麻雀上級者の実戦的なリーチ

今日のテーマはリーチである。

当然のことながらリーチを掛けると出にくくなるが1翻増しになり一発と裏ドラの権利が付く。

また相手の手を制限させることもできる。

今日は上級者の実践的なリーチを見ていただこう。

 

Q11 東一局 0本場 東家35,000点 南家35,000点 西家35,000点

南家から見た局面である。

 

どうしますか?

 

 

 

 

これも正解のないところだが恐らく上級者の大半の人は六筒を切ってリーチを掛けるのではないか?

発が出ることは期待できないし相手の手を遅らせながらツモ上がりに期待する最も実戦的な打牌である。

この場合は五筒切りリーチも五筒切りヤミテンも立派な選択である。

ただしここで注意しなければいけないのが六筒を切ってリーチを掛け発が出た場合やツモった場合もイライラした精神状態にはなってはいけないことである。

麻雀は確率を積み重ねるゲームである。

常に選択が当たるとは限らないことを覚えておきたい。

 

コメントは受け付けていません。