すじのいいリャン間の受け

麻雀上級者ほどリャンカンの受けの形を大切にする。

リャンメンという形は2枚でできるがリャンカンは3枚必要なため多少効率は悪くなると思うかもしれないが真ん中あたりの中張牌であればリャンカンの両端がくっ付くかもしれないため実はそれほどでもないのだ。

例えば4,6,8と持ってたとすると受け入れは5,7だけでなく3もあるということである。

では実戦でリャンカンを残す局面を見ていきたい。

(さらに…)