天鳳四段になりました

こんにちは、DIOBRANDOです。

大寒波が訪れて、大分寒い時期になりました。

私は先週、漸く天鳳四段になりました。

 

tennhouyonndann

永かったです。

二段から四段になるのに一年も掛かりました。

 

tennhouyonndann

これが現在の私のデータです。

自分で分析してみますと副露率が高く、速攻型のタイプだと思っています。

喰いタンが大分多かった気がします。

 

私のメインの主戦場はやはりDORA麻雀なのですが、DORA麻雀では強さを図るものがないため、雀力の肩書きを持つ意味でも天鳳もやってみることにしました。

 

 

今回は四段になるために必要な要素を書いておこうと思います。

四段になるための必要な要素はたった三つです。

 

一、サービスゲームは落とさない

麻雀に運の偏りがあるのはしょうがないですが、割合的に半荘四回に一回くらいは配牌やツモが良かったりして、自然にトップになれる流れがくると思います。

こういう時はなぜか蓮荘しやすかったり、労せずして得点を積み重ねる展開になりやすいです。

私はこういう展開をサービスゲームと呼んでいますが、こういうゲームは絶対に落とさないことです。

前回にも書きましたが、麻雀の運は長くやれば大体皆平等です。

つまりトップになれる流れがくるということは、逆に誰かにトップになられる流れもくるというのが運の原則です。

ツキの流れがきている時はできる限りそれを維持し、リードを守りきるような打ち方にして下さい。

こういう時はヤミテンにするのが効果的です。

ツモの流れに任せて自然に手成りで上がるのがいいと思います。

また無理をせずに、ノーテン罰符は払ってもいいから、高そうな手への勝負は避けて下さい。

 

二、ラスになるのを避けるためには執念を尽くす。

ご存知のように天鳳はラスになるとptが75も減ってしまいます。

三段は、一位+60、二位+15、三位±0、4位-75で推移します。

つまり0差のゲームなのですね。

ラスを一回でも取るとそれを取り返すのに、一着と二着を一回づつ取らねばなりません。

この半荘は勝てそうにないと思ったら、早めにラスを回避する打ち方にして下さい。

 

三、上がりまでの距離を見極め、自分の打点の高さと相手の打点の高さからベストな選択をする。

これも以前書きましたが、麻雀というのは投資という概念によく似ています。

個人的には賭け麻雀は卓上のビジネスだと思っています。

天鳳はお金は賭けませんが、ptやRが掛かっています。

要は上がれそうもないと思ったら早めに見切りをつけて下さい。

また相手の打点の高そうな手への勝負はできる限り避け、打点の低そうな手に対して勝負するようにして下さい。

判断が正しいなら長期的に見て、これでプラスになるはずです。

 

 

それでは四段になる前の、一番印象に残った自慢の一局を紹介しようと思います。

2014.1.20t1

オーラスで大分苦しい状況です。

今六索をツモりこれで上がれるところですが、自ら首を差し出すようなものなので、上がりを放棄しました。

 

2014.1.20t2

このように切りました。

親にリーチが掛かっているので、形テンで流すのが狙いです。

 

2014.1.20t3

そして狙い通りになりノーテン罰符を貰いながら、もう一局オーラスを打たせて貰うことに成功しました。

 

2014.1.20t4

そして次の局にチャンスが訪れました。

ピンフにはならないため、ここで九筒を曲げました。

これでどこから出てもラスは免れます。

 

2014.1.20t5

最後は対家との三着争いになりましたが、その対家から上がることができ、何とかラスを免れました。

我ながら会心の一局だったと思います。

たった5200点の手ですが、こういう上がりは気持ちがいいものです(笑)

この半荘のURLを載せておきます。

 

ちなみに天鳳で四段くらいになれば、DORA麻雀の$8卓くらいでは大体イーブンの成績が残せます。

2014.1.20d1

但しbakabonさん、n_kayamaさん、hide0106さん、hoge123さんは別格ですよ。

コメントを残す





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)