真・雀鬼賭け麻雀受けたシーン!

こんにちはDORA麻雀のDIOBRANDOです。

最近麻雀がやや不調気味です。

不調というより小ミスが勝敗に直結してしまうのです。

それは少しおいて置いて、まずは賭け麻雀で有名な真・雀鬼の受けたシーンを紹介します。

溜めロンです。

このシーンって結構ウケませんか?

実際にやられたらかなりムカつくと思います。

バイニンさんってこのように相手をハメていたのですね。

 

さてDORA麻雀プレイ日記です。

ここのところどうも調子が出ませんがそれもそのはずです。

東一局0本場、南家の私です。

既に小ミスを犯しているのですが、あなたならどう打ちますか?

 

「八索」と答えられた人は素晴らしいと思います。

一見タンヤオの四、八索待ちで九索ツモ切りといきたいところで、実戦ではそのように打ってしまいました。

しかしこの場合は四索が一枚、八索が二枚場に出てしまっているのです。

この場合はタンヤオにこだわらず、八索が正解かと思われます。

八索切りならツモっていました。

この後は以下の結末です。

ちなみに西家の方は席を外されているらしくオールツモ切りでした。

この局は途中まで相手がいないにも関わらずラスだったので、ものすごいカッカしました。

こんなミスを連発するから、普通なら確率的に考えて上がれそうな局面でも逆に上がられてしまうのです。

 

三人とも手を公開します。

原点より7000点程沈んでいるオーラスの親番です。

今、中を鳴きました。

五、七、八索待ちですがほとんどブロックされています。

数巡後には追いつかれてしまいます。

そして追い越されてしまいます。

こんな感じの展開が多く、2着になるのが精一杯でした。

しかし漸く最後になってツキが戻ってきました。

 

3000点程沈んでいるオーラスの西家ですがここで起死回生の手がきました。

そして

決まりました。

リーチ、一発、ツモ、面ホン、一通で倍満です^^

最後に優秀の美を飾ることができてよかったです。

それにしてもDORA麻雀ってよくリーチ、一発、ツモが出ます。

DORA麻雀には牌符再生機能もついていますので、調子が悪いと思ったら並べ替えしてみるといいと思います。

結構、おかしなうち方していることに気づくと思います。
 

これが今週の履歴です。

結局トータルでは$4.72勝ちでした。

DORA麻雀とは

ドラDORA麻雀(以下DORA麻雀とする)とはイギリスに本拠をおくEntserv Asia limited社が運営する麻雀サイトです。

 

DORA麻雀の特徴は何と言ってもリアルマネーを賭けて楽しめるところにあります。

位置付け的にはオンラインカジノで国際法に基づいたライセンスを取得しています。

日本でオンライン麻雀と言えば天鳳や雀龍門といった無料麻雀ゲームが普及していますが当然我が国の法治下にあるサイトなのでリアルマネーを賭けることはできません。

よってDORA麻雀は今までありそうで無かった唯一のリアルマネー麻雀サイトなのです。

現状DORA麻雀の認知度が低いかDORA麻雀を利用しようとしている人が警戒しているかは図りかねますがユーザー数がそれ程多くありません。

しかし着実に増えてきており高レートの卓も目立つようになってきています。

あなたがもしDORA麻雀を利用しようと考えているならDORA麻雀の仕組みをしっかりと理解し疑問を全て解決してからご利用下さい。

当サイトはそんなあなたの疑問にお答えします。

DORA麻雀初心者ナビトップ  DORA麻雀についての基礎知識