このエントリーをはてなブックマークに追加

天鳳の牌符再生歴を見てみよう

こんにちはDIOBRANDOです。

麻雀が強くなりたいと思うのは、麻雀をやる人であれば誰しも願うところだと思います。

特にDORA麻雀はお金を賭けますのでその願いは一層強いと思います。

ではどうすればいいのでしょうか?

 

方法はいくつかあるかと思いますが、現代はインターネットで麻雀が打ててその牌符再生歴まで見れる時代です。

これを活用しない手はありません。

DORA麻雀でも牌符再生はついていますが私のオススメは天鳳です。

天鳳だと打った人の強さ(級・段)が分かるのがいいのです。

つまり自分よりも上の段の人と打った後、牌符再生でどのように捌いているのか見るのです。

これが一番手っ取り早い上達法だと思います。

 

本当はプロに直接指導して貰うのがいいのですがこのような機会に恵まれている方は少ないでしょう。

よって自分より強い人に教えて貰うというのが現実的なところだと思いますが、それも難しい人が多いと思います。

結局は自分で学ぶしかないのですが、だったら自分よりも強い人の牌符再生歴を見て自分の捌き方と比較してみるのがいいと思います。

 

勿論、初級~中級くらいまでは本を見て手筋などを学ばねばなりません。

基礎が分かっていない段階で牌符を見てもポイントが抑えられないからです。

この学習が一通り終わったら、後は実戦でそれらがどういかされているのかを見るのです。

 

また当然のことばがら、打つ時は相手の捨て牌を常に意識して打ちます。

それが果たして合っていたかどうかを確認するのです。

 

自分より上の段の人の牌符再生でみますと必ず何か発見があるかと思います。

後はそれを取り入れて実戦で試してを繰り返すだけです。

 

DORA麻雀は、まだメンバーがそれ程多くないのでよく打つ人の癖を見抜いてやるといいと思います。

北抜きルール

こんにちは、DIOBRANDOです。

ここのところスランプなのか麻雀が全然勝てなくなってしまいました。

先週あたりから麻雀をやるのが苦痛にさえ感じるようになってしまいました。

DORA麻雀だけではなく天鳳でも放銃が多い気がします。

どうでしょうか。

ラスは少ないですがここ一番という時に放銃してしまいトップを逃してしまうというケースが多いです。

これに比べDORA麻雀はほとんどラスばかりでキャッシュがどんどん減っていきます。

反転されているところが上がった局面ですが、いかに上がれていないかが分かるかと思います。

牌符再生で見てみても運が悪いとしかいいようがないのです。

相手よりも手が遅くて振り込まずともツモられてしまうというケースがほとんどです。

ここまで勝てないのは久しぶりです。

 

先週から三人麻雀で北抜きありのルールになり、試してみたのですがこれがまたひどかったです。

 

北ドラがあるから簡単に倍満ができてしまいます。

ちなみに北を抜いた後に引いた牌で上がっても嶺上開花になるのですね。

 

リーチ、一発、ツモ、裏ドラ3これも結構過激です。

 

東一局五本場の西家で間二筒をツモった私は勝負のリーチにでます。

 

リーチ後一発目のツモ。

これはまずいと思いました。

 

的中してほしくない予感が当たってしまいました。

 

結局、東一局で親が六連チャンして終わってしまいました。

しかし北ドラの威力は強力過ぎです。

ここまでコテンパンに打ち負かされるとさすがに麻雀やるのも厭になってしまうのが分かるかと思います。

DORA麻雀のソフトウェアって何かおかしくありませんか?

それともおかしいのは私の頭でしょうか?

 

これが先週の履歴です。

$24.5負けです。

 

ところでこれご存知ですか?

オンライン麻雀世界選手権です。

DORA麻雀でやるそうです。

誰が優勝するのでしょうか?

三色同順の作り方

こんにちは、DIOBRANDOです。

今年も残すところあと一ヶ月半となりました。

最後の追い込みでどんどん麻雀も打っていきたいところです。

 

さて今日のテーマは三色同順の作り方です。

三色同順は何を隠そう私の一番好きな翻です。

見た目が素晴らしいですよね。

しかも比較的上がりやすい。

一気通貫よりも数字が固定されていない分上がりやすいと思います。

「配牌を見たら三色を探せ」という雀聖阿佐田哲也氏の格言がありますがこれは正論だと思います。

ではどのように三色同順を作るのか見ていきます。

 

四索二萬三萬四萬四萬八萬九萬二筒四筒八筒八筒白中八索

親の配牌で、ドラは中です。

普通に234の三色が見えそうですので打白とします。

 

四索八索二萬三萬四萬四萬八萬九萬二筒四筒八筒八筒中四萬

次に四萬をツモり、ここでは打八索としました。

 

四索二萬三萬四萬四萬四萬八萬九萬二筒四筒八筒八筒中七萬

次に七萬をツモりましたが三色が見えるので、ここは打八筒としました。

 

四索二萬三萬四萬四萬四萬七萬八萬九萬二筒四筒八筒中二索

次に二索を引き、打八筒とします。

 

二索四索二萬三萬四萬四萬四萬七萬八萬九萬二筒四筒中三索

次に三索を引き、打中でテンパイです。

 

何とか上がることができました。

このように三色は上がり形の目安になります。

しかし無理にこだわらない方がいい場合もあります。

 

二索四索五索六索七索伍萬六萬七萬四筒四筒五筒六筒七筒八索

ドラが四索ですがこういう場合は二索を切ってリーチが正解だと思います。

三色は一つの目安になりやすいので意識して打ってみて下さい。

 

ではプレイ日記に移ります。

先週はなんとなくついていない週でした。

イーシャンテン地獄とも言うべきか、イーシャンテンになった途端他家からリーチが掛かってしまい、勝負しきれない牌を握って降りざるを得なくジリ貧という展開が多かったです。

また手が滑って操作ミスをしてしまったのも痛かったです。

ここで四筒を切ろうと思ったらマウスが滑って五筒を切ってしまいました。

 

しかたなく五萬をアンコ落とししたら、数巡後に中を引きアンカンしたらカンドラが五萬になってしまうという悲惨な展開でした。

 

結局ジリ貧のまま迎えたオーラス

東家43,400点 南家(私)14,900点 西家28,000点 北家13,700点

悪くない配牌です。

しかし

 

やはり上がりきれずに1,200点差でリードしていたラスに放銃しまいました。

しかも西家に東を握られていました。

 

これが先週の履歴です。

$17.24負けでした。

負けた麻雀には敗因がある。

こんにちは、DIOBRANDOです。

大分寒くなってきました。

つい2週間くらいまでは暑かったのですが、体にとってちょうどいい季節というのは短いようです。

 

さて麻雀をやっているとつい嬉しくなってしまうことがありますが、あなたはどんな時そう感じますか?

 

私は、リーチを掛けて一発でツモった時や裏ドラがのった時です。

特に裏ドラが3枚のった時はつい笑いがこみ上げてしまいます。

リーチのみの手が親満になってしまう時もあります。

リーチ侮るなかれです。

 

オーラスで、東家21,400点 南家(私)24,100点 西家33,700点 北家20,800点の局面です。

2巡後に早くも、タンヤオ三色をテンパイしました。

 

さらに数巡後、八索をツモりましたがあなたならどうしますか?

 

私は点差を考えて2着を確実に取りにいく作戦に出ました。

よって二索を切り、次に一索をツモってそのままリーチを掛けました。

そして一巡後

望外のリーチ、一発、ツモです。

400点差でトップになることができました。

このようにリーチ麻雀では、少し翻は落としてでも待ちを良くして積極的にリーチを掛けて上がりに向かう方が大概の場合において功を奏すような気がします。

 

さて先週ひどい麻雀がありました。

それを振り返ってみます。

 

東一局 0本場 私が親に2,000点を放銃

東一局 1本場 流れでテンパイできず1,500点罰符

東一局 2本場 私が北家に4,500点を放銃

東二局 0本場 西家が南家に7,700点を放銃して私の親流れ

東三局 0本場 私が西家に7,700点を放銃

東四局 0本場 私が南家に2,600点を放縦して終局

 

いいところなくラスになりました。

この敗因を履歴より考えてみようと思います。

 

一局目はしょうがないかなという放銃でした。

二局目は親のリーチに対してよく凌いだと思います。

四人の手を明かして見れば親の当たり牌をツモってましたが・・・・

 

見事に凌げていました。

 

問題は三局目でした。

何気ない局面ですがあなたならどう打ちますか?

 

私は三暗刻と一盃口が見えてしまい三筒を切ってしまいましたがこれはまずかったです。

ここは効率を重視し八索切りが正解だったと思います。

 

その後案の定無駄ヅモをした後、ようやくテンパイしてリーチを掛けましたがトイ家に引き負けてしまいました。

 

第四局は追っかけたものの完全に空リーでした。

北家も同じ待ちだったみたいです。

トイ家がなぜ九萬を切ったのかは不思議です。

 

第五局目は攻防に打った西で当たってしまいました。

まさかです。

 

第六局目はメンホン、一通まで狙える手ですがもはや無理に作らされている感じです。

やはりダメでした。

 

ひどい負け方でしたが敗因は第三局目の三筒切りにあった思います。

このように麻雀はどんなに配牌やツモが悪くても負けた時はやはりミスがあるものなのです。

 

これが今週の履歴です。

$30.91(約2,500円)勝ちでした。