絶体絶命の局面でも最後までやけを起こさない

麻雀とは不思議なものであがれる人はなぜか牌パイにもツモにも恵まれるという傾向にあるのも諌めない。

どうしても牌に偏りができてしまうのである。

しかし牌パイやツモが悪くて勝てなかったなんて言い訳はできない。

そんなことを言っても始まらないからだ。

今日は絶対絶命でどうあがいてもトップになれそうもない局面をみていただこう。

 

Q10 東1局 5本場 東家69,900点 南家29,300点 西家5,800点

南家から見た局面である。

 

一気通貫ができており四筒切りの一手だが問題はリーチを掛けるかどうかだ?

 

 

 

 

リーチを掛けるとリーチ、ピンフ、一気通貫でほとんど満貫に近い。

しかしこの場合はトップとダブルスコア以上もありとても逆転できる形勢ではない。

この場合はヤミテンが正解である。

2着狙いだ。

サンマでトップを取れない時は冒険するより確実に2着を目指しましょう。

2着は負けではありません。

 

ちなみにこの局面は私の実戦であり四筒切りのヤミテンにしハイテイで九筒をツモれました。

コメントは受け付けていません。