パオ

こんにちは、DIOBRANDOです。

最近は天鳳の段位を上げたく、天鳳をやり込んでいましたが、七段の壁って結構きついですね。

六段ですと特上卓で、1位+75pt、2位+30pt、3位±0pt、4位-120pt(これがきつい)になりますが、現在ほぼイーブンの成績でptが減少中です。

2014.11.16

私はまだ降段というのは経験がありませんが、この分だと五段に戻ってしまうかもしれません。

七段になった人はよくなれたなと感心します。

 

さて今回はは少し面白い上がりがありましたのでここで紹介します。

pao1

2巡目で対家が白を切ったところです。

たまに目にする配牌ですが、三元牌が2枚づつ入っていました。

この配牌を見ると私は麻雀放浪記(3巻)に出てくる、三元役金縛りを思い出してしまうのです。

自分と相手に三元牌を2枚づつ入れて、相手には大三元を狙わせ、自分は七対子を狙うのです。

当然相手は上がれるわけはなく、己自と体勢を崩していくのは目に見えています。

中々上手いですよね。

さていくら確変があるとはいえ、積み込みのない麻雀でそのようになる確率極めて低く、当然1枚目が出てきました。

あなたならこれを喰いますか?

 

pao2

私はスルーしました。

この形で本気で大三元を上がろうと考えるなら、1枚目は見逃した方が良さそうです。

2枚目を喰うと当然3枚目は絞られますから、相当上がり難いのです。

しかし1枚目を見逃すと少し事情が変わり、その効果は後になって表れます。

 

pao3

ここで上家が捨てた発をポンしました。

 

pao4

今度は上家が捨てた2枚目の白をポンしました。

1枚目を見逃したことにより、この時点で他家から見たら私が中を持っているとは考えにくくありませんか。

これが1枚目を見逃した効果です。

 

pao5

相手の手もかなり揃っていたのですが、ほとんどノータイムで中が出ました。

当然ポンしてパオ(包)を確定させます。

パオとは大三元と大四喜で適用され、最後の三元牌或いは四喜牌を鳴かせた者が、上がられた場合は責任払いをするという特別なルールです。

ツモられた場合は全額、第三者からのロン上がりの場合は最後の三元牌を鳴かせた者との折半になります。

 

pao6

相手もかなりおしい手だったのですが、変化を捨て命懸けでリーチを掛けてきました。

 

pao7

後はゼンツ合戦で私が四萬をツモり、相手にパオを喰わせました。

この手なら中が出るのもしょうがないかなと思います。

 

pao8

こういう上がりは気持ちがいいものですね。

牌譜URLを載せておきます。

尚DORA麻雀にはパオは無く、3人での支払いとなります。

第三者から見たら甚だ迷惑ですね。

管理人よりコメント

  1. 牌譜見ましたが、相手がへっぽこで、たまたま上がれてよかったですね

    >>2枚目を喰うと当然3枚目は絞られますから、相当上がり難いのです。
    →その通り
    >>しかし1枚目を見逃すと少し事情が変わり、その効果は後になって表れます。
    →意味不明。相手の視点でみれば、1枚目見逃したとしても手替わりがある以上、後でポン材が揃うとも手を読む推測にいれることが必要。
    2枚目が鳴きやすいと考えるのは、貴方の勝手な妄想。
    あの煮詰まった場面で中を引けば、貴方の手はテンパイしている可能性も考えられ、中を切ってロンされるなら、最低小三元、ホンイツや大三元も考えられ、ポンをされても最悪。トイメンのあの手で中が止まらないのはただのへっぽこなだけ。(それでも勝負にいくなら、私がトイメンなら8万切りでダマにできる三色、ドラは切るかもしれないが、少なくともリーチもかけず、中とも心中し、多分途中でおりる。)
    上がれたんだからいいじゃないかという考え方もできるが、相手のミスである限りたまたま上がれたたまたま麻雀の印象。
    折角ネットで相手の打ち回しが見れるのならば、相手がミスしなかった場合、うまく打ち回した場合も考慮した上で、自分の打ち方が優れているか考えてみては。

    • コメントありがとうございます。
      1枚目を見逃す効果は十分にあると思いますよ。
      相手の立場だったとして、ダイレクトに白発と喰えば、多分中は出なかったのではないでしょうか。(勿論その場合はツモ順が変わるため、本符のようにはなりませんが。)
      確かに手替わりもありますが、白が最初から2枚あって1枚目をスルーしたのか、或いは1枚目が切られた後でツモって2枚になったのか、相手から見ればどちらにも取れるところだと思います。
      仮に2枚あったとして1枚目をスルーしたとすれば残りの形が悪いことが想定され、中が2枚あるというのは考えにくくありませんか。
      もし後からツモって白が2枚になったのであれば、中が2枚あることも十分に考えられます。
      しかしどちらにも取れそうなところゆえ、ダイレクトに喰うよりかは本符の方が中に対する警戒心が薄れていると思います。
      勿論一枚目を見逃したところがポイントなテクニカルな上がりだと自慢したいわけではありませんが、パオは比較的珍しいのでネタにしたという事です。
      ちなみに私が相手の立場だったとしても、やはり中は切らなかったと思います。

コメントを残す





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)