オンライン麻雀賭けサイトDORA麻雀

等ブログは実践日記も踏まえまして、オンライン麻雀賭けサイトDORA麻雀を命一杯レビューしてきましたが、ここら辺でもう一度分かりやすくコンパクトにまとめてみようと思います。


DORA麻雀とはイギリスに本拠をおくEntserv Asia limited社が運営する麻雀サイトです。

他のオンライン麻雀サイトと違うところは、お金を賭けてプレイできる点です。

 

麻雀店摘発事件などがありました日本では、そもそも利用自体が違法なのではないかと考えられているかもしれませんが、運営側がライセンスを取得している(DORA麻雀サイト運営国では合法)のと、インターネットではサイト利用者はそのサイト運営国の法律が適応されるという点から違法ではありません。

これは日本人がラスベガスに旅行して、カジノで遊んでも日本の法律で罰せられないのと一緒です。

DORA麻雀が危険だと考えている人も、恐らく法的な観点からそう考えられているではないかと思いますが、日本の法律では海外のサイトを利用したオンラインギャンブルを規制する法律はありません。

 

しかしグレーゾーンと言えばグレーゾーンです。

日本ではDORA麻雀利用者は、オンラインギャンブルに関する法律が今後どのようになっていくのか注意しながら自己責任でプレイして下さい。

 

以下DORA麻雀に関して項目ごとにまとめておきます。

 

ソフトウェア:独自開発系でMacに対応しています。

 

麻雀の種類:三人麻雀と四人麻雀があり、それぞれ一局のみ、東風戦、半荘とがあります。赤ドラは有りとなしが選べ、三人麻雀は北ドラ有りです。細かいルールは公式ホームページより御確認下さい。

 

入出金:DORA麻雀で現金を賭けてプレイする場合DORA麻雀に入金する必要があります。通貨は$です。引き落とす時も当然DORA麻雀から出金しなければなりません。入金はクレジットカードが使えますが、出金には対応しておらずNETELLERI-Banqかマネーブッカーズの口座を持つ必要があります。詳しくはDORA麻雀入出金をご参照下さい。

 

レートと清算法と場代:レートは無料/$0.5/$1/$2/$4/$8/$16/$32/$50/$64/$100/$128があります。例えばレート$4の卓でプレイするならば最低でも$8が入金されていなければできません。この卓でプレイすると$8が保留の状態になります。$8のうち$4が点数によって動く分で終了時に原点だったら動きません。ハコですと最大で$4を失います。残りの$4は順位で動く分です。四人麻雀なら1着+$4、2着+$2、3着-$2、4着-$4となります。三人麻雀なら1着+$4、2着±$0、3着-$4となります。これらが終局後自動精算となります。場代はDORA麻雀運営側に支払う金額で、自動精算される時その中から10~15%引き落とされることになります。

例えば$128のレートで4着でハコだった場合、保留の$256全てを失うことになります。$1が90円だとすると大体2万3千円になります。為替相場も参考にして下さい。

DORA麻雀のアカウント作成料や月額手数料といったものは一切ありません。

 

トーナメント:DORA麻雀には定期的に開催されるトーナメントがあります。有料と無料のものがありますが、有料のものは参加人数も少なくて賞金も高額になる傾向があります。しかし無料のものでも賞金総額が$1000を越えるものもあります。

 

以上がコンパクトにまとめたDORA麻雀のレビューになります。

赤有り四人麻雀東風戦の稼ぎ方

今日は赤有り四人麻雀東風戦の稼ぎ方について紹介したいと思います。

三人麻雀は運の要素が強く、四人麻雀より実力差を反映させるのが難しいです。

特に北ドラと赤ドラが導入されてから益々その傾向は強くなりました。

麻雀自体、運の要素が強いため四人麻雀でも一人のバカヅキを食い止めるのはなかなか難しいです。

DORA麻雀のソフトウェアはなぜか一人に集中していい手が入る傾向があるため、それは特によく当てはまります。

しかしその不運な部分を他の三人で背負える分、二人で背負うよりかは大分負担が軽減するのです。

また赤ドラがあるとそれを生かしたテクニックを使えるため、なしよりかは個人的には稼ぎやすいと思います。

DORA麻雀では赤有りでは赤五筒が2枚、赤五萬が1枚、赤五索が1枚入っています。

では具体的にどうするのかを紹介します。

 

1、配牌を見て積極的に上がりに向かうかどうかを決めます。

例えば東一局でこのような配牌の時は、赤が2枚も入っていて喰いタンも狙いやすいため積極的に上がりに向かいます。

場合にもよりますが基本的に東風戦はスピードが命ですから翻は落としてもスピード重視で上がりに向かいます。

 

2、喰いタンを有効に活用する。

赤有り東風戦はハッキリ言って喰いタンの勝負といっても過言ではありません。

赤やドラがあって喰いタンで早上がりを狙えそうなら積極的に活用します。

 

3、リードしている場合、相手のリーチに対しては振り込まないことを優先的に考える。

これも結構重要で、振り込むというのは上がるのと同じくらいの負のデメリットがあるため、打ち回しというのはどうしても必要になります。

場合によってはテンパイをくずして降りる覚悟も必要です。

 

4、リーチはできる限り掛けない。

リーチを掛けるとどうしても出が悪くなるだけでなく、打牌の選択ができなくなるため、基本的には満貫以下の手でツモれる自信のある時しか掛けません。

四人麻雀では欲張らずとも満貫もあれば十分です。

逆に三人麻雀の時は、ツモの割合も高くなるためリーチは有効な手になります。

 

5、バカヅキの人が出たらその人には逆らわない。

バカヅキの人が出たらその人には逆らわず、2着なら2着をキープ、3着ならラスを取らないようにできるなら2着を狙いに、ラスならラスを免れるような麻雀を目指すといいです。トップを取りにいこうとすると逆にもっと痛い目を見ることが多いです。

 

他にも細かいテクニックはあるのですがこの5つを守って打つと低レートの卓では大体勝てます。

 

 

まずは喰いタンのテクニックを紹介します。

喰いタンに限らず鳴く時は、できる限りペンチャンやカンチャン、シャンポンで喰い待ちはリャンメンの形を残すようにします。

上の例ですが、この時はまだ形が決まっておらず喰いタンの余地はあるのですが見逃します。

 

八萬を引き上がり形が見えてきましたのでここでチーをします。

 

下家もどうやら喰いタンみたいです。ここで八索をチーします。

 

ここでも当然ポンをし打三索としてシャンポン待ちにします。

 

こうして序盤の早い段階で上がり切ることができました。

このような早い段階の上がりはペースを掴むことができ、次の局の配牌もいい手が入る傾向がります。

 

 

次にリーチです。

リャンメン待ちですが一筒ですと役無しです。

こういう場面はリーチを掛けます。

逆にタンヤオでも確定していたら赤、ドラ3なのでリーチは掛けません。(逆転を狙いにいくときはその限りではありません。)

 

赤五筒を2枚も引いてしまいましたが無事に高めをツモりました。

これで倍満です。

このように赤有り麻雀では大物手も簡単に上がれてしまうため、リーチに対する振込みがいかに大きいかが分かるかと思います。

女衒打ち

むこうぶちDVD第六作の女衒打ちを観ました。

巧みに卓上を支配する麻雀の打ち手でもありながら、NO1ホストを目指すふかみ(城咲仁)が傀(袴田吉彦)と勝負をします。

この勝負にはふかみの店のマネージャーへの昇格が賭かった大事な一戦です。

このDVDを観る前までは私は正直ほとんど自分の手牌を中心に見て麻雀を打っていましたが、このふかみの捨て牌から相手の手を推測して誰に打たせて誰に上がらせるといった場の進行を支配するような打ち方には「なるほどこういう打ち方もあるんだな。」と妙に感動しました。

しかし傀の前では、そのふかみですらもほんの一部を支配していただけに過ぎなかったみたいです。

結局ふかみは傀の「ご無礼。」の掛け声の前で敗れ去り、全てを失いましたが終わり方が実に感動的でした。

こういった男の勝負に花を添えるような演出っていいものですね。

女衒というと麻雀放浪記の女衒の達を思いお越しますが、女衒と麻雀って何か近いものがあるのでしょうか?

「フリーの客を育てていくのが水商売の鉄則。麻雀打ちもホストも一緒だ。勝って喜んでるような者は子供。プロじゃない。」と言ったみねの言葉が非常に意味深長に響きました。

暗刻戦チケット全員に漏れなくプレゼント

こんにちはDIOBRANDOです。

今日は朗報です。

先日DORA麻雀管理者から、これからDORA麻雀を始められる方に有料トーナメント暗刻戦のチケットを手配していただける権利をいただきました。

 

賞金総額$111

参加料$10

暗刻戦とは毎週第一、第三、第五火曜日の23時に開始される定期トーナメントです。

暗子戦では四人麻雀で勝ち抜きは1名ですが、賞金は上位プレイヤーに分配されるので賞金獲得のチャンスは増えます。

特徴としましては、比較的高額な有料トーナメントなだけに参加人数が極端に少ないです。

例えば2013.2.12(火)23:00に開始される暗刻戦の登録状況は、これを書いている2013.2.10(日)12:00の時点でまだたった1人です。

最終的には12名でした。

 

DORA麻雀のトーナメントのルールは、親継続もなしで一回戦がたった四局で終了してしまいます。

喰いタンあり、喰い替えあり、後付けありです。

 

このチケットを無料でゲットできる資格がある人は2013.2.6 0:00以降、当サイト経由でDORA麻雀に申し込まれた方全員が対象となります。

 

手順は以下の通りになります。

1、DORA麻雀に登録しソフトウェアをダウンロードしてアカウントを作る。(3分もかかりません。)

2、トーナメント期間1ヶ月以内に開催される暗子戦の『無料チケットメール』が届く。

3、参加者は$10を支払いトーナメントに参加する。

4、トーナメント終了後、参加費用の$10は返金される。

 

暗刻戦の登録の仕方は以下の通りです。

DORA麻雀のソフトウェアにログインしトーナメントの暗刻戦をクリックします。

 

暗刻戦の詳細が出てきますので登録をクリックするだけです。

 

開始1分前にはソフトウェアを立ち上げておいて下さい。

時間がきましたら勝手に卓に移動します。

 

この機会を逃さずに賞金をゲットして下さい。

 

一つアドバイスですがDORA麻雀には無料のトーナメントもあります。

例えば上の画像では$10Freeroll Warm-upというのがそうです。

参加料がハイフンになっているのが全てそうです。

これらのものに一度参加されて、DORA麻雀のトーナメントを一度経験されてから暗刻戦に望むといいと思います。

DORA麻雀はどれくらい稼げるか?

DORA麻雀に興味のある方の中には、DORA麻雀っていったいどれくらい稼げるのか?と考えられてる方もいると思います。

今日はその問いに対してお答えしようと思います。

天鳳で2段の腕前を持つ私自身が、DORA麻雀を本気でやり込んだらどういう結果になるのか自分でも興味ありました。

今週はありとあらゆる時間を使い、とにかく一局でも多く打とうとしました。

まずはハンド履歴から御覧下さい。

全てレートが$4/8の四人麻雀東風戦の卓です。

実によく打ったと思います。

とても疲れました。

頭が沸騰しています。

黒く反転されている列が私が上がった局です。

全部で188局打ちました。

そのうち上がった局は49局でした。

いい割合だと思います。

その次に明細です。

一番最初に$66.79だったのが最後は$92.93でした。

+$26.14でした。

東風戦が31回でした。

つまり天鳳で2段の腕があればそこそこは稼げるみたいです。

赤ドラあり麻雀のリーチ掛け平均点数

今日は赤ドラあり麻雀で、リーチを掛けた時の平均点数を調べてみました。

24000
2600
3900
8000
3900
12000
2000
7800
8000
5200
18000
12000
11600
2000
5200
16000
2600
12000
18000
7800

これが最近20局の赤ドラあり麻雀でリーチを掛けた時の点数です。

親も子も区別なく混ざっています。

獲得リーチ棒と連荘棒は除きました。

平均点は9130点となりなんと子の満貫を越えます。

DORA麻雀の赤有り四人麻雀ですと赤五筒2枚、赤五萬1枚、赤五索1枚が入っていますが、たったこれだけでリーチ平均点数が9130点もいってしまいます。

大雑把な計算になってしまいますが、自分の手が満貫以上でないと勝負する時、振り込むリスクの方が高そうです。

DORA麻雀の適正レート

何事も適正レートというのは存在します。

例えば$100しか資金がなくて、いきなり$50/$100の卓で打つ人はいないと思います。

ではDORA麻雀の適正レートはどれくらいなのかについて書いてみようと思います。

個人的にはそのテーブルで最大動く金額の1/10以下がいいと思います。

 

具体的には$100に資金だったとすると$4/$8のレートがちょうどいいと思います。

これだとハコラスを喰ったとしても$8までしか減りません。

 

これでやり続け最初の資金の2倍になったらレートも倍にすればいいと思います。

逆に半分を切ってしまったらレートも1/2にすればいいと思います。

 

しかしいくら資金が半分になってしまっても、レートを下げるということはなかなかできないんですよね(笑)

赤ドラ有り麻雀の攻略法

今日は赤ドラ有り麻雀の攻略法を書いてみようと思います。

DORA麻雀は四人麻雀、三人麻雀共に赤ドラ有りと無しを選べます。

赤ドラ有りだと赤五筒が2枚、赤五索が1枚、赤五萬が1枚になります。

 

当然赤ドラ有りでは赤ドラを生かすような打ち回しが必要となり、中央に寄せるような打ち方が基本となります。

そのため自然と喰いタンも、より効果を発揮してきます。

手役よりもスピードと好形のテンパイを優先する打ち方の方が功を奏します。

 

また当然平均的な上がり点数も赤ドラ無し麻雀に比べると高くなるため振り込みにも要警戒です。

基本的には四人麻雀であれば、赤ドラ有りだと無しの場合よりも降りる頻度は高くなってきます。

 

赤ドラが入るとちょっとした手でもすぐに大物手に化けてしまうので、攻めるのか降りるのかの判断がとても重要です。

赤ドラ有り麻雀は赤ドラ無し麻雀とは似て非なるものです。

後は感覚を磨いていって下さい。

運が悪いと感じたら無理にリーチしない

麻雀に運・不運は付きものです。

これはやっていると分かると思います。

不運な時というのはどういうわけかテンパイしても上がれないものです。

待ち牌を他家に抑えられていることが多いです。

このように感じたら基本的には2着を狙いにいくといいです。

テンパイしてもできるだけリーチを掛けないで自然に上がるように持っていきます。

 

例えば以下の流れで麻雀が進行しました。

東風戦です。

東一局 親番にも関わらず私から二つ喰われて四巡目に早くも南家に2000点の振り込み

東二局 私がリーチ、裏ドラ1の安目2600点を東家から上がる。

東三局 北家がリーチドラ2の5200点を南家より上がる

東四局 親が中ドラ1の1000オールをツモる。

東四局一本場 親がリーチのみの手を北家から上がる。リーチ棒が3本出ていたため5300点の上がり

東四局二本場 親が中ドラ1の2900点+二本場の600点を西家より上がる

ここまでで持ち点は東家29600点、南家(私)24600点、西家25100点、北家20700点

こんな流れで東四局三本場を迎えようとしています。

どう見ても私に運が向いているとは思えない流れです。

 

東四局では配牌がよく一巡目にして早くもピンフのイーシャンテンです。

四巡目に早くもテンパイしました。

しかしこんな時はリーチを掛けません。

この場合は1000点の手でも逆転して2着になれるため敢えてヤミテンに構えます。

リーチを掛けると自滅するのを経験で感覚的に分かっているからです。

五巡目に東家が北家の捨てた八萬を喰い、捨てた六索で私が上がります。

 

牌を暴いたらやはり待ち牌が大量に抑えられていました。

しかしこれで2着に食い込むことはできました。

運が向いていないと思ったら消極的かもしれませんが、無理に1着を狙うよりかは2着を狙いにいく打ち方をするといいです。

DORA麻雀の場合は賭け麻雀ですから特にそれが当てはまります。

リーチのバリューを最大限に引き出す一発と裏ドラ

私は基本的にあまりリーチを掛けるタイプではありません。

翻は落としてでもヤミテンで確実に上がる方が好みです。

リーチを掛けると手が変えられないというデメリットが大きく、状況の変化に対応しきれなくなるからです。

私がリーチを掛ける場合は大体以下の場合に限ります。

 

一、これ以上変化の余地がなくて序、中番でテンパイした時

二、リャンメン待ちでツモれそうな時

三、まだ誰もテンパイしている感じはなく先制リーチで相手に警戒を促したい時

四、勝負で一発逆転を狙いたい時

 

こんなところです。

役無しでテンパイした時などは回して打つことがほとんどです。

 

ただリーチを掛けるメリットに一発と裏ドラの権利があることです。

たまにですがリーチ、一発、ツモ、裏ドラ3なんていう場合もあります。

感覚的には四回もリーチを掛けると一回くらいは裏ドラがのる感じがします。

このようにリーチのバリューを最大限に引き出して上がることができれば嬉しいですね。

 

リーチを掛けると後は運の勝負になってしまうため開き直りも必要です。

 

このリーチというルールができて麻雀は日本ではやったそうですが、確かに麻雀を面白くする要素ではあると思います。

リーチは役の花形とも言えるでしょう。