親の連荘南家の責任

こんにちはDIOBRANDOです。

先日は知人と河口湖にニジマス釣りに行ってきましたが、今年は雨が少なかったせいか随分と干上がっていました。

湖面から露出した岩肌に草が生えていたのには少々驚きました。

河口湖と言えばブラックバス釣りで有名ですが、ブラックバスは食べられません。

ニジマスを狙う方が小数派ですが、河口湖のニジマスは大きくて美味しいです。

秋と春先限定になりますが、本栖湖のヒメマス釣りも面白いですよ。

 

さてDORA麻雀プレイ日記です。

麻雀の格言に「親の連荘南家の責任」というのがあります。

聞いたことがある人もいるかもしれませんが、少し疑問が残るところです。

麻雀において牌の偏りは頻繁にあるものの、東家がチーできるのは北家ですので「親の連荘北家の責任」の方が正しいような気もします。

南家に責任があるとしたら、余りにもおとなしく打ちすぎて、東家に下家は何もやってこないと思われ、すき放題に手を作られてしまうことでしょうか?

昨日は上家の親にすき放題やられてしまいました。

 

2013.8.30d1

赤なし東風戦開始早々で南家の私の牌です。

今ドラの五萬をツモったところですが、こういう場合は何を切ったらいいのでしょうか?

非常に悩みましたし一晩経った今でも何を切るのが最善なのか分かりません。

牌効率を最優先するとこのままドラを切るのが良さそうですが、ケチ症なのかこの五萬切りが私にはどうしてもできないのです。

 

2013.8.30d2

結局悩んだ末に打六索を選びました。

ドラを生かす七対子の目と七索、西の受け入れを残しました。

これが天鳳三段の打ち方です。

正しいのかな?

 

2013.8.30d3

数巡後ようやくテンパイしました。

ここまでくるとさすがにドラを切ってテンパイに取りました。

リーチも有力だと思いますが、東一局ということもあり慎重にヤミを選びました。

 

2013.8.30d4

親リーが掛かった直後に五筒を引きました。

これで当たるとしたら二筒、五筒待ちの可能性が高そうですが、リーチの2巡前の一筒に注目しました。

一筒、三筒、四筒とここまで持っているとは考えにくいです。

三筒、四筒と持っていたら一筒はもっと早く出そうですからね。

私は五筒を切り通りました。

 

2013.8.30d5

そして数巡後三索を引きました。

これは本命です。

一索、三索、四索、四索或いは一索、四索、四索、五索と手にあったら不用な一索は最初に捨て、暗刻になるかもしれない四索は後まで残しておくというのは自然です。

 

2013.8.30d6

とはいうものの何とかなるのではと思い、つい切ってしまうのです。

そしてやはりと思いながらも後悔する羽目になります。

そしてこれがきっかけとなり東家.mikotoの怒涛の快進撃が始まりました。

 

 

2013.8.30d7

一本場になって今度は東家を手前にしました。

この七萬ツモで上がっています。

 

2013.8.30d8

しかし上がらず打七筒。

他の三人は少し遅い感じです。

 

2013.8.30d9

その後無駄ヅモは多かったもののしっかりと上がりきりました。

かっこいいですね。

 

 

2013.8.30d10

二本場は私が早い親満に放銃しました。

やりたくもない接待麻雀を強いられています。

「DORA麻雀めが。」

 

 

2013.8.30d11

三本場の四人の配牌。

いくら何でも少し偏り過ぎじゃない?

 

2013.8.30d12

また親満。

「親の連荘DORA麻雀の責任。」

 

 

2013.8.29d1

その後、親の連荘は止めたものの私がハコって終了。

ご愁傷様でした。

こんなのやってられませんね。

 

.mikoto

このプレイヤーちょっと強すぎなんじゃないの?

少し手加減して下さいよ。。。。

 

 

追記

この麻雀に関してある優秀な方からコメントをいただきました。

以下一部を引用します。

 

2013.8.30d1

【東1局】

ドラの五萬を引いてきてる場面ですが、ここは私だったら8筒切りです。

実戦では6索を切って1向聴に取ったようですが、これだと七対子か一盃口しか目がなくなります。

七対子だと四萬が2枚見えなので実質六萬か7筒の2つぐらいしか期待が持てません。

7索か西を引いて面子手でテンパったとしても結局切るのはドラの五萬です。

となると、6索を切ってしまったら7筒を引いてこない限り自信を持って勝負にいける手じゃないと思います。

この手を七対子か辺張受けの一盃口にしてしまうのは効率が悪いと判断します。

 

では何を狙うべきかというと、私だったらこの手は七対子は狙いたくないなと思うわけです。

それに一盃口も辺張受けだと無理に狙うのはしんどいと考えます。

そして五萬がドラとなると3-6萬、4-7萬の両面受けがあるのでドラを使い切りたい、使い切れる可能性も高いのです。

そして場を見ると8筒が2枚切れで自分目線では他にありません。9筒が1枚切れで自分が2枚持ちなので9筒はほぼ安牌にもできるわけです。

となれば、シャンテンを取るのではなく8筒を切って索子、萬子に伸ばしていくのが有効だと判断します。

 

2013.8.30d6

で、最後の放銃シーンですが、3索のど本命はさすがに降りることを考えるべきだったと思います。

というのも私は自分の打点の問題との関係で考えてます。

DIOさんの手だと闇テンでツモ1300-2600、出和了2600です。

この打点だとツモればラッキーと思える程度で、単に7筒が他から出たら申し訳程度にアガって親を迎えるという形を取ると思います。

ただ、状況は親からのリーチです。

無理をして親のリーチに打ち込んでしまったらそれ以上のビハインドを背負う上に親が連荘です。

対面も1000点アガりにいってないのを見れば分かるとおり、無理は禁物という状況でした。

 

 

このコメントに対して私は以下の返答をしました。

 

八筒ですか?

言われてみればなるほどと思います。

確かにこう切るのが最善に思えてきます。

八筒切りですとリャンシャンテンになってしまいますから見えませんでした。

ただこの巡目だとまだそれくらいの余裕はあっても良かったですね。

実戦の六索切りは何か変な感じがしたのです。

そしてやはり〇〇さんの言われるように、三索は親に対しては降りるべきでしたね。

そしてここがこの麻雀に関してはほぼ全てだったみたいです。

後はいいところがありませんでした。

東一局の三索切りで終わってたみたいです。

ここで三索を切るならリーチを掛けない意味がないですからね。

半端な打ち方でした。

三索切りの代償には5200はほしいところでした。

麻雀川柳2013

こんにちは、DIOBRANDOです。

ぶっ倒れそうになるくらい暑いですね。

この暑い中、外で作業をする人って本当に偉いと思います。

高校野球も暑い中ご苦労様です。

ちなみに私も中学の時野球をやっていました。

情けないことに背番号も貰えないくらい下手糞でしたが練習はとてもきつく、一緒に野球をやった仲間とは今でも付き合いがあります。

一緒に何か大変なことをやり遂げた仲間って、年を取るにしたがって特別な親しみが湧いてきますよね。

これってお金では買えないものなんだろうなと思いました。

あまりにも練習がきつく一時は辞めることも考えましたが、あの時踏ん張って本当に良かったと思っています。

 

ところで麻雀川柳2013を見ましたか?

麻雀川柳なんてあったのですね。

最優秀賞に選ばれると「10万円の賞金とモンブラン社製筆記用具2万円相当」が当たるみたいです。

今年の最優秀賞は「ウーマンを ツモれず今年も 俺単騎」が選ばれたみたいです。

上手いですね。

この短い詩によく麻雀用語を2語も入れて可笑しく詠めたと思います。

惜しいのがウーマンが英単語という点ですね。

実戦では七対子のような手で赤五をツモれたら嬉しいですね。

 

 

それではDORA麻雀プレイ日記です。

クレジットカードで入金できなくなったり、ログインできなくなったりと最近トラブル続きなのか人がメッキリ少なくなっています。

本当は$4で打ちたかったのですが誰もやりそうもなかったので、仕方なく$8卓で打ちました。

2013.8.18d0

これが今日のメンツです。

見慣れないメンバーです。

まずはお手並み拝見といきますか。

 

2013.8.18d1

赤有り東風戦東三局一本場 東家45200点 南家17600点 西家(私)18100点 北家19100点

三人にほとんど点差は無く一人が独走状態です。

今ドラの三索をツモったところですが、あなたなら何を切りますか?

五索、八索、九索、七萬の四択だと思います。

 

2013.8.18d2

私は九索を選びましたが、何か違和感があるのですよね。

やや上がりから遠のいている感じがします。

実際にも二つのカンチャン(四索と七索)を引くのは大変だと思います。

前図では五索切りが自然だと思いました。

分かりにくい時はタンヤオのこともあり端の牌を切ってしまうのですが、かえって牌効率を悪くしてしまうことがあります。

こういうところが未熟なのですよね。

 

2013.8.18d3

結局直後にリーチを掛けられ、八萬をツモってくっついたのは良かったのですが、それゆえに八索を切らざるを得なくなり一発で振り込んでしまいました。

これで一気に奈落の底に落ちました。

他家も惜しい手でした。

 

 

2013.8.18d4

赤有り東風戦東二局0本場 東家(私)25000点 南家25000点 西家33000点 北家17000点

チャンスです。

あなたなら何を切りますか?

 

2013.8.18d5

四索か七索を切ればシャンポンで張りますが、私はこの手をまだ伸びると見て三萬を切りました。

 

2013.8.18d6

その三萬を対家が喰い、直後に赤五索です。

いい流れです。

もしシャンポンに取っていたら相当上がりにくかったと思います。

 

2013.8.18d7

安目になってしまいましたが、親萬をツモることができました。

 

しかし結果は4、3、2着と振るいませんでした。

トップで降りるべき局面を無理して勝負にいってしまったのが敗着だったみたいです。

このメンツはそんなに甘い打ち手ではありませんでした。

今度は警戒しておかないといけませんね。

 

私も麻雀川柳を一首詠みます。

「DORA麻雀 どうして槓ドラ よくのるの」

kanndora

DORA麻雀の評判

こんにちは、DIOBRANDOです。

暑くて室内ではエアコンをガンガンに効かせていますけど、外に出ると一気に汗が噴出します。

エアコンばかりかけていると、かえって汗かきの体質になるのでしょうか?

 

さてDORA麻雀プレイ日記といきたいところなのですが、実はこの頃ほとんどDORA麻雀をやっていません。

私自身は結構やりたいのですが、先月あたりからDORA麻雀にクレジットカードで入金できなくなってから人がめっきりと減ってしまい、メンバーが揃わなくなってしまったからです。

システムの不具合ということらしいですが、昨日漸く改善されたみたいです。

 

長かったですね。

少しほっとしています。

私自身はNetellerを使っているために影響ないのですが、クレジットカード入金をしている人って意外に多いのですね。

なんで意外なのかといいますとクレジットカードでは入金ができても出金ができないからです。

いくら勝っても引き落とせないのでは意味がありませんからね。

引き降ろすことを考えると結局NetellerI-Banqを開設する必要があります。

 

DORA麻雀の代わりに連日のようにオンラインポーカーをやっていました。

ポーカースターズとエベレストポーカーで合わせて$200くらい負けてしまいましたが、独自の攻略法を編み出して$30ほど取り返しました。

常識を覆す誰も想像できない唯一無二の攻略法だと思います。

DORA麻雀ブログの趣旨とはかけ離れてしまうためここでは割愛しますが、人対人のゲームというのは攻略法は編み出せるものだと思いました。

なぜならコンピューターとは違って人のプレイには特徴があるからです。

自分の攻略法がどこまで通じるのか試しているところです。

 

さてDORA麻雀ですが、DORA麻雀にはいろいろと良くない評判があります。

今回はDORA麻雀の評判についてまとめてみたいと思います。

 

 

1、牌操作

DORA麻雀の牌操作に関しましては頻繁に話題になります。

私自身も牌には相当に偏りがあり、点差がかけ離れるように仕組まれているのではないかと思える時があります。

その方が場代を徴収する運営側としては儲かりますからね。

 

しかし意図的に牌を操作して、特定の個人に不利益を与えるということはないと思います。

そんなことをしても運営側は儲からないし、見つかったらライセンスが剥奪されてしまいますからね。

 

結論としましては、牌に偏りはあるけれどそれは皆平等に起こりえるものだと考えています。

 

 

2、コンビ打ち

DORA麻雀の現行のシステムでは、卓を選べるためにコンビ打ちをやろうと思えば正直できます。

私自身は被害に遭ったことがないためになんともいえないところですが、噂ではやっている人もいるみたいです。

 

しかし幸いなことにDORA麻雀には牌符が保存されています。

マイアカウントのハンド履歴より四人の牌を再生できますので、怪しいと思ったらすぐにDORA麻雀運営者に問い合わせてみて下さい。

コンビ打ちだと判断されましたら負け額は返金され、コンビ打ちをしたプレイヤーにはそれなりの制裁が下ると思います。

 

私は麻雀放浪記でコンビ打ちというものを知りましたが、積み込みやすり替えなどのイカサマ技ができなければそんなに簡単に上手くいかないと思っています。

差し込むことはできそうですが、それでも点の横移動です。

 

これも私の見解ですが、もしコンビ打ちをやるとしたらそれは四人麻雀だと思います。

三人では出所が一人しかいないため打ち込ますのが大変ですし、その人にツモられてしまったら二人で凹んでしまうからです。

多分皆が考えている以上にやりにくいと思いますよ。

 

 

3、過疎

DORA麻雀は現在かなり人が少ないです。

先々月辺りからクレジットカード入金ができなくなりまして、過疎化が一層進行しました。

しかしこのトラブルは昨日解消してDORA麻雀の過疎化に歯止めが掛かりそうです。

 

オンラインでお金が賭けれる麻雀を打てるサービスは他に代わるものがありませんので、好きな人はやはりやり続けるし、これからも入ってくると思っています。

現に私自身もDORA麻雀か天鳳かと言ったらDORA麻雀の方をやってしまいます。

やはり真剣味とスリルが全然違うのですね。

 

 

4、回線落ち

この症状はノートパソコンの場合によく起こっていました。

デスクトップに替えたらほとんど起こらなくなりましたが、それでもたまに起こる時があります。

回線落ちしたと思ったら、自分の卓を一旦退出して他の卓に入りまた戻ってみて下さい。

復活していると思います。

 

 

5、クレジットカードで入金ができない

これは先に述べましたようにできるようになりました。

しかしクレジットカードでは出金ができないので、いずれはNetellerI-Banqの口座を開設する必要があります。

I-Banqの方が口座開設は簡単ですが、ある程度まとまった金額を引き出すならNetellerの方が得です。

 

 

以上がDORA麻雀の評判と私の見解になります。