このエントリーをはてなブックマークに追加

パオ

こんにちは、DIOBRANDOです。

最近は天鳳の段位を上げたく、天鳳をやり込んでいましたが、七段の壁って結構きついですね。

六段ですと特上卓で、1位+75pt、2位+30pt、3位±0pt、4位-120pt(これがきつい)になりますが、現在ほぼイーブンの成績でptが減少中です。

2014.11.16

私はまだ降段というのは経験がありませんが、この分だと五段に戻ってしまうかもしれません。

七段になった人はよくなれたなと感心します。

 

さて今回はは少し面白い上がりがありましたのでここで紹介します。

pao1

2巡目で対家が白を切ったところです。

たまに目にする配牌ですが、三元牌が2枚づつ入っていました。

この配牌を見ると私は麻雀放浪記(3巻)に出てくる、三元役金縛りを思い出してしまうのです。

自分と相手に三元牌を2枚づつ入れて、相手には大三元を狙わせ、自分は七対子を狙うのです。

当然相手は上がれるわけはなく、己自と体勢を崩していくのは目に見えています。

中々上手いですよね。

さていくら確変があるとはいえ、積み込みのない麻雀でそのようになる確率極めて低く、当然1枚目が出てきました。

あなたならこれを喰いますか?

 

pao2

私はスルーしました。

この形で本気で大三元を上がろうと考えるなら、1枚目は見逃した方が良さそうです。

2枚目を喰うと当然3枚目は絞られますから、相当上がり難いのです。

しかし1枚目を見逃すと少し事情が変わり、その効果は後になって表れます。

 

pao3

ここで上家が捨てた発をポンしました。

 

pao4

今度は上家が捨てた2枚目の白をポンしました。

1枚目を見逃したことにより、この時点で他家から見たら私が中を持っているとは考えにくくありませんか。

これが1枚目を見逃した効果です。

 

pao5

相手の手もかなり揃っていたのですが、ほとんどノータイムで中が出ました。

当然ポンしてパオ(包)を確定させます。

パオとは大三元と大四喜で適用され、最後の三元牌或いは四喜牌を鳴かせた者が、上がられた場合は責任払いをするという特別なルールです。

ツモられた場合は全額、第三者からのロン上がりの場合は最後の三元牌を鳴かせた者との折半になります。

 

pao6

相手もかなりおしい手だったのですが、変化を捨て命懸けでリーチを掛けてきました。

 

pao7

後はゼンツ合戦で私が四萬をツモり、相手にパオを喰わせました。

この手なら中が出るのもしょうがないかなと思います。

 

pao8

こういう上がりは気持ちがいいものですね。

牌譜URLを載せておきます。

尚DORA麻雀にはパオは無く、3人での支払いとなります。

第三者から見たら甚だ迷惑ですね。