麻雀の運と流れ

こんにちは、DIOBRANDOです。

 

突然ですが質問です。

あなたは麻雀の一局一局は独立していると思いますか?

 

私は迷信じみたものは嫌いで、できるだけ科学によって考えるタイプで、そう考えると一局一局に関連性はなく独立していると考えるのが普通で、ポーカーも「引きの強さや流れ等はなく、あくまで確率の問題。」と言われています。

 

しかし私は麻雀だけは神がかっており、どうしても一局一局が独立していいるとは考えにくいのです。

 

結論から言ってしまえば、「麻雀は超全的な作用が働き一局一局は独立していなく関連性があり流れがある。」というのが持論です。

これはリアルでもオンラインでも長年打って経験によって導きだされたものです。

 

しかし麻雀だけ、なぜこのような超全的作用が働いてしまうのか不思議です。

 

私は人間の深層心理が無意識のうちにこのような流れを作りだしてしまうという風に解釈しています。

生ある人間の第五感とは素晴らしいもので、これを最大限に駆使することができれば、いくら麻雀といえど取るに足らないゲームだと思います。

調子の悪い時はこれが逆用されて、わざと負けるような打牌を無意識のうちにしてしまうという風に捉えることはできないでしょうか?

逆に好調な時はこの逆の考え方ができます。

 

つまり麻雀の運と流れというのは「人間の幻想が具現化したもの。」なのです。

この場合の幻想とは人間の深層心理が作り出している軌跡のことです。

 

自分の深層心理を自分で演出してしまうのですから麻雀とは面白いゲームだと思います。

 

 

麻雀を勝手に解釈してしまいましたが、今日はこれに照らし合わせて見ていきたいと思います。

ではDORA麻雀プレイ日記です。

東二局2本場 リーチ棒1本 東家23800点 南家33000点 西家20200点 北家(私)22000点

北家から見た私の配牌です。

前局に3人にノーテンン罰符を払っている私は少し焦り気味で、この北をノータイムでポンします。

 

次に三筒をツモりましたが、あなたなら何を切りますか?

私は九索を処理しました。

 

しかしその後に索子がどっと入ってくるのでは流れがおかしいです。

九索切りは咎められませんが、次に索子をツモった段階で流れは索子にあると見て筒子を切っていくのが、流れが存在する麻雀ならではの発想だと思います。

 

間七筒をチーできてようやくテンパイしました。

カンチャンにするもシャンポンにするも確率は同じですが、私はシャンポンを選びました。

しかし・・・・

 

やはりこうですよね。

 

結局上家がツモってしまいました。

 

 

東一局0本場で開始早々の南家の私の牌です。

偉くいい牌ですが、あなたならどうしますか?

私はオーソドックスに七筒を切りました。

 

しかしなぜかこうなるのですね・・・・

赤五筒は泣く泣く切りました。

これも私の経験則になりますが、染め手を除いて最初から一色(この場合筒子)の受け入れを拒否するような打ち方は大体うまくいった試しはありません。

そう考えると前図の七筒切りでは一索のトイツ落としがバランスのいい打ち方なのかもしれません。

 

四索をツモってリャンカンにした後に四萬をツモってテンパイしました。

さてあなたならどうしますか?

私は出易さを考え四索を切ってリーチを掛けました。

 

しかしツモったのは五索で、その五索を追っかけリーチに振ってしまいました。

七索は完全にブロックされており、しかも裏ドラまで載せられてしまいました。

本当に勝てなくできています。

これまた私の持論になりますが、赤有りの時は少し出にくくても五待ちにした方がいい結果になることが多いです。

 

次に好調な時を見てみます。

これも東一局開始早々の局面です。

北家の私が三索をツモったところです。

私はノータイムで三筒を切りました。

 

そしてこの九萬をチーします。

 

好調な時はやはり出るのですよね。

 

人間の第一感というのは大体正しいです。

その通りに素直に打てばいいのに、考えた末に悪い方に手がいってしまうのは皮肉でしょうがありません。

神はどうも私を滑稽に演出させるのが好きなみたいです。

コメントを残す





*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)