九蓮宝燈と死の関係

九蓮宝燈は不吉な役満で、上がると死ぬと言われています。

これは本当なのでしょうか?

 

実際に私は九蓮宝燈は見たことはありませんし、勿論上がったこともありません。

役満でよく見かけるのは四暗刻と国士無双、大三元ぐらいですが九蓮宝燈に限ってはリャンシャンテンまでしか見たことがありません。

 

昔友達と卓を囲んだ時、私が安手でリーチを掛けました。

その時一人が「今回だけは邪魔をしないでくれ。」と言ってきたのです。

数巡後ツモってしまいましたが友人は九蓮宝燈のリャンシャンテンを見せてくれました。

一萬と九萬が3枚ずつありました。

リャンシャンテンでも見事だと思いました。

「お前死なないで良かったな。」と冗談を飛ばしたのを覚えています。

 

九蓮宝燈は麻雀放浪記でも出てきますが、上がった後は必ず誰かが死んでいます。

一巻の青春編では出目徳が上がった直後に死にました。

四巻の番外編では李億春が上がった後、相棒のガスが刺されて死んでいます。

 

この描写から九蓮宝燈が死をイメージさせる役満になってしまったのではないでしょうか?

九蓮宝燈と死は麻雀放浪記が生み出した妄想と言えるかもしれません。
一萬一萬一萬二萬三萬四萬伍萬六萬七萬八萬九萬九萬九萬

DORA麻雀上級者の打ち方

今日はDORA麻雀上級者の打ち方を紹介してみようと思います。

DORA麻雀には$100/$200という高レート卓もありますが、彼らがどういう麻雀を打っているのか観戦してみました。

 

動きがとても激しくて南家と北家が裸単騎にしています。

 

普通は字牌や端牌などの孤立牌で待ちそうですが六萬とはさすがです。

このクラスでは孤立牌はもう出ないと見て、このような待ちにしたのではないかと思います。

七萬はポンも含めて場に四枚出ているため、六萬はほとんど端牌に等しくこれなら確かに出てもおかしくありません。

 

次局もこの巡目にしてもうこれだけ晒されています。

いかにスピードを重視しているのかが分かります。

 

動く金額も半端ではないです。

 

上の方は次も勝たれていました。

これだけ勝てればDORA麻雀で生計が立てられるかもしれませんね。

真・雀龍門レビュー

 

最近雀龍門が新しくなったということで、試してみました。

一局しかやりませんでしたがグラフィックがとても素晴らしくBGMも悪くありませんでした。

DORA麻雀ばかりやっていますと、結構新鮮な感がして楽しむことができました。

牌をツモる時も動作があり、飽きさせないような工夫が施されています。

 

麻雀一色で余計な装飾がない天鳳ともまた大分違う感じです。

真・雀龍門はどちらかというとゲームセンターの麻雀に近いです。

 

しかしDORA麻雀をやってしまうと、どうしても緊張感が薄れてしまうのです。

勝っても負けても何も得られるものも失うものもありませんからね。

 

DORA麻雀の場合は四人麻雀ならどうしてもガードが固くなってしまいますが、この手の無料麻雀はかなり攻撃的に打ち回してしまいます。

一度お金を賭けたDORA麻雀をやってしまいますと、どうしても他のオンライン麻雀が本気で打てなくなってしまうのです。

ビンタ麻雀

むこうぶちにビンタと言う用語が出てきます。

私も長いこと麻雀をやっているのですがこれは初めて聞く言葉でした。

雰囲気から指しウマの一種というのは分かるのですが、実際にどういうものなのか調べてみました。

 

ビンタとは決められた額を下位の者が上位の者に払うという決め事で、原点が割れている場合、原点を越えている者に対しては特にその倍を払わねばなりません。

むこうぶち2鬼の棲む荒野では、横浜のマンション麻雀で傀が江崎とビンタ100万で勝負します。

 

 

この場合は以下の支払いになります。

1着(原点以上)

2着(原点以上) 1着に100万円の支払い

3着(原点割れ) 1着に200万円、2着に200万円の支払い

4着(原点割れ) 1着に200万円、2着に200万円、3着に100万円の支払い

こういうことになります。

更にレートとウマもありますから実際には東風戦一局で600万円以上の大金が動いていました。

私から見れば命を賭けているに等しいです。

オンライン麻雀とオンラインポーカーどちらが稼ぎやすいか?

今日はオンライン麻雀とオンラインポーカーはどちらが稼ぎやすいかについて書いてみようと思います。

結論から言ってしまえば「麻雀の腕次第で人によって違う。」ということになってしまいますが、麻雀初心者~中級者くらいまででしたら私はオンラインポーカーの方が稼げると思います。

 

麻雀の場合は勿論運による要素も強いですが、千変万化に富み状況による判断がとても複雑です。

こればかりは勉強して理解しきれるものでもなく、経験を積んでいかないことには身に付くものではありません。

 

一方、ポーカーの場合はそれほど変化は多くなく基礎的なことを学べばそれに当てはめてプレイするだけでも勝率は上がります。

 

ポーカーにはブラフで降ろすといった麻雀にはない要素もありますが、カードは全部で52枚(ジョーカーは除く)しか使用しないため、全部で136牌も使う麻雀に比べると一回のゲームにおける変化は限られます。

そのため正しいプレイをある程度パターン化することができます。

しかしオンラインで遊ぶほとんどのプレイヤーはそのことを知りません。

確率に反したプレイを結構してきます。

 

つまりポーカーを少し勉強すればそれが実戦に生かされやすく、何も知らないでプレイしている人と比べて実力差になりやすいです。

一方麻雀の方は相当にやりこまないと複雑な変化への対応を身に付けることができず、そうなるまでに時間が掛かりそうです。

三色同順に翻弄される

こんにちはDIOBRANDOです。

先日はリアル麻雀を打っていて、変な上がり方をしてしまいました。

へぼ丸出しなのですが折角なのでここで取り上げてみようと思います。

 

東二局北家で配牌は以下の通りでした。ドラは七筒です。

二萬四萬八萬三筒四筒七筒八筒一索一索二索二索三索中

一巡目で三萬をツモり打八萬としました。

二巡目で二筒をツモり打中としました。

その後四索をツモることに祈ったのですが、来ずに七巡目に八筒をツモりました。

二萬三萬四萬二筒三筒四筒七筒八筒一索一索二索二索三索八筒

こんなのはツモ切りが正解かと思いますが、何を思ったのかドラの七筒を切って一盃口のテンパイにとってしまいました。

さらに数巡後一筒をツモり打四筒と今度は1,2,3への変化を目指しましたが・・・・

二萬三萬四萬一筒二筒三筒八筒八筒一索一索二索二索三索

数巡後七筒をツモり打八筒とわけのわからない打ち方をしてしまいます。

そして次に六筒をツモりようやくテンパイ打二索としました。

二萬三萬四萬一筒二筒三筒六筒七筒八筒一索一索二索三索

場に一索は1枚切れています。

こうなると切った四筒がおしまれます。

数巡後に西家が四索を捨て上がりました。

正直あまり嬉しくなかったです。

むしろこのまま流れてくれた方がましでした。

手役に翻弄されて半端な打ち方をしてしまったと思います。

マンション麻雀とは?

昨日、むこうぶちを観ていたら「マンション麻雀」という言葉が出てきました。

マンション麻雀っていうのは、ようは貸しきった部屋でやる高レート麻雀のことです。

ハッキリ言って違法です。

高レートがゆえに堂々とはできないため貸しきった部屋で打つということです。

むこうぶちでは一局で何十万~何百万円もの金が動いていました。

 

こんな麻雀打ってしまったら働くのが厭になってしまうのではないでしょうか。

勝っても負けてもいずれにしろ破滅の人生を歩みそうです。

 

麻雀でお金を賭けるというのは遊びで興じる程度が丁度よく、過度だと麻雀という行為自体が怖いものに見えてしまいます。

 

麻雀のイメージがよくないのもきっとこういったところからくるのではないでしょうか?

 

ちなみにDORA麻雀の最高レートは$128/$256でした。

日本円にすると大体1万円/2万円といったところです。

高レート裏麻雀列伝

今日は高レート裏麻雀列伝を見た感想を書きます。

 

 

麻雀映画としては悪くないと思いました。

個人的には麻雀が終了した後に大金が動くところが好きです。

 

しかし原作者はこの作品に何を主張したいのかイマイチ分かりませんでした。

また主人公の傀のむこうぶちは一体何者なのか最後まで分かりませんでした。

むしろ最後に借用書を取り返した高田の方が主人公のように見えました。

 

紅一点の及川奈央はとても美人でこの映画に華を添える役割を十分に果たしていたと思います。

 

多額の借金を抱えたまま自殺に追い込まれた町工場の社長は、この時代も含めてこの世界の厳しさを十分にアーピルする役割を果していました。

 

卓に牌を叩きつける「御無礼」のリアクションは麻雀ファンならカッコイイと思うシーンだと思います。

 

麻雀店摘発事件より雀荘はどんどん減ってきている中、このような世界は麻雀ファンを刺激するには十分だと思います。

ゲームセンターの脱衣麻雀で天和を喰らった経験

今日は天和について書いてみようと思います。

私自身、天和という役満は何かインチキ臭いイメージがあります。

本当にこんなのイカサマなしで上がることができるのでしょうか?

 

現実的に考えると決して不可能なものでもない感じです。

たまにダブルリーチも見ますが、あれがあと一牌揃っていれば天和なのです。

ダブルリーチを100回見れるくらい数をこなせば一回くらいは天和になりそうな気もします。

 

ところでこの天和なのですが私は昔ゲームセンターでやられたことがあります。

近場のゲームセンターで遊んでいたのですが、脱衣麻雀をやろうと50円玉を入れ相手を選択し牌が配られた瞬間に「ツモ・天和」を上がられたことがあります。

唖然でした。

 

もし現実で天和を上がられたら相当に気力を失うと思います。

天和とはそれだけ相手に脱力感を与える役満です。

私なら多分やめて帰ってしまうのではないでしょうか。

DORA麻雀って本当に稼げるの?

こんにちはDIOBRANDOです。

今日のテーマは「DORA麻雀は実際のところ稼げるのか?」です。

私はDORA麻雀で1年以上遊んでいますが正直言って稼ぐのはかなり大変です。

ハイレートでやるとプロなんじゃないか?と思うくらい強い相手にあったたり、ローレートでやると動く金額も少ないため思うように稼げません。

実際のところはトントンよりやや負けてるくらいです。

更に場代もありますのでそれも考慮しますと5回に3回は勝たないとブレークイーブンができない感じがします。

つまりDORA麻雀で稼ぐには5回に4回は勝たねばならないことになります。

勝つというのはこの場合は1着か2着になるということです。

1着か2着だった場合は勝ち金が入ってきますので収益が+になります。

5回に4回勝つというのはかなり大変なことではないでしょうか?

これも推測ですがDORA麻雀ユーザーで稼いでいる人は全体の2割くらいのような気がします。

またいくら麻雀上級者でも相手も上級者ならトントンの勝負になってしまうということも忘れないで下さい。