このエントリーをはてなブックマークに追加

リーチ一発ツモの頻度

こんにちは、DIOBRANDOです。

9月も半ばを過ぎましたが、日差しが強すぎてまだ夏という感じです。

 

私は最近オンラインポーカーにすっかりハマってしまい、毎晩のようにプレイしていますが収支が中々プラスになりません。

今月もすでに$100近くマイナスです。

ポーカーも麻雀も長時間やっていると一日一回は痛恨のミスをしてしまいます。

 

2013.9.19

フロップでセットができたものの、私のバリューベットに対してコールでついてこられ、ボードにはストレートが見える状態。

リバーでそれまで非常にタイトにプレイしていたプレイヤーが突然オールイン。

このオールインをブラフだと読んでしまってコールをしてしまうというミス。

ボードにストレートが見える状態というのは、普通はあまりポットが大きくなりません。

もし相手がストレートを作っていたら少しずつレイズしていく方が自然で、「いきなりオールインということはつまりストレートはできていないのだろう。ストレートを装ってブラフを仕掛けているのだろう。」と踏んでしまいました。

しかしタイトプレイヤーの強気なアクションに対してのこのコールはさすがに拙かったです。

 

ポーカーの方が麻雀に比べて負けた時の脱力感は大きいです。

いきなりお金が無くなってしまうというのは何とも言えない虚脱感があります。

 

次は麻雀です。

2013.9.22d1

東風戦赤なし東三局一本場 東家(私)21800 南家32700 西家24000 北家21500

連荘したいところですが、下家は八索をチーした後に一索が出ています。

ここで私は五索を切ってテンパイに取ってしまいました。

しかし結果は・・・・

 

2013.9.22d2

下家は索子、対家は萬子模様で、ここは当然八筒、九筒と落としていくべきでした。

凹んでいるのと親で連荘したいという思いで、打五索としてしまいましたがこれは焦り気味でした。

まだ一局あるのですから、ここは腰を落とさなければいけませんでした。

 

一晩経って考えてみると、「どうしてあんなことしたんだろうな?」と不思議に感じてしまいますが、実際に進行中には常識的な判断が中々できにくいものです。

次の一手問題として出題されたら間違うことはなさそうですが、こう言った当たり前のことが実戦で当たり前にできるようになれば、それだけでも強者だと思います。

 

 

ではDORA麻雀プレイ日記です。

2013.9.22d3

東一局開始早々から間抜けなことをやってしまいました。

全く麻雀何十年やっているのか・・・・

 

2013.9.22d4

結局下家がトイトイをツモりましたが、私は命拾いしました。

まさか親がドラ入りの七対子を東待ちでテンパっていようとは。

次巡に出ていたと思います。

 

2013.9.22d5

南家が2700点をツモ上がった後の東二局の親番です。

一気通貫が完成しましたが、あなたならここで何を切りますか?

 

索子か東だと思いますが、私は打七索を選びました。

東を切ればタンピン三色への変化もありますが、一気通貫を捨ててまでやることではないと思ったからです。

 

2013.9.22d6

次巡に五筒をツモり思惑通りに進行しました。

それにしても上家との間に、この東には因縁を感じます。

 

その後、他家も頑張り接戦になりました。

そこで向かえたオーラス。

2013.9.22d7

東家33500点 南家14400点 西家(私)33300点 北家18800点

僅かにリードを許してしまいました。

そしてこれがオーラスの配牌。

ハッキリ言ってクズ手です。

 

2013.9.22d8

中盤に差し掛かって私はこの一筒をポンしました。

そして一索を切ります。

役は無いですけど贅沢は言っていられません。

 

2013.9.22d9

そしてこれもチーし打二筒とします。

 

2013.9.22d10

そしてこれも当然チーします。

ナイスアシストです。

 

2013.9.22d11

六筒をツモりましたが「ツモ」と上がるわけにはいきません。

 

2013.9.22d12

しかし形式テンパイを作って逆転トップで終了しました。

これは気持ちが良かったです。

 

尚形式テンパイと言うのはリスクを伴うために、よほど条件が揃わないと狙うのは止めた方がいいです。

 

もう一局。

2013.9.22d14

2013.9.22d13

この状況で南をポンし、八索を切りました。

 

2013.9.22d15

数巡後一萬を引き、今五索を引いたこのタイミングで七筒を暗カンしました。

 

2013.9.22d16

そしてカンドラ表示牌が四索で、リンシャンから四筒を引きました。

五索を切ればテンパイですが、周辺にもう一枚ドラが絡むことと点差を考えここは五筒を切りました。

 

2013.9.22d17

そして六索をツモりテンパイ。

 

2013.9.22d18

そして最後は高めのドラをツモ。

6400点。

カンのバリューを最大限に生かせたと思います。

 

 

それにしてもDORA麻雀ってリーチ一発ツモの頻度が物凄く高くないですか?

この日のリーチ一発ツモを全部掲載しておきます。

 

2013.9.22d19

門前清自摸和 1
平和 1
断幺九 1
一発 1
リーチ 1
裏ドラ 1
一般高(一盃口) 1

 

2013.9.22d20

門前清自摸和 1
リーチ 1
一発 1
平和 1

 

2013.9.22d21

平和 1
門前清自摸和 1
リーチ 1
裏ドラ 1
断幺九 1
一発 1

 

2013.9.22d22

門前清自摸和 1
リーチ 1
一発 1

 

2013.9.22d23

リーチ 1
平和 1
ドラ 1
一発 1
門前清自摸和 1

 

2013.9.22d24

門前清自摸和 1
一発 1
ドラ 1
裏ドラ 1
平和 1
リーチ 1

 

東風戦6回(全35局) そのうちリーチ一発ツモ6回

いくら何でもこれは頻度高すぎませんか?

 

DORA麻雀攻略の秘訣として、ヤミかリーチか迷ったら積極的にリーチを掛けることをおすすめします。

このソフトウェアの場合、一発ツモを入れてくれる可能性が高いです。

2013.9.22d25

DORA麻雀へのクレジットカード(VISA)での入金法

DORA麻雀はクレジットカード(VISAカード)による入金が可能です。

これはとても便利なのですが、出金ができないのが痛いところです。

始める時はクレジットカード入金でもいいと思いますが、いずれはNetellerI-BANQが必要となってきます。

私も両方試してみましたが、Netellerの方が手数料が安かったです。

ではDORA麻雀のクレジットカードでの入金法を説明します。

 

creditnyuukin1

DORA麻雀にログインしてマイアカウントより入金をクリックします。

 

creditnyuukin2

Visaカード、MasterCardをクリックします。

 

creditnyuukin3

入金額を入力します。

初回入金時はボーナスコードにDORAと入力することも忘れないで下さい。

続行をクリックします。

 

creditnyuukin4

必要事項を入力します。

例)Email Address:tarou@gmail.com

Confirm Email:tarou@gmail.com

First Name:Tarou

Last Name:Yamada

Address:1-2-3 nisisinnjyuku

City:sinnjyukuku

State/Province:tokyoto

Contact Phone:08012345678

 

Name on Card:TAROU YAMADA

Card Number:八桁の番号

Expiration:有効期限

CVV2/CVC:カード裏の3桁の番号

 

最後にチェックを入れContinueをクリックします。

 

doracash2

Confirm Purchaseをクリックすれば確定になります。

 

doracash3

成功したようです。

 

doracash4

数分後にアカウント明細に反映されていました。

DORA麻雀トーナメントサファイアカップ

こんにちは、DIOBRANDOです。

2020年のオリンピック開催地が東京に決まりました。

ウィリアムヒルのオッズでは圧倒的に東京が有利だったのですが、個人的には福島の問題があって敬遠されるのではないかと思っていました。

7年後にはある程度終息すると見ているのでしょうね。

オリンピックも楽しみですが、日本に経済効果があることを期待します。

 

では早速DORA麻雀プレイ日記に移りますが、昨日はワンシーズンに一回しかない無料のビッグトーナメントサファイアカップが行われました。

その一回戦のオーラスのシーンです。

2013.9.9d1

親の連荘とかはなく親は回り持ちで、一回戦が本当に四局で終わってしまう上に一人勝ち抜けという厳しい条件です。

オーラス 東家29800点 南家(私)32300点 西家27500点 北家10400点

トップですが、状況は順位程の差は無くなっている感じです。

この局面あなたならどう打ちますか?

 

 

サファイアカップの前哨戦です。

アバターを変えたhide0106さん達と$4卓で打ちました。

四人の手を明かして見てみます。

以下敬称略。

2013.9.9d2

東風戦赤有り開始早々で、今親のaratasoが七筒をツモった局面です。

あなたなら何を切りますか?

 

2013.9.9d3

私なら赤五筒を切ってテンパイに取りますが、このaratasoは七筒をツモ切りしていました。

赤五筒は使い切れると見越してのことです。

二萬、三萬、四萬、五萬、六萬、七萬、三筒、五筒、六筒、八筒のいずれが入っても赤五を2枚とも使い切った好形の待ちになります。

そして赤1枚だと2900点ですが、2枚だと5800点になります。

なるほどと思いました。

 

2013.9.9d4

そして同巡に西家のn_kayamaが七萬をツモり、鉄板の三面チャンに見えますがヤミテン。

これは親の手は早いと見ているのだと思います。

hide0106の二索が浮いていますね。

 

2013.9.9d5

しかしhide0106も次のツモで見事に三索をくっ付けました。

そして打五筒とし、その五筒をaratasoが四筒、六筒でチーし打七筒とし、思惑通りにテンパイしました。

さすがに皆、非凡な打ち方をしてきます。

 

2013.9.9d6

この勝負は結局親が二索を掴まされてしまいました。

一番危なそうなhide0106もよく止まったと思います。

 

 

2013.9.9d7

n_kayamaが1300点をリードした東二局。

今度はhide0106が早いリーチを掛けてきました。

 

2013.9.9d8

しかし皆、ゲンブツ、スジ、字牌、三索(リーチ直前に四索が出ている。)などの安牌で凌ぎ切りました。

私は完全に降りていましたが、n_kayamaの当たり牌を三つ抑えてのテンパイは、離れ業としか言いようがありません。

 

 

2013.9.9d9

東三局ですが、今度は私にチャンスが巡ってきました。

今六筒をツモったところです。

あなたならどうしますか?

赤有りの場合は大抵は七萬切りリーチが正解だと思います。

しかし相手を知る私は七萬切りでヤミテンにし、変化を待ちました。

上家がもし四索を切ってくれたら三索、五索で喰う予定です。

 

2013.9.9d10

しかしホールインワンで赤五筒を引きました。

運が良かったです。

 

 

2013.9.9d11

そしてオーラスですが今度もhide0106の早いリーチです。

さすがに楽には勝たせてくれません。

そして今、一発目でn_kayamaが八索を引いたところです。

安牌も全くなしでピンチに見えます。

 

2013.9.9d12

しかし危険を察知したのか、こういうところが凄いところです。

確かにhide0106のリーチを1点で読むとしたら五索、八索になります。

トイツ落としがある場合はピンフ系で、最初に九索を切っていることを考えると浮上するのは六索、七索、九索、九索からの変化だからです。

しかし情報量が少なく強い根拠はありません。

この打七筒には勝負強さを感じました。

 

2013.9.9d13

しかしその後、ツモの良さが八索を圧迫してしまいまったみたいです。

ここでさすがに八索が出ました。

 

最後はaratasoに三人がノーテン罰符を払って終了。

三局目のラッキーなリードを守りきれました。

それにしても上級者はコクのある打ち方をしてきます。

学ばせて頂きました。

 

 

では最初の図に戻ります。

2013.9.9d1

オーラス 東家29800点 南家(私)32300点 西家27500点 北家10400点

親はダブ東を喰っており2900点は確定しています。

しかも手も進んでいそうです。

私は攻める方を選びました。

 

2013.9.9d14

しかし何を思ったのか、ドラ切りでリーチを掛けてしまいました。

普通は五筒ですよね(笑)

この時は上がることに意味があるのであって、上がり点は関係ないだろうと思っていました。

しかしこの六筒を下家が喰い、ツモが変わって二索を引かされてしまいました。

 

2013.9.9d15

そしてその二索で東家に振り込んで終了です。

お見事でした。

しかし手を明かして見ると六筒切りリーチは酷い一打だったことが分かります。

もし五筒切りリーチなら下家に二索は流れていたため、使い切ってくれたと思います。

それでも五索が浮いているので微妙ですが・・・・