このエントリーをはてなブックマークに追加

ダメ押しリーチ

こんにちは、DIOBRANDOです。

最近は多忙でDORA麻雀があまりできませんでした。

先週の週末の孔雀流水杯も参加予定でしたが、仕事の関係でキャンセルです。

参加無料で2名勝ち抜きの$1000トーナメントだったので、楽しみにしていたのですが残念です。

 

昨日は久しぶりにDORA麻雀をやってみました。

3週間ぶりでしたので麻雀の感覚が鈍っているのではと心配でしたが、運が見方してくれたお陰で好調でした。

東風戦9局打って、2 ,3 ,2 ,1 ,3 ,3, 2 ,1 ,1の成績でした。

これはサンマではなくヨンマですので、ラスを一回も取らなかったことになります。

麻雀ってやり込んでいる時は不思議と勝てないのですが、たまにやるとなぜか勝てることが多いのですね。

 

 

2014.4.21d1

東風戦開始早々で、今対家の親が六筒をツモり、発を切ってヤミテンにしました。

リーチを掛ければ跳満まで見えているところだけに、手堅い打ち方です。

しかし東風戦だけに18000点を多少冒険して上がるよりも、12000点を確実に上がる方が私もいいと思います。

 

2014.4.21d2

そして数巡後、私は発をツモってきました。

メンツの形が見えてきて、五萬は不要牌と言えます。

ここで安牌の発を残しておこうと思い、五萬に手が掛かってしまいました。

 

PARARAN

ダースベイダーのアイコンPARARANさん(以下敬称略)とは初めて打ちましたが、非常に手堅い打ち手でした。

 

 

2014.4.21d3

東二局2本場 東家(bakabon)35900点 南家(私)14700点 西家(kaizou)17100点 北家(PARARAN)32300点

その後にbakabonさん(以下敬称略)が追い上げ、形勢がハッキリと二分される形となりました。

今回は、bakabonとPARARANの手牌を明かして見ていきます。

今親のbakabonが三筒をツモった局面ですが、この局も上がれそうな感じです。

あなたなら何を切りますか?

 

2014.4.21d4

bakabonの切った牌は四筒。

これは自然です。

 

2014.4.21d5

そして次ぎのツモが赤五筒ですが、あなたなら何を切りますか?

 

2014.4.21d6

bakabonは打九萬と手を変えました。

打五筒とすると二索、三索、四索、五索、五萬、六萬、七萬、八萬、九萬のイーシャンテンですが、打九萬とすると二索、五索、五萬、八萬、二筒、五筒のイーシャンテンです。

しかし前者の場合は三索、四索がきたらペンチャンになってしまうのに対して、後者の場合はいずれもリャンメンになります。

こちらの方がいいのでしょうね。

 

2014.4.21d7

しかし麻雀とは思うようにいかないものです。

次ぎのツモは六萬。

これはさすがにツモ切りでした。

 

2014.4.21d8

そして次ぎのツモがドラの八索で、これをツモ切りせざるを得ないのでは明らかに変調です。

 

2014.4.21d9

そして次ぎのツモが六筒ときました。

「えーい、ままよ。」と八萬を切っていましたが、珍しくbakabonが翻弄しています。

 

2014.4.21d19

そして遂に西家にリーチが掛かりました。

北家のPARARANが今六筒をツモったところですが、あなたならどうしますか?

 

2014.4.21d10

PARARANは妥当な東のトイツ落としを選びましたが、これが当たり牌でした。

たまに起こることですが、PARARANにとってはほとんど地獄待ちに等しかったですね。

それにしてももし東が止まっていれば、bakabonはこの後どう捌いたのか興味があるところでしたが、残念でしたね。

 

 

2014.4.21d11

オーラス リーチ棒1本 東家(kaizou)31000点 南家(PARARAN)18400点 西家(bakabon)31000点 北家(私)18600点

bakabonにダメ押しのリーチが掛かりました。

そして私とラス争いのPARARANが六索をツモったところです。

上がれば三着になれるところですが、ここはPARARANらしく自重して九萬を落としてきました。

私はこれを見て、少し安心しました。

白を鳴いているPARARANが強い牌を通してきたらそれはほとんどテンパイしていることを意味し、ノーテン罰符を考えると私も安全といえない二索を勝負せざるを得ませんからね。

 

2014.4.21d12

しかしここにきて形勢が容易ならざることに気づきました。

今私が七萬をツモったところなのですが、PARARANの切った三索が気になるのです。

決してリーチに対して安全な牌ではありません。

手堅い打ち手がこんなものを捨てているのでは、やはりテンパイしているのかな?と思いました。

そしてこんなものをツモってくるんだったら、一層リーチの七索をチーして形テンに取るんだったのかな?とも思いました。

kaizouはトップを諦めています。

私もここでは二索と七萬は勝負しきれずに、ゲンブツの西を落としました。

 

2014.4.21d13

結局流局し、負けたかなとも思いながらも意外にもPARARANもテンパイしておらず、三人でノーテン罰符を払ってかろうじてラスは免れました。

 

2014.4.21d14

三人を降ろさせてしまうのですから、ダメ押しリーチは強しですね。