戦わずして勝つ四風連打

麻雀は時には戦わずして勝てる場合もありえる。

その一つに四風連打というものがあるがこれは一巡目に同じ風牌を皆が捨てれば流局になるというルールでありDORA麻雀の場合サンマにも適応されている。

結構見落としがちであり、私も最初の頃は見えていなかった。

では実戦を見ていただこう。

Q14 東三局(オーラス) 0本場 東家34,800点 南家33,800点 西家36,400点

西家から見た局面である。

さて何を切るか?

 

 

 

 

正解は西切りである。

DORA麻雀の場合はこれで流れるのである。

オーラスでトップという局面であり絶好の一打である。

逆にいうと同じ局面でまラスなら西は切ってはいけない。

少し細かくいうとこの場合南家が西を捨てているのがまずい。

今回のテーマはくだらなく感じたかもしれないが未だにラスなのに四風連打(いやこの場合三風連打か?)で自爆する人を見かけるため一応問題にしておいた。

コメントを残す





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)