雀荘麻雀とネット麻雀の違い

こんにちは、DIOBRANDOです。

漸く、少し涼しくなってきました。

秋の予感を感じさせる今日この頃です。

今日は最初に雀荘麻雀とネット麻雀の違いについて書こうと思っています。

 

私は以前、かなりの麻雀中毒でした。

ついつい職場でも麻雀の話ばかりしてしまい、皆に引かれてしまった経験があります。

その後仕事が忙しくなり、ほぼ毎日終電で帰るようになると通いつけのフリー雀荘にも行けなくなってしまいました。

 

今も相変わらず仕事は忙しく、最近ではめっきり減って週一くらいの頻度です。

それでも麻雀中毒は完全には抜け切れず、利用するようになってきたのがネット麻雀です。

 

ネット麻雀は時間に関係なく自宅で打てるというのが最大のメリットです。

それに、リアル麻雀に比べてテンポがとても早いです。

 

ではどちらの方が麻雀を楽しめるのかと言われるとやはりリアル麻雀です。

牌を握った感触、牌のぶつかる音、回りの話し声、それに何と言ってもあの空間がいいのです。

長く麻雀をやっていると、打っている時の人の表情を見ていても面白いものです。

 

これら人間的要素がないのがネット麻雀には物足りないところです。

実際に時間があるときはやはり行き着けのピンの雀荘へ向かいます。

 

しかし、遅く帰宅した時や合間の時間を利用するのに便利なのがネット麻雀です。

以前はヤフー麻雀や天鳳を利用してましたが、マナーが悪い人が多い感じでした。

少し大物手に振り込んだりするとすぐに切断してしまうのです。

正直レベルも低いと思いました。

 

その後DORA麻雀が出てきてこの不満を少し解消してくれます。

現金を賭けているため、どんなに負けても途中で切断する人は見たがことがありません。

お金を賭けるとなるとレベルもかなり高くなってきます。

高レートに行けば行く程高くなっていきます。

 

ただDORA麻雀で不満なのがやはり使っているソフトウェアと麻雀環境の物足りなさです。

このソフトウェアはかなり牌に偏りを感じます。

それでも皆平等に起こるから文句はありませんが、何かできすぎている感じがするのです。

例えば、リーチ一発ツモの頻度が非常に高いです。

 

また麻雀環境に関しては、今後どこまでよりリアルに近い麻雀環境を提供できるかはネット麻雀全体の課題だと思います。

 

さて大分前置きが長くなってしまいましたがプレイ日記に移りたいと思います。

先週もいやな流れが続きました。

 

リーチを掛けた直後にツモられるは、フリテンにはツモられるは、一発でカンチャンをツモられるは振らなくても点が減っていくいわゆるツモラレ貧乏という展開です。

 

こういう流れって誰しも経験したことはあると思いますが、こういう流れだとだんだんと焦ってきて自分の牌しか見えなくなってしまうのです。

結局ラスを連続で取ってしまった後の一局です。

 

東一局も親番で満貫を積もられ4000点ほど凹んだ、東二局西家の私の牌です。

安手で親もありませんが取りあえず一回は上がっておきたいところです。

 

タンヤオは狙わず六筒を切ります。

 

六筒切りで一応、三暗刻のイーシャンテンです。

 

数巡後、上家にリーチが掛かってしまいます。

普通ならゲンブツの六索切りで様子をみたいところなのですが、この前に連続ラスを取っていることもあり余裕がありませんでした。

 

安易に初牌の北を切ると意外に親からロンの掛け声がかかりました。

牌を開けてみると

やってしまいました。

全く無警戒でした。

負けてる時はどうしても視野が狭くなりがちです。

結局自分の手牌しか見えてませんでした。

よくよく見ると上家のリーチにも当たっておりますがサンマには二家和というのがないのも泣き所です。

親の頭ハネです。

一発でふっ飛びました。

 

これが履歴です。

$29.48(2300円)負けでした。

お金の掛かった麻雀というのは安易に打つものではないですね。

とても痛いです><

ネット麻雀のメリットとデメリット

ネット麻雀のメリットとデメリットについてお話します。

筆者はリアル麻雀もオンライン麻雀もいろいろな人とよくやるのですが同じ麻雀でも随分と感覚の違いを感じています。

それぞれにいいところもあり悪いところもあります。

まずネット麻雀のデメリットに関しては3つあります。

(さらに…)