麻雀の運と流れ

こんにちは、DIOBRANDOです。

 

突然ですが質問です。

あなたは麻雀の一局一局は独立していると思いますか?

 

私は迷信じみたものは嫌いで、できるだけ科学によって考えるタイプで、そう考えると一局一局に関連性はなく独立していると考えるのが普通で、ポーカーも「引きの強さや流れ等はなく、あくまで確率の問題。」と言われています。

 

しかし私は麻雀だけは神がかっており、どうしても一局一局が独立していいるとは考えにくいのです。

 

結論から言ってしまえば、「麻雀は超全的な作用が働き一局一局は独立していなく関連性があり流れがある。」というのが持論です。

これはリアルでもオンラインでも長年打って経験によって導きだされたものです。

 

しかし麻雀だけ、なぜこのような超全的作用が働いてしまうのか不思議です。

 

私は人間の深層心理が無意識のうちにこのような流れを作りだしてしまうという風に解釈しています。

生ある人間の第五感とは素晴らしいもので、これを最大限に駆使することができれば、いくら麻雀といえど取るに足らないゲームだと思います。

調子の悪い時はこれが逆用されて、わざと負けるような打牌を無意識のうちにしてしまうという風に捉えることはできないでしょうか?

逆に好調な時はこの逆の考え方ができます。

 

つまり麻雀の運と流れというのは「人間の幻想が具現化したもの。」なのです。

この場合の幻想とは人間の深層心理が作り出している軌跡のことです。

 

自分の深層心理を自分で演出してしまうのですから麻雀とは面白いゲームだと思います。

 

 

麻雀を勝手に解釈してしまいましたが、今日はこれに照らし合わせて見ていきたいと思います。

ではDORA麻雀プレイ日記です。

東二局2本場 リーチ棒1本 東家23800点 南家33000点 西家20200点 北家(私)22000点

北家から見た私の配牌です。

前局に3人にノーテンン罰符を払っている私は少し焦り気味で、この北をノータイムでポンします。

 

次に三筒をツモりましたが、あなたなら何を切りますか?

私は九索を処理しました。

 

しかしその後に索子がどっと入ってくるのでは流れがおかしいです。

九索切りは咎められませんが、次に索子をツモった段階で流れは索子にあると見て筒子を切っていくのが、流れが存在する麻雀ならではの発想だと思います。

 

間七筒をチーできてようやくテンパイしました。

カンチャンにするもシャンポンにするも確率は同じですが、私はシャンポンを選びました。

しかし・・・・

 

やはりこうですよね。

 

結局上家がツモってしまいました。

 

 

東一局0本場で開始早々の南家の私の牌です。

偉くいい牌ですが、あなたならどうしますか?

私はオーソドックスに七筒を切りました。

 

しかしなぜかこうなるのですね・・・・

赤五筒は泣く泣く切りました。

これも私の経験則になりますが、染め手を除いて最初から一色(この場合筒子)の受け入れを拒否するような打ち方は大体うまくいった試しはありません。

そう考えると前図の七筒切りでは一索のトイツ落としがバランスのいい打ち方なのかもしれません。

 

四索をツモってリャンカンにした後に四萬をツモってテンパイしました。

さてあなたならどうしますか?

私は出易さを考え四索を切ってリーチを掛けました。

 

しかしツモったのは五索で、その五索を追っかけリーチに振ってしまいました。

七索は完全にブロックされており、しかも裏ドラまで載せられてしまいました。

本当に勝てなくできています。

これまた私の持論になりますが、赤有りの時は少し出にくくても五待ちにした方がいい結果になることが多いです。

 

次に好調な時を見てみます。

これも東一局開始早々の局面です。

北家の私が三索をツモったところです。

私はノータイムで三筒を切りました。

 

そしてこの九萬をチーします。

 

好調な時はやはり出るのですよね。

 

人間の第一感というのは大体正しいです。

その通りに素直に打てばいいのに、考えた末に悪い方に手がいってしまうのは皮肉でしょうがありません。

神はどうも私を滑稽に演出させるのが好きなみたいです。

恥ずかしくて上がれない

こんにちは、DIOBRANDOです。

最近はポーカーにもすっかりハマってしまい、DORA麻雀と掛け持ちするような形になってしまいました。

昨日何気にハイステークスのテーブルを覗いていたのですが、ボードにK、J、5、T、Jと見えており最後のベッティングラウンドで一人のプレイヤーの$2000のベットに対して、もう一人のプレイヤーは考慮の末にコールしてショーダウンに応じました。

お互いにスタックは$20000以上でした。

最初のプレイヤーはA、Qと持っていてストレート、後のプレイヤーはJ、Tと持っていてフルハウスで、後のプレイヤーが$6000以上のポットを獲得するという場面がありました。

後のプレイヤーは星の数がスーパーノバ級で上級者なのは明らかなのですが、なぜ最後のベッティングラウンドでレイズしなかったのか不思議でなりませんでした。

しかし一晩寝て漸くこの疑問が氷解しました。

上級者は相手がK、Kを持っていることを警戒したのですね。

これだったら同じフルハウスでも負けですからね。

このスタックだったら、もしレイズしたとしてリレイズが返ってきたらバッドビート喰う可能性も出てきます。

納得すると同時に上級者は慎重なんだなと感心しました。

 

さてDORA麻雀プレイ日記に移りますが、先週言ったように$4/$2にレートを下げてみました。

しかしこのレートで東風戦ヨンマのプレイヤーって本当に少ないですね。

卓が立たずに一局もできなかった日もありました。

DORA麻雀は人が少なく、やりたいレートですぐに打てないところが欠点です。

DORA麻雀は現状では過疎り過ぎていますので、できるだけ多くのプレイヤーに入って貰いやりたいレートですぐに打てるくらいになって貰いたいです。

 

その晩もDORA麻雀常連のメンツでした。

hideさんいつもご苦労様です。

オーラスでhide0106と100点差トップ争いです。

 

そしてこの局面、牌がメチャメチャに良すぎて何を切ったらいいか迷いました。

ここで索子を切ってリーチを掛ける人はいないと思います。

私は一筒を切りましたがこれが本当に正しいかどうかは微妙なところです。

 

数巡後にテンパイしましたがこれでは少し惜しい感じもします。

先の局面で六筒か七筒を切るという選択はあったのでしょうか?

六筒の場合、五筒か七筒をツモれば三色が残ります。

七筒の場合、五筒か六筒をツモれば三色が残ります。

一筒の場合は二筒、三筒をツモれば三色が残りかつタンヤオが確定しますからこれがやはり最善だった気もします。

しかしこれでもタンピン赤3で親満は確定しています。

 

しかし二索をツモってイマテンしたhide0106に持っていかれてしまいました。

七萬を切ってリーチではなく、八萬を切ってタンヤオ確定シャンポンのヤミにするのは正しい打ち方だと思いました。

 

 

オーラスの二本場 東家33800点 南家6000 西家34600点 北家(私)25600点

東家のhide0106から今四萬が出たところです。

「上がれるけど恥ずかしいな。こういう終わり方ってするもんなのかな?」と思いました。

1着と2着を助けるようなものですからね。

よっぽど見逃そうと思ったのですが、点差が少し離れていたので溜めロン気味になってしまいましたが上がることにしました。

 

これは正しい判断だったみたいです。

手を開けてみたらこれだったので見逃していたら大変なことになっていたかもしれません。

しかしレートを下げても相手は変わらず、相変わらず勝てませんでした><

 

その日は珍しくチャットしながら打ちましたがとても楽しかったです。

hideさんbakabonさんどうもありがとうございました。

今度また打ちましょう。

 

最後ですが昨日DORA麻雀に障害があったらしくてログインできませんでした。

そこで今夜8:00お詫びのトーナメントがあるそうです。

その名はクラッシュトーナメント。

 

■クラッシュトーナメントA
賞金:$777
勝ち抜き:2名
上乗せ:$33
手数料:$0
参加上限500名
7/20 20:00開催

■クラッシュトーナメントB
賞金:$333
勝ち抜き:2名
上乗せ:$0
手数料:$0
優勝者総取り(←注目!!!!)
参加上限500名
7/20 20:00開催

■クラッシュトーナメントC
賞金:$222
勝ち抜き:2名
上乗せ:$0
手数料:$0
参加上限500名
7/20 20:00開催

 

A~Cまであり、お好みのものが選べます。

私は最近全然勝っていないのでクラッシュAで勝負を掛け、一気に取りかえそうと思います。

大三元の責任払い包(パオ)

こんにちは、DIOBRANDOです。

最近DORA麻雀の調子が悪く、とうとうトータル収支がマイナスになってしまいました。

兎に角よく負けるのです。

単純に運の偏りなのか、麻雀が下手になってしまったのか分かりませんが、昨日からレートを下げることにしました。

毎回毎回負かされるのではお金を湯水のごとく捨てるようなものですからね。

原因としては勝負にいくと頻繁に負けるため、次も当たるのではないかと弱気になってしまい、守り中心の麻雀で手が伸びないのです。

当たり前ですが、ゲームはやはり勝てないと面白くないですね。

調子悪いなと思ったらレートを下げるのも勇気だと思います。

しかし現実的には面白くなく一刻も早く元の$8/$16で打ちたいです。

 

ではDORA麻雀プレイ日記です。

いつものメンツで、よりによって私の一人沈みの展開です。

 

そしてこれが南家の私の配牌で、悪くは無いですが点差を考えるとほぼ終わっていそうです。

 

数巡後、対家のhide0106が今をポンして2枚目の四萬を切ったところです。

 

そしてまさかの四枚目の白を下家が喰わせてしまいました。

私はリャンシャンテンですが、もう上がる気はありません。

大三元には責任払いというルールがあり、三元牌を3枚喰わせてツモられた場合、最後の一牌を喰わせた人が全部支払うというルールがります。

これを包(パオ)と言います。

つまりhide0106がツモ上がりした場合、最後の白を喰わせた西家が32000点を支払うことになります。

しかも五萬も手出しなため好形のテンパイが予想され、それを期待できそうです。

そうすれば西家が一気にとんで私のラスは免れます。

しかしここで考えました。

九種九牌や流し満貫なしのDORA麻雀です。

果たして責任払いは採用されるのかということです。

兎も角振らないように打牌するしかありませんでした。

 

しかし意外にも上家が振りました。

 

これも強烈で2着だった東家が一気にぶっ飛んで終了です。

私は助かったもののそれでも3着です。

 

ところでパオのことですがDORA麻雀の公式ホームページのルールには記載がありませんでした。

滅多にないですからどうでもいいことと言えばどうでもいいことですが、一応DORA麻雀運営者に問い合わせてみることにしました。

 

「麻雀で勝てないと思ったら無理せずにレートを下げるのもまた勇気。」DIO

麻雀というのはアマチュアにとっては終生に渡る趣味であるため、調子が悪い時はメンタルコントロールが大切で、そういう時こそ一肌剥けるチャンスでもあり真の強さが問われるところでもあると思います。

麻雀とポーカーはどちらが稼げるか?

こんにちは、DIOBRANDOです。

最近はDORA麻雀だけでなくオンラインポーカーもやり始めました。

私が利用しているポーカースターズはDORA麻雀とは比較にならないくらい規模が大きいです。

DORA麻雀では先月タイガー(四人麻雀$192/$384)とパンサー(三人麻雀$192/$288)という超高レート卓が出てきましたが、ポーカーのハイステークスを見ていますと1ゲームで数千ドルが簡単に動いてしまい驚いてしまいます。

 

ポーカーは麻雀に比べると1ゲーム当たりの時間が短く、カードが悪くて勝てないと思ったら参加しなくてもよく、アクション時のベット金額を自分で調節できるため、麻雀よりスキルの差がでやすいと感じました。

麻雀の場合でしたら配牌が悪いから参加しないという訳にはいきませんからね。

ポーカーの方が麻雀よりも自由度的には高いです。

DORA麻雀で稼ごうと考えるのでしたら、ポーカーを勉強した方がよほど稼げると思いますよ。

 

ではDORA麻雀プレイ日記です。

麻雀は先週に引き続き不調の波を引きずっています。

 

赤有り東風戦三局0本場 東家25600点 南家25000点 西家(私)22400点 北家25000点

ほとんど点差がなく、今南家の四萬をチーして二萬を捨てたところです。

 

次いて白も喰い五索を切りました。

 

しかしその五索でヤミで張っていた親に放銃してしまいました。

全くの無警戒でした。

 

前局のオーラス 東家16700点 南家(私)12400点 西家33300点 北家37600点

逆転はほぼ不可能で、どこもいいところのなさそうな配牌です。

 

西家にリーチが掛かってしまったものも、ここまで形を作りました。

しかしここで痛恨のミスをしてしまいます。

ここは当然二索ツモ切りの一手で他に選択の余地のないところです。

 

しかし何を考えてたのか九索を切ってしまいました。

本当に遺憾で何でこんな打牌をしたのか今見てもムカつきます。

三色の可能性を自ら少なくするようなものですからね。

そして局面はこうなってほしくないというストーリーに展開してしまいました。

 

九筒、九萬と立て続けに入ってきました。

リーチの待ちは索子では無さそうですし、六索も通りそうです。

これなら九索は残しておけば良かったと後悔しました。

 

そしてここが最後のミスです。

点差を考え3着にくい込むことを考えるなら、ここは曲げるべきだったと思います。

 

七索は四枚とも握られていましたが、後は敷かれたレールの上を走るしかありませんでした。

上がったというよりも上がらされたという感じです。

 

発のみで上がって3位と700点差で逆転できずに終了というのも何か変ですよね。

好調な時はミスがミスにならず、例えばこの場合では九索を切っても6、7、8にまとまる方向に進行してくれるのですが、不調な時はミスというのは許してもらえないものですね。

 

「本当のミスとはミスした後に犯すミスである。」DIO