東風戦は東一局が特に大切

こんにちはDIOBRANDOです。

桜が綺麗ですね。

先週は決済の時期ということもあり、忙しくてあまりDORA麻雀をプレイできませんでした。

それでもやろうと、家に帰ってきてくたくたの状態でお酒を飲みながらやったらヒドイ目に遭いました。

いくら相手が目の前にいないネット麻雀と言えど、賭けてるのはお金ですからこんな状態でDORA麻雀をやるのは厳禁です。

後日牌符再生で見てみたら、随分とガードの甘い打ち方をしていました。

DORA麻雀ユーザーは基本的に強いです。

お酒を飲んでどうでもいい気持ちになっている時、DORA麻雀をやるのはお金をドブに捨てるようなものです。

こういう時は天鳳か雀龍門でやり、DORA麻雀をやる時は全身全霊を懸けて一打一打に全力を尽くして下さい。

 

まずは後悔の一局を見ていただきます。

親リーが掛かっています。

少々危険ですが、安牌も少なくここは八索を切りました。

これはしかたがないと思います。

 

次に一萬をツモりました。

四萬のゲンブツ切りの方が安全ですが、一萬をこのままツモ切りしていました。

しかしこれもそんなに問題ないと思います。

 

問題はこの局面です。

ソバで一番危ないところです。

この時は「まあいいか。」と思いこのままツモ切りしてしまいました。

 

しかしやはり放銃は免れませんでした。

ここは当然一萬切りで回し打つところでした。

多分しらふならこう打ったのではないかと思います。

ピンフ一翻の手で親リーに向かっていくところからして終わっています。

この後もミスを取り返そうとして、余計に無謀なことをしてしまいました。

 

結局最後までいいところがなくハコって終了です。

 

 

次に紹介するのは激ツモです。

DORA麻雀にはソフトウェアがそういう仕様なのか、有り得ないくらいツモがいい時があります。

東一局、開始早々親の私の配牌です。

これが以下のように変化します。

 

何と無駄ヅモなくテンパイ。

「また始まったか。」「ラッキー。」と思いました。

しかしこの局面は少し考えました。

先制リーチを掛けたいところですが、普通なら八索切りでイースーチーにしたいところです。

その方が一索か四索で上がれた時、ピンフが付くからです。

しかしこの時はなぜか四索を切ってリャンウーパーにしました。

直感です。

 

この直感は当たりました。

リーチ、一発、ツモです。

このように序盤で大きくリードすることができると後の展開が楽です。

 

後は振らない麻雀を心掛けていると、自然にこのような手が上がれます。

 

牌を明かしてみても、相手はそんなにまずい打ち手とは思えません。

好調な記しです。

結局このまま逃げ切れました。

 

今回の例を見ても分かると思いますが、東風戦は最初の一局が特に大切です。

東一局の結果がその後の打ち方に大きく影響しますので、開始の一局は特に慎重に打ってみて下さい。

麻雀上級者の上手い凌ぎの手筋

こんにちはDIOBRANDOです。

WBC惜しかったですね。

プエルトリコに3-1で敗れてしまいました。

もしドミニカがオランダに勝てば、カリブ海に浮かぶ諸島同士の決勝ということになってしまいますね。

 

さて先週もDORA麻雀をやりましたが、相手が強かったです。

やっていて気づいたことがありますが、自他共に鳴き上がりが非常に多いと感じました。

以下、上がり形の統計です。

リーチ  7局

ヤミテン 5局

鳴き   22局

 

これだけ上がり形の副露率が高いということは、四人麻雀東風戦(赤有)ではいかにスピードが重視されるかが分かるかと思います。

 

派手な手こそあまりありませんでしたが、麻雀上級者らしい渋い応酬が見受けられました。

渋い応酬というのは牌譜再生で見てみなければ分からないものですが、感心するような打ち回しがありました。

今回は少しが渋く麻雀上級者向けになってしまいますが、テーマは凌ぎです。

 

私ではないですが、親にリーチが掛かっている南家の局面です。

あなたならどう打ち回しますか?

ドラをポンしているため勝負をしたいところですが、並の感覚ならツモ切りしてし二索、八索のシャンポンにしてしまうと思います。

しかしこのプレイヤーは二索を切りました。

 

四人の牌を明かしてみると、これが正解だったことが分かります。

四索は親の当たり牌になっていますし、二索と八索は完全に抑えられています。

 

しかも数巡後見事に上がりきりました。

お見事でした。

このorchestraというIDのプレイヤーは以前にも何局か打っており強いプレイヤーだと認識しています。

 

 

もう一局紹介します。

これも私ではないですが、何気ないこの局面です。

オーラスでラスの状態で上がりの可能性は低そうです。

このプレイヤーは六萬を切りました。

 

四人の牌を明かしてみると対面が一、四筒待ちで張っていました。

しかも四筒ツモ切りなら高目三色でした。

 

上家に安手を上がらましたが一、四筒は最後まで抑えました。

これは上がられたと言うよりも、上がらせたと見た方が良さそうです。

これは見事な凌ぎだったと思います。

手牌の一、四筒は光っているように見えました。

 

このasajiro1というプレイヤーは、このこの一局は結局ラスでしたがそれはただ運が悪かっただけで相当な打ち手だと思います。

ラスを喰っているオーラスなら普通なら暴牌してしまいそうですからね。

ましてオンライン麻雀なら尚更のことです。

渋いですがこう言ったところに返って強さが表れています。

DORA麻雀はお金を賭けるだけあって、プレイヤーのレベルが高いというのが分かるかと思います。

物凄い筋の悪い喰い仕掛け

こんにちはDIOBRANDOです。

先週は2着が多かったような気がします。

大きくは増えないものの少しだけバンクロールを増やすことに成功しました。

麻雀を投資と考えるなら、これくらいが丁度いいのかもしれません。

 

細かいことは省いて、この局面あなたなら何を捨てますか?

単騎待ちだととても出にくそうなので、私は一萬を切りました。

 

数巡後、ここでチーします。

三萬が場に3つも出てしまっているため、打六萬とし二萬、五萬待ちにしました。

 

次に下家から上がることができました。

この捌きは上手くいったと思います。

 

次に見て貰いたいのは以下の手順です。

西家の私の配牌ですが、赤とドラはあるものの典型的なクズ手です。

この局は一回も上がりがなく20500点で同着2位で、オーラス前だったので何とか上がりがほしいところでした。

普段はまずやらないような強引な仕掛けをしました。

 

上家の八索をチーしました。

強引な筋の悪い仕掛けです。

ちなみにはっきり言って、こういう仕掛けをするのは下手くそです。

DORA麻雀ではまずカモと考えていいでしょう。

まだ一局残っているため無理に上がりに向かう必要はどこにもありません。

純チャンを目指して結局は、降りに回る牌姿だと思います。

この時はなぜかやってみたくなったのです。

東か発を被らせるか純チャン狙いです。

 

数巡後、少し手が進みここで九萬をポンし打八萬としました。

 

七筒をツモった後、一筒をポンし西を切りテンパイしました。

 

最後の一索をツモりなんとか上がり切ることができました。

純チャンのみのたった二翻だけの手ですが妙に印象深くここで紹介することにしました。

しかし、これはたまたま上手くいっただけで実際にはやらない方がいい仕掛けです。

 

次に紹介するのはこの局面。

親でトップですがリーチに対して危なそうな牌をツモりました。

九索もそんなに安牌ではないのですが、ここは九索で勝負しました。

 

次に何とどんぴしゃでツモりました。

 

牌符履歴を確認したら三筒はリーチの待ち牌でした。

これは好調でした。

 

最後に紹介するのは以下の局面です。

南家で断トツのオーラスです。

序盤の四索に目が行ってしまい七索を切ってしまいました。

 

まさかの当たりでした。

上手く引っ掛けられてしまいましたが、当然ここでは七索よりも先に切るべき牌はありました。

これで一気に逆転されて2位になってしまいました。

勝てるべき局を落とすというのは辛いですが、最後まで油断してはならないといういい教訓でした。

麻雀は終わるまで「勝った。」と思ったらいけませんね。

リーチを掛けないヤミテンの有効性

こんにちはDIOBRANDOです。

最近DORA麻雀が中々好調です。

昔の負けを大分取り返しました^^

昔と比べて打ち方の面で大きく変わったところは、ほとんどリーチを掛けなくなったところです。

あくまで私個人の見解ですが、どうもリーチというのはツモれる自信が無い限りは掛けない方がいい感じがします。

逆に追っかけリーチは有効な気がするのが微妙なところです。

 

リーチに対しては警戒する人でも、ヤミテンに対して警戒する人はどうも少ない、というよりほぼ皆無のような気がします。

一色傾向のような捨て牌に特徴があればともかく、基本は自分の牌を上がりに向かうように打ってくるので余れば自然に出てきます。

 

リーチを掛けないと少し手が安くなってしまいますが、調子がついてきてそれがボディーブローのように効いてくるのです。

相手からしてみれば厭な打ち方だと思います。

 

リーチを掛けないで裏目に出ることもあります。

例えばこの局面。

四人の手をオープンします。

もう牌山が少ないため打一索としてヤミに構えます。

 

次の巡に上家から九索が出ますがこれでは上がれません。

 

次に二萬をツモましたが止まらずに放銃です。高め三色なのがまた面白くないところです。

hideってひでー野郎ですね。

問題はリーチを掛けていれば上家の九索は止まったかどうかですが、三面チャンなら勝負した可能性も高いと思います。

 

最後にDORA麻雀の牌操作と思われるような、万が一にも絶対に有り得ない激ツモを御覧いただきます。

 

これが親の私の配牌です。これが以下のように変化します。

 

なんと無駄ヅモ無く純チャン三色のテンパイです。

これには呆れて笑ってしまいました。

ちなみに純チャン三色は私の一番好きな役でもあります。

 

数巡後メタルキングから難なく上がれました。

やはり純チャン三色は美しいですね

 

安いヤミテンを連続で上がると自分に確率変動を起こしやすいのがDORA麻雀です。

通常の麻雀では絶対に起こりえないことが起こりますので、それをいい意味で自分に起こさせるのがDORA麻雀で勝つ秘訣だと思います。