DORA麻雀の確率変動牌の偏りを意識する。

これはあくまでも個人的な見解だがDORA麻雀には確率変動というのが存在しているような気がする。

多くのハンドを経験すれば分かると思うが勝っているときは調子の波にのりどんどん上がれてしまうのだ。

逆に振り込んでしまったら挽回の余地がなくどんどん点差が離れてしまう傾向にあるような気がする。

たとえ振り込まなくてもツモられてジリ貧である。

こうなったらおしまいである。

続きを読む

どうしようもない局面

麻雀は確率を積み重ねるゲームであるため負けることもありえる。

どうやっても逆転の余地のない局面というのを麻雀経験者なら誰しも経験することだと思う。

しかしこの場合もやけにはなってはいけないのである。

負けるにしても負け方も重要になってくるのである。

今回はどうしても逆転の余地のない局面を考えて貰いたい。

続きを読む

すじのいいリャン間の受け

麻雀上級者ほどリャンカンの受けの形を大切にする。

リャンメンという形は2枚でできるがリャンカンは3枚必要なため多少効率は悪くなると思うかもしれないが真ん中あたりの中張牌であればリャンカンの両端がくっ付くかもしれないため実はそれほどでもないのだ。

例えば4,6,8と持ってたとすると受け入れは5,7だけでなく3もあるということである。

では実戦でリャンカンを残す局面を見ていきたい。

続きを読む

麻雀上級者の実戦的なリーチ

今日のテーマはリーチである。

当然のことながらリーチを掛けると出にくくなるが1翻増しになり一発と裏ドラの権利が付く。

また相手の手を制限させることもできる。

今日は上級者の実践的なリーチを見ていただこう。

続きを読む

オーラスは点差を見て判断する。

テンパイしてもリーチを掛けていくのかヤミテンで突っ張るのかの問題は常に付きまとうところである。

しかし状況から考えられる正解もありえる。

今回はそんな正解が割り出せそうな局面を考えてみたい。

続きを読む