手を広くするトイツ落とし

孤立牌(1萬、9萬、字牌)というのはシュンツを作ることができずに使い勝手の悪い牌である。

暗刻か雀頭にしか使えないからだ。

特にオタ風の場合はタチが悪い。

こういった牌をトイツ落としするケースは実戦では実に多い。

では見てみよう。

Q7 東1局 0本場 東家35,000点 南家35,000点 西家35,000点

南家から見た局面である。

 

まだ始まったばかりであるがどうだろうか?

 

 

 

 

実はこの局面こそ西のトイツ落としをするのにうてつけなのである。

南家より西はオタ風だし場に1枚出てることより暗刻にするのは難しそうだ。

実際に西をつもるより八筒をつもる確率の方が高いであろう。

手がバラバラだけどこういった局面こそ形を決めずに待ちたいものである。

尚、中はドラなだけにもう少し持っておきたい。

この局面で西を切れるようになれば中級者以上である。

トイツ落としはとても筋のいい打牌なのである。

あなたにも是非身につけていただきたい手筋である。

 

コメントは停止中です。