物凄い筋の悪い喰い仕掛け

こんにちはDIOBRANDOです。

先週は2着が多かったような気がします。

大きくは増えないものの少しだけバンクロールを増やすことに成功しました。

麻雀を投資と考えるなら、これくらいが丁度いいのかもしれません。

 

細かいことは省いて、この局面あなたなら何を捨てますか?

単騎待ちだととても出にくそうなので、私は一萬を切りました。

 

数巡後、ここでチーします。

三萬が場に3つも出てしまっているため、打六萬とし二萬、五萬待ちにしました。

 

次に下家から上がることができました。

この捌きは上手くいったと思います。

 

次に見て貰いたいのは以下の手順です。

西家の私の配牌ですが、赤とドラはあるものの典型的なクズ手です。

この局は一回も上がりがなく20500点で同着2位で、オーラス前だったので何とか上がりがほしいところでした。

普段はまずやらないような強引な仕掛けをしました。

 

上家の八索をチーしました。

強引な筋の悪い仕掛けです。

ちなみにはっきり言って、こういう仕掛けをするのは下手くそです。

DORA麻雀ではまずカモと考えていいでしょう。

まだ一局残っているため無理に上がりに向かう必要はどこにもありません。

純チャンを目指して結局は、降りに回る牌姿だと思います。

この時はなぜかやってみたくなったのです。

東か発を被らせるか純チャン狙いです。

 

数巡後、少し手が進みここで九萬をポンし打八萬としました。

 

七筒をツモった後、一筒をポンし西を切りテンパイしました。

 

最後の一索をツモりなんとか上がり切ることができました。

純チャンのみのたった二翻だけの手ですが妙に印象深くここで紹介することにしました。

しかし、これはたまたま上手くいっただけで実際にはやらない方がいい仕掛けです。

 

次に紹介するのはこの局面。

親でトップですがリーチに対して危なそうな牌をツモりました。

九索もそんなに安牌ではないのですが、ここは九索で勝負しました。

 

次に何とどんぴしゃでツモりました。

 

牌符履歴を確認したら三筒はリーチの待ち牌でした。

これは好調でした。

 

最後に紹介するのは以下の局面です。

南家で断トツのオーラスです。

序盤の四索に目が行ってしまい七索を切ってしまいました。

 

まさかの当たりでした。

上手く引っ掛けられてしまいましたが、当然ここでは七索よりも先に切るべき牌はありました。

これで一気に逆転されて2位になってしまいました。

勝てるべき局を落とすというのは辛いですが、最後まで油断してはならないといういい教訓でした。

麻雀は終わるまで「勝った。」と思ったらいけませんね。

コメントは停止中です。