運による麻雀の勝敗

こんにちはDIOBRANDOです。

年の暮れどのようにお過ごしでしょうか?

人によっては31日まで頑張って働いている人もいるかと思います。

取り敢えず今年一年お疲れ様でした。

 

大晦日というのにDORA麻雀結構人が入っていますね。

それではいってみます。

 

東二局 東家25000点 南家33000点 西家25000点 北家17000点

これが四人の配牌です。

先程上がった南家が一番有望そうです。

 

この麻雀はツモに恵まれた北家が一発でツモ上がりしました。

特にこれといった注目すべき点は見当たらず、これも他家から見たら不可抗力といったところです。

 

麻雀は腕と運が勝敗を左右しますが、これは典型的な運によるものです。

今年はこんなサッラとした一局で幕を閉じたいと思います。

それでは良いお年を。

不思議なアンカン

こんにちはDIOBRANDOです。

今年も、後やることといえば年越し蕎麦を食べることぐらいになりました(笑)

ではいってみます。

 

東一局0本場です。

前回と同じメンツで四人の配牌です。

親の配牌が良さそうです。

 

前局負けたので、少しカッカしていて2巡目から筋の悪い喰い方をしてしまいます。

数巡後、大分手が進んだ局面です。

西家が張ってます。

親が今、七萬をツモってきたところです。

ここで何を思ったのか、七筒をカンしました。

 

その後、フリテンでテンパイするもやはり最後には振る運命でした。

しかたのない放銃だと思います。

しかし先程七萬をツモったところでどうして八萬を切らなかったのか不思議です。

操作ミスということなのでしょうか?

取り敢えず西家が8000点を上がりました。

$125のお年玉カップ

もう年の暮れです。

来年早々は$125のお年玉カップがありますから見逃さないで下さい。

では早速いってみます。

 

東四局1本場 東家31800点 南家11200点 西家22500点 北家33500点 オーラスです。

これが配牌です。

東家と北家にチャンスがありそうです。

三着と四着の南家と私にはもうチャンスはなさそうです。

 

この局面で東家は二筒をポンしました。

しかし私なら絶対にしないと思います。

 

数巡後、今度は北家に注目です。

ここは七萬を切りそうですが北家はテンパイに取らず、三索を切ってきました。

 

大分進んだ局面が勝敗を分けます。

私は南家のリーチに対してトイツ落としの西を切りましたが、ヤミテンで手替わりを待っていた北家に振り込んでしまいました。

最終順位は、CROWN777が36100点でトップ、tsubataが31800点で2位、私が22500点で3位、orchestraが11200点で4位でした。

この東風戦を振り返ってみて、相手の3人は用心に値する相手だと思いました。

暴牌

今夜11::00頃、総賞金額$2012の今年最後のラストトーナメントが開催されます。

無料ですので振るってご参加下さい。

DORA麻雀に登録するだけなら5分も掛からないのでまだ間に合います。

さて今日もいってみます。

 

東四局 東家25000点 南家18000点 西家22500点 北家33500点 オーラスです。

これが配牌ですが、親にチャンスがありあそうです。

 

親は早くもイーシャンテンです。

八索をツモってきたみたいですがあなたならど打ちますか?

私なら、345の三色が見えてるのでこのまま八索をツモ切りしたいところですが親は五索切りの選択をしました。

 

ここは私の選択の方が正しかったみたいです。

 

北家の六索をチーしますが、これは正しい判断だと思います。

 

私の方もテンパイしたのでリーチの勝負に出ます。

 

南家は赤五索をツモりましたが、私なら間違いなく南を落としていたと思います。

しかし二萬切りで勝負がついてしまいました。

少し暴牌気味だったと思います。

これで親はリー棒も含めて6800点の収入です。

これで私自身も厳しい立場に追い込まれてしまいました。

一鳴き

こんにちはDIOBRANDOです。

このブログを立ち上げてから半年以上経ちましたが、その間に大分ソフトウェアのリニューアルがありました。

ここら辺でもう一度DORA麻雀について、新しく徹底解説マニアルを作成しようと思います。

では今日もいってみます。

 

東三局 東家34500点 南家25500点 西家18500点 北家(私)21500点

これが配牌です。

西家と私の配牌が一番上がりに近そうです。

 

私は普段あまり一鳴きすることは少ないですが、どうしても上がりが欲しかったので序盤から積極的に喰い仕掛けでいきました。

西家もそれに追随する形です。

 

西家はトイトイに変化してます。

そして東家は大分手が進んでいますがこのツモは私にとってはラッキーでした。

一索を切ってその一索を私がポンすることができたからです。

 

数巡後にツモりました。

 

この局は特に振り返るようなことはありませんでしたが、気になったのが南家の打牌です。

字牌を握っているところなど、もう上がりを諦めて降り打ちしていることが分かります。

結構したたかな相手です。