、打っているとツキも無いと感じます。

天鳳は先月2週間で六段に落ちました。フリーは先々月大きく負けたため先月は一回しか行きませんでしたが、その一回もやはり大きく負けました。トイメンの相手はその店でトップクラスの常連でしたが、ラス目からハイテイの3000、6000をツモられてラス落ち、別の局のオーラスの捲くり合いでメンピンドラドラ赤々裏々の24000を直撃されてトビ終了とこんな感じでした。消費税で場代が50円アップしたのも後押しし、何か行く気なくしますよね。DORA麻雀も収支を見て分かる通り負け越しました。私の場合あまり負けると何か笑ってしまうのですが、正直深刻です。

麻雀は長くやっていると誰でも不調な時があります。どんなゲームでも負け続けると嫌になってしまうものですが、麻雀の場合にはそれでも続けてしまう魅力があります。

こういう時は取り合えずレートを下げるのがいいです。DORA麻雀の場合、どのレートでも場代比重が変わりませんので、そのレートで負けるなら取り合えずレートを下げて負け額を減らして下さい。レートを1/4に下げますと負け額も1/4に下がるはずです。これで調子が戻ってきたらまたレートを戻せばいいのです。間違ってもレートを上げて一気に取り返そうなんて考えないで下さい。レートを4倍に上げると相手のレベルも上がるため、恐らく4倍以上の負け額になるはずです。

以下に麻雀の調子が悪い原因をを書いておきます。

 

一、単純に運が悪い

東初の親ですが、ここは間五筒で先制リーチを打つのは決して悪くないと思います。しかしその後立て続けに五筒が下家に流れてしまうのです。

 

そしてカンされてしまいます。リーチ中に暗槓されて待ちが枯れてしまったっていうことはありませんか?絶望的になりますよね。

 

更にそこから追っかけリーチが入って、私の一発掴みでした。

これは一例ですが、リーチ判断がこれといっておかしくなければそれを咎めるわけにはいかず、後は運に身を任すよりありません。結果が悪く出ることも暫しですが、それが連続して起こることもあります。麻雀を長くやればやるほど、この不運な期間も長くなってしまうのは覚悟しなければなりません。確率上サンメンチャンでも、ペンチャンやカンチャンに4回に1回は負けますし、16回に1回はそれが連続して起こります。

不運が続くとそれが元で本当のミスをする確率も高くなります。ツキが無いと感じたら少しそのゲームから離れて気分転換を図ってみるといいです。イライラ感を綺麗さっぱりぬぐってからまた挑戦してみて下さい。大体一晩寝ればこのイライラ感は取れます。

 

ニ、集中できていなくラフに打ってしまう

これも東初です。今西家にテンパイが入ったところですが、当然打一索とし三六索に取りました。

 

南家の私が無造作に六索を切って放銃です。これは確かに仕方がないかもしれませんし、DORA麻雀は手出しかツモ切りか分かりにくいので余計に無理だとは思います。あまりいい例ではありませんでしたが、私が言いたいのは、あまり考えずに無警戒に切って放銃してしまったことです。自分の手にいらない牌だからそのまま切ったら刺さってしまったってことはザラにあると思いますが、調子が悪い時ほどこういう放銃は多いです。しょうがないところはありますし、一打一打牛歩しろということではありませんが、調子が悪い時は普段よりも少し慎重気味に打つといいです。

手牌に見合わないラフな放中を避けることを心掛けてみて下さい。おかしいいなと思う放銃シーンがありましたら牌譜で見返してみて下さい。

 

私は今月は$4/8にレートを下げているのですが、それでも調子は戻りません。つらたん´^`°

 

追記

2019.11.13DORA麻雀のオーナーの方をはじめ、日本人スタッフの方々と会ってきました。とても興味深い話が聞けました。今年はスマホ版がリリースされたためそちらの方に力を入れているそうです。私の方は牌譜再生機能や観戦機能など天鳳で重宝されているところを取り入れてみてはと言ってきました。このような機会を得ただけでも、このブログを立ち上げて良かったと思います。

記念にDORA麻雀帽子をいただきました 🙂

 

DORA麻雀

DORA麻雀のオーナーに会える速攻役満キャンペーン

こんにちは、DIOBRANDOです。

台風19号がくる前の週、北海道へ行ってきました。私は年に一回しか旅行をしないのですが、去年はソウル、一昨年は福岡、その前は高知ときて今年は北海道に決めていました。高校の修学旅行で一回しか行ったことがなく、その時は集団行動でしたのであまり記憶が無いのです。よって実質はじめてになります。

札幌~旭川~網走とレンタカーで移動したのですが、北海道は道路が広く、信号機が縦になっており、路肩が分かるように目印があったり、やはり冬になると雪が相当積もるんだなと思いました。

旭山動物園、網走監獄と見てきましたが、やはり網走で食べたタラバガニが、繊維が太く食べ応えがあり一番満足でした。

 

能取岬からみたオホーツク海です。冬はアムール川から流氷が流れてくるそうです。

 

2019.10.22のプレイ日記

$8/16東風卓、東三局オーラスでこの点差です。

今役無しドラ3をテンパイしたところですが、これどうしますか。

トリダマ、リーチ、ペンチャン払いどれもありそうです。

 

私はトリダマを選んだのですが、七索が出てしまい、赤五筒もツモってしまいやや裏目ってしまいました。そして今二索が出て当然これはポンします。

 

最後は何とラス目の倍ツモを喰ってしまったのですが、被った親に対して1000点足りず、結局2着のままでした。麻雀ってどちらにも取れるところで裏目ってしまうパターンって実に多くないですか。

 

もう一局見てみます。東二局です。

東家  南家  西家
43700点                34000点          27300点

三者の手を開いたまま見ます。私は配牌が良く一直線にメンホンに向かいました。そして今二索をツモッたところですが、何を切ってテンパイに取りますか。

 

私は端の方が出やすいかなと思い九索を残してしまったのですが、これはミスです。七索をツモればリャンウーパーに取れるので八索を残した方が良かったと思います。実戦は二索をツモり合流してリャンウーになりました。

 

一番最初にペンチャンに取っていればここで上がれていました。しかし良形変化をみたいところなので、これは仕方のない裏目だと思います。ここで打二索としイースーチーに取ります。しかしこれが悲劇の元でした。

 

二索をツモってしまい、そのまま切ったら今テンした西家に放銃してしまいました。リャンサンウーですか。お見事でした。私はこの放銃が致命的になってしまいそのままラス落ちしてしまいました。

 

麻雀は常に裏目があってもどかしいです。しかし私に限らず多くの人がこのもどかしさに苛まれているのだろうなと思いました。それも麻雀の醍醐味ですからね。その日は231112312の着順で$21.68ほど浮きました。このレートになると中々勝つのが難しくなってきますが、DORA麻雀のオーナーに会える速攻役満キャンペーンもやっていますので、今晩も懲りずにやろうと思っています。同卓したら宜しくお願いします。

DORA麻雀

私の使っている麻雀牌とマット

こんにちは、DIOBRANDOです。

私の部屋は外観だけは片付いており(中身はともかく)、本棚や机等は除いて基本的に物は下へ置かない主義なのですが、一つだけ例外があります。それは麻雀牌とマットです。私は研究用にいつも傍らに麻雀牌とマットを置いていつでも牌姿を作れるようにしています。

とは言ってもそれほど頻繁に取り出すものでもないので、仕舞ってもいいのですが、ゲンを担ぐというかお守りみたいな意味もあるのですね。なんかあると安心するのです。

こんな感じで置かれています。商品は楽天で買ったのですが以下のものです。

 

こんな感じで、ごく普通の麻雀牌です。手に馴染みやすく、とても軽くて扱いやすいですね。

私は主にフリー雀荘で迷った牌姿を、家に帰って再現してみる感じの使い方が多いです。

昔の麻雀牌はもう少し重かった気がするのですが、今ものは軽くなって、表面にくぼみがあり(R牌)大分扱いやすくなっているみたいですね。

麻雀牌を選ぶコツは、多少高価でも軽くて扱いやすいこれに尽きますね。長時間ゲームをするなら少しでも手の負担を軽くしたいからです。

とは言っても通販ですと実際に触るわけではないですから、写真を見て直観でこれだと思ったら、その商品の口コミを見て決めるといいと思います。

楽天ショップを見てみますと麻雀牌はピンキリで、大体3000円台~20000円台のものが多いです。

 

いろいろな麻雀牌

R牌:表面にくぼみのある牌で、山が崩れにくく、接地面が小さいため洗牌しやすく、手にも馴染みやすい牌です。

竹牌:背面が竹でできた牌で昭和の後期まではこれが主流でした。しかし欠けやすく、木目の異なりからガン牌化する懸念があり、また職人もいなくなったことから現在は作られていません。

中国麻雀牌:中国製の麻雀牌で、古美術品的なものです。実際にも使えますが装飾品やコレクター商品として扱われることが多いです。日本の麻雀牌とは多少異なり白などが無かったりします。

骨牌:中国において表面が獣骨や象牙で作られた牌です。勿論現在は作られておらず古美術品的なものです。年数も経ってしまっていますので、シミや汚れもあり実用的なものではありません。

象牙牌:象牙でできた牌ですが、現在はワシントン条約により製造中止です。当然日本への輸入も禁止で、現在で回っている象牙牌は1975年(ワシントン条約)前に輸入された牌か、それ以後密輸された牌になります。

大手通販サイト

楽天:ジャンルは、おもちゃ・ゲーム/ゲーム/麻雀/麻雀牌にあります。先にも述べましたように価格は大体3000円台~20000円台の標準的なものが多いです。レアなものではアンティーク風中国麻雀牌(37800円)というのがありました。

アマゾン:ジャンルは、おもちゃ/ゲーム/麻雀にありますが、麻雀牌と検索するのがいいです。大体楽天と大差ありません。

ヤフーショッピング:ジャンルはゲーム・おもちゃ/麻雀にあります。麻雀牌と検索してみると自動卓も一緒に出てきて少し見づらい感じです。価格帯は大体一緒ですが、ぱっと見楽天やアマゾンほどの品数はない感じです。

ヤフオク!:ジャンルはおもちゃ、ゲーム/ゲーム/麻雀にあります。麻雀牌と入力すると1005件ヒットしました。ここには新品から中古まで様々なものが出品されており、ショップで買うよりかは安いです。中国美術品骨製背竹牌、保証書付きの象牙牌といった普通のショップでは手に入らないものもここならあります。

 

象牙麻雀牌のヤフオク相場

牌の状態によってピンキリですが、大体5万円前後で取引されているみたいです。いいものになりますと20万円を超える代物や50万円近い代物まであるみたいです。

「場で安い色で待て」はサンマでは当てはまらない

こんにちは、DIOBRANDOです。

DORA麻雀で先月からレートを上げて$8/16筒子山に挑戦していますが、レベルも明らかに上がり勝率がガクッと落ちました。それでも月単位で見て一応黒字の収支は出せているのですが、$2/4萬子山の時と比べて稼げる金額はそれほど変わらない感じです。レートを上げてみたけど相手のレベルも上がるから相対的に勝率が落ち、稼げる金額が変わらないというのは面白い事実ですよね。大体結構打って1ヶ月$100稼げればいいという感じがします。以下6月1日~8月18日までの収支をグラフにしました。

6月までは$2/4で打っていましたので1日のバラツキはそれほど大きくありませんが、7月から$8/16に上げたためバラツキが急に大きくなった感じです。しかしトータル収支は一応右肩上がりなのが分かります。

 

2019.8.17の一戦より

 東家   南家   西家

東一局、これが配牌です。筒子に偏っており、ややバラバラですが2メンツできていますので普通ですかね。こういうところは大体九萬から切っています。理由は孤立牌の上東家が1枚切って、他の風牌に比べて重なる可能性が低いのと、ホンイツへ伸びた時のために字牌を残しておきたいからです。

 

筒子がどっど入ってきました。中が被ったのも大きいです。しかしこの時点でもホンイツを決め打ちしているというわけではなく、赤五索のくっ付きも見ていました。この中が喰えれば今度こそホンイツです。

 

そしてこれが最終形です。手なりでホンイツへ向かえ味のいい一局でした。

 

東二局、これが配牌ですが、これもあまり良くありません。取り敢えず北を抜いて打一萬でしょうか。サンマはチーができないため、チャンタに寄せようとは思いません。

 

ポイントはこの局面です。親の手を考えますと索子は贅沢に切って、最終手出しがドラの一筒です。何かテンパイのような感じがしませんか。しかもその一筒にラグが出ており、下家はトイツで持っていることが分かるから、下家はドラ4の手です。一方私の手はリャンシャンテンなので、もうこの時点で筒子を派手に切っていくことは止めようと思いました。

 

手を開けてみますとこんな感じです。両者共この巡でテンパイが入ったみたいです。親が二五八筒、下家が四七筒で、二人共ダマテンなのがタチ悪いところです。サンマはドラが多いため割りと高打点になりやすく、相対的にダマテンになりやすいという傾向があります。東風戦なのもそれを助長しています。

通常麻雀では、「場で安い色で待て」と言われていますが、サンマではそれは当てはまりません。なぜならそう感じた時は既にテンパイが入っており、高いところを落としてダマに刺さるケースが多くなるからです。

 

結果は親がツモ切りリーチに対して、下家がゼンツして刺さってしまいました。

 

この東風戦の結果は以下の通りで、私が勝てました。

NomoreNo 26900  shishishi 37200  DIOBRANDO 40900

ドラのサンマは勝てるとお金が増えて面白いですので、是非必要な技術を取得して純黒が出せるように頑張って下さい。同卓したら宜しくお願いします。

 

DORA麻雀