4枚見えの牌を生かしたディフェンス

こんにちは、DIOBRANDOです。

今週のDORA麻雀はある程度打ってみたものの残念ながら結果は出ず、特に新たな発見はありませんでした。これと言って特に拙い所は無かったと思います。一方天鳳のヨンマに関しては少しばかり反省点と気づいた点があるので書いてみようと思います。

 

ギリギリの仕掛け

ターツは足りていませんが、メンゼンでは厳しそうなのでこの8mはポンします。

 

2sもポンしたところでリーチが掛かり、このようになりました。困っている状況ですが、通っていないスジが多いためここからギリギリの押し引きをするのです。この7sはツモ切りしました。

 

7mは刺さるかもしれないと思ったのですが、通ってくれて二人聴牌で流局しました。これは上手く打てた例です。何がいいたいのかといいますと、ギリギリの押し引きをして少しでも多くのテンパイや上がりを拾わなければ、鳳凰卓では厳しいということです。多少のリスクは冒す覚悟で前進して行く方がいいというのが今の結論です。8mのポンはその現れでした。

 

残り3スジ

上家は2枚目の9mで聴牌しました。私は危ないのを承知でこの7mを押しましたが、やはりと言った感じで刺さってしまいました。

上家の通っているスジをカウントしてみます。萬子14、58、69、索子14、25、36、69、筒子14、36、47、69。更に萬子25、筒子25は通りそうです。すると残りは18-13=5スジということになります。更に捨て牌と副露の形から筒子は無さそうな感じですので、実質的には47m、47s、58sの3スジしかありません。

こう考えるとさすがに7mは押しすぎだったのが分かります。本来ならドラの6pを掴んだ辺りで降りるのが妥当だったと思います。

 

ダブルメンツ落とし

下家は45mを手出しの後ツモ切りです。今9mが入り危ないかなと思いながらも6mを切って刺さってしまいました。これは典型的なダブルメンツ落としですので36mだけは切れないスジでした。

 

手が詰まった時は複数枚ある牌を切る

今完全手詰まりで7pを切って放銃してしまうところです。このようにワンチャンスもスジ(ドラは例外)もない場合、複数枚ある牌を切った方が長期的に押す牌がすくなくていいというメリットがあります。よってこの場合は3枚ある6sを切るべきでした。ワンチャンスもスジもなく、何も切る牌が無い時は一番多い片無スジの牌、一番多い良無スジの牌の順でを切っていくといいと思います。

 

4枚見えの牌を生かしたディフェンス

今トイメンのリーチに対して9pを打ってしまったところです。9pはワンチャンス+序盤に切れている7pの外側ですが、もっと安全な牌がありました。それは7sで、6sが4枚見えで序盤に6sが切れていることから7sが愚形で当たることは考えにくくほぼ100%通る牌でした。

 

これは別の一局ですが、この8mは通りましたが、本当は4pを切るところでした。5pが4枚見え+1pが通っており、ダブルワンチャンスの8mより安全度が高いからです。

4枚見えの牌をチェックしてディフェンスに生かしきれてないのが反省点でした。

 

オーラスの放銃

今上家に3900を放銃してラス落ちしてしまったところです。上家は2副露なのでもう少し慎重に行くべきでした。2000点までなら打ってしまってもいいかなと思っていましたが、このようにドラがヘッドになっている場合もあるので、3900のマージンはないと拙いと思いました。尚中のポンは一巡目なので仕方が無かったと思います。

 

アサピンの牌譜から研究する

最近2回天鳳位になったアサピンの麻雀をよくみています。アサピンの麻雀は何といってもスピード感にあります。

今赤5sが出てきたところですが、アサピンはこれをチーしていました。分からなくも無いのですが、ブロックが足りておらず遠くて安い仕掛けになってしまいますので、私ならやらないと思います。

 

しかし2sを重ねた後、難なく上がってしまうのです。ラス目の親からリーチが入る前に上がってしまうところがミソで、このスピード感にしびれました。私なら鳴かずに親から先制リーチが入って苦境に立たされていたと思います。アサピンの打ち方には、このようにスピード感が随所に見て取れるのです。ここら辺は取り入れていきたいところですね。

 

DORA麻雀

コメントは停止中です。