ビットコインカジノアプリ

 

ビットカジノとは

ビットカジノとは2014年から運営を開始され、2017年頃日本へ入ってきた、世界初のビットコインを通貨とした仮想通貨カジノです。それまでのオンラインカジノと違うところは、仮想通貨を使っているため、個人情報一切無しでビットコインの入出金ができるところでした。

当時はビットコインはそれほど高くなく1ビットコインが70万円くらいで、エコペイズの口座は持たないけどビットコインを持っていて、カジノを楽しみたい人はココをよく利用していました。またグレーなオンラインカジノに個人情報を提供しなくても利用できることから秘匿性が高く、その点を気にする人もココを利用していました。

私はビットフライヤーからここへ入金し、よく遊んでいましたが、最近はビットコインが500万円台になり、価格の変動があまりにも大きいため、通貨の価値が変わりやすく、ベラジョンカジノを利用するようになりました。しかしユーザーの秘匿性が高く、仮想通貨を直接利用できるというのは大きなメリットです。

ライセンスはキュラソーで、姉妹サイトのスポーツベットアイオーと共に運営しています。住所はSchout Bij Nacht Doormanweg 40 キュラソーで、運営会社はムーンテクノロジーズBVです。

 

登録

登録は最短の15秒ででき、ユーザー名、メールアドレス、生年月日、電話番号、パスワードのみです。

 

ボーナス

ここは特に登録バーナスや初回入金ボーナスといった類のものはありません。仮想通貨を直接入金して遊び、直接出金するだけです。その代わりコンプやキャンペーンは充実しています。そしてどのゲームをプレイしたかを見て、それに合わせたボーナスを個別に提供してくれます。

 

入出金手段

入出金手段は仮想通貨の直接入出金、銀行送金、クレカでの仮想通貨購入となります。またここはマルチマネー通貨を利用でき、ビットコインの他にイーサリアム、ライトコイン、トロン、リップル、テザー、カルダノ、ドージ、そして日本円も利用できます。

ビットコインの単位はμとmがあります。μというのは10-6で、1μ฿は10-6฿に当たります。目安としては1฿が100万円ですと、1μ฿は1円となります。mというのは10-3で、1μ฿は10-3฿に当たります。目安としては1฿が100万円ですと、1m฿は1000円となります。2022.4.13現在大体1฿が500万円くらいですので、それらを5倍すればいいことになります。(1μ฿は5円、1m฿は5000円)

 

2022.4.13現在の1ビットコインの価格

 

ロイヤリティークラブ

ビットカジノにはロイヤリティポイントというものがあり、€1相当賭ける毎に5ポイントのコンプポイントを得ます。ポイントが一定に達するとレベルが上がり、景品が貰えることになります。

レベル 必要なポイント マルチプライヤー 景品
ビギナー 0~4 ×1
ファン 5~3749 ×1 1個のマイルストーン
エキスパート 3750~29999 ×1 6個のマイルストーン
マスター 30000~249999 ×1.25 12個のマイルストーン
グル 250000~749999 ×1.5 11個のマイルストーン
レジェンド 750000~3749999 ×2 12個のマイルストーン
ヒーロー 3750000~ ×3 無制限のマイルストーン

レベルは7段階に分かれています。マルチプライヤーはロイヤリティポイントを掛け合わせます。マイルストーン景品とは、フリースピン、トーナメントへの出場権、抽選会への招待状等で、プレイヤーの好みに合わせて進呈されます。キャッシュバックも可能です。ポイントは月末に破棄されてしまいます。

 

キャンペーン

賭けるだけでフリースピンが貰えるゲームキャンペーン、入金しただけでフリースピンが貰える入金ボーナス、Evolution Gamingのライブで課題を達成するとビットコインが貰えるキャッシュリワード、特定のゲームでプレイし5m฿賭ける毎に合計10000テザー当たる抽選券が当たるデイリー賞金といったキャンペーンがあります。他にも賭けた額に応じて賞金が分配されるスロットのトーナメントもあります。どのゲームにも満遍なくキャンペーンがあり、広いユーザーを取り込んでいこうという姿勢が見受けられます。2022.4.12現在

 

VIP

ビットカジノをたくさん利用し、ある一定以上のレベルに達しますと、ビットカジノからVIPメンバーになるための招待状が届きます。VIPメンバーになりますと担当者がついて、ビットカジノでのライフを色々サポートしてくれます。またアドリア海のクルージング等、豪華VIP旅行に招待してくれます。その他にもキャッシュバックやリーダーボード、新台のフリースピン等、毎月2億円以上の賞金を使った特別なキャンペーンを用意してくれます。

 

ゲームプロバイダー

ゲームを提供する会社として、Evolution Gaming、Pragmatic Play、One Touch、Play’n Goをはじめとした多くのプロバイダーが入っています。2022.4.13現在、ゲーム会社は67社入っており、ゲームは4551種類(そのうちスロットは3918種類)ありました。スロットは€、テーブルゲームとライブゲームはµ฿を単位とした通貨でした。ビットコインしかない場合、スロットをやっても換算されできます。

 

Play’n Goのムーンプリンセスです。€は$よりも少し高いため、1スピン当たりの単価が他のカジノよりも少し高いです。

 

One Touchのバカラです。テーブルゲームはゲーム機が相手ですので、他のユーザーがいなく、ゲームの進行がとても速いです。最低ベット額は50μ฿のため、2022.4.13現在では250円相当で、他のカジノより若干高いです。

 

Evolution Gamingのポーカーです。一見ディーラーを相手にしてるようですが、ディーラーには選択の余地は無く、ただ決められたルールに従ってカードを配るだけです。やればやるほどユーザーが控除率分負けていくようにできています。ライブゲームもテーブルゲームと同様、最低ベット額は50μ฿のため、2022.4.13現在では250円相当で、他のカジノより若干高いです。

 

ビットコインカジノアプリ

ビットカジノはブラウザー上で遊ぶタイプのゲームでダウンロードの必要は無く、ブラウザーからアカウントとパスワードでログインして入ることになります。専用のアプリといったものはありませんので、ビットカジノのトップページをお気に入りに追加するといいです。最近はPCよりスマホからのユーザーの方が多く、スマホに合わせたサイトの作りになっていて使いやすいです。

 

ビットコインカジノの評判と感想

このカジノは先にも述べましたように仮想通貨で直接入出金できるのがメリットです。ゲームの種類が豊富で、コンプもしっかりしており、セキュリティもいいです。唯一のデメリットはビットコインの価値が変動しやすいということです。今現在ビットコインの価格は私がよくやっていた時の7倍以上の価格まで跳ね上がりました。2018年頃1ビットコインが70万円くらいですが、今は500万円以上です。こんなに価値が変わってしまうと感覚が分からなくなってしまうのですね。

 

対人ゲームとカジノゲームの違い

DORA麻雀やポーカースターズのような対人ゲームはユーザー間で対戦して、運営側はゲーム代をいただく仕組みになっています。よって腕がゲーム代を上回れば、利益が出るようになっています。

一方カジノゲームは全てのゲームにおいて、ユーザーが少し不利にできており、その分が控除率になっているのです。例えばルーレットの赤/黒で赤に賭けた場合、勝率は18/37で1/2以下です。これは0があるからです。しかし配当は1で、2倍のリターンしかありません。(18/37)×2=36/37≒0.973で、還元率は97.3%ですが、2.7%は控除率になるということです。カジノゲームの還元率は大体以下のような感じになっています。

ゲーム 還元率
ブラックジャック 99.29%
バカラ 98.94%
ルーレット 97.3%
スロット 96~97%
クラップス(パスラインベット、カムベット) 98.59%

カジノゲームは運ゲーですので、大数の法則が働けば長期的には皆負けてしまうのです。

ではなぜやるのかといいますと、単純に楽しいからです。そして時に勝つ時もあります。完全にギャンブル脳ですが、困ったことに勝つ時の快感が控除率を上回ってしまうのです。しかしカジノゲームは単純ですのでやっていて飽きます。DORA麻雀をやっている方が全然楽しいです。私はカジノゲームは息抜きや気分転換に利用しています。例えばDORA麻雀で大負けしてうんざりした日などですね。

 

ビットコインカジノ