技術の介入した4つの打牌ミス

こんにちは、DIOBRANDOです。

先週末Mリーグを見ていましたが、松本プロの放銃には驚きました。

ここから8sを一発で放銃するところですが、いくらワンチャンスで断ラスがいるからって、こんなの親リーに一発で切るものかなっと思いました。確かに5sとセットですが、親リーは残り10スジで、自分は一通は見えるもののほぼ何でもないイーシャンテンです。一応押し返しの余地はあるので、北で回るのが普通に見えるのですが・・・・

私も一応天鳳八段です。こういう急所の選択で、大きく感覚がズレるとあまりいい気持ちはしませんね。

さて今回は天鳳を見ていきます。今月天鳳は16-9-12-8という好調な成績です。そして検討してみたら、この8ラス中4ラスは自分にミスによるものでした。その4ラスを決定付けた致命的な打牌ミスを見返していきます。

 

放銃率25%

今私がドラの6sで放銃するところです。親は二つともリーチ後の副露です。6sはドラではありますが、親には通ると思い、トイメンにも片スジかつ4sのマタギで、またこちらは現張りですので見合うと判断してしまいました。

しかしこれをよく考えてみますと、トイメンは安牌切りリーチで良形の可能性が高いです。イーシャンテンでリャンメン+リャンメン+安牌の形だったということです。そして残りスジは36s、36m、14p、36pの4スジです。つまりリャンメンだと想定すると25%の可能性で放銃してしまうことになります。

 

14代目天鳳位お知らせが書いた本によると、システム14で放銃率20%は手を止めろとあります。

特にこの場合はドラでもありますので押せないパターンに該当しそうです。尚トイメンの4sは、44r5sという形から切っておりr5sを使い切ろうとう考えですね。

 

一発消し

今同巡に2件リーチが掛かったところです。これに対してどう対処しますか。

 

私は取り敢えず二人の一発を消しておいて先行者のゲンブツの7sを切り放銃しましたが、ここはまだワンチャンスの1pの方が良かったと思います。安牌が開拓されなければまた次の巡に困ることになりますが、その時はその時で、ここはひとまず一巡凌ぐことが大切だと思います。

 

牌を絞る局面

オーラスで、ラス目のドラポンが入っている局面です。ここはどうしますか。

 

私は自分でも上がれそうなのと、一人ノーテンでラス落ちとなってしまうため、3sを切って手なりで進めましたが、その3sを喰われて電光石火の如く上がられてしまいました。

点数に余裕のある親も、手が早そうで、ゼンツしてきそうです。そうなるとここは自分の上がりを放棄しても、下家に対して鳴かれそうな牌を絞った方が良かったと思います。私の手は三色は見えるものの、雀頭が無く、意外と遠い手です。

 

 

凡ミス放銃

今私が7sを切って放銃してしまうところです。ここは当然8mを切る一打で凡ミスです。実戦では8mを切ってもカンチャンで聴牌に取れるということに気づかなかったのです。牌譜を見返した時にこれには呆れました。持ち時間が短く切羽詰まると、見え方が狭くなってしまいます。

 

DORA麻雀

コメントは停止中です。