このエントリーをはてなブックマークに追加

チンイツ珍遊記

こんにちは。

麻雀好きのDIOBRANDOです。

先週はフリーで初顔相手にリーチ、一発、ツモ、タンヤオ、四暗刻、ドラ3、裏ドラ3を上がられました。

相手は得意気に勝ち誇った笑みを浮かべていました。

さぞかし気持ち良かったと思います。

しかし南場でトップにも関わらずこの手でリーチするでしょうか?

ロンでも倍満いく手だからヤミでもいいよな気がしますが・・・・

まあそんなことがありました。

 

さてDORA麻雀プレイ日記です。

最初にあなたに質問ですが、麻雀をやっていて一番頭を使う局面ってどんな局面でしょうか?

 

私は、雀暦が20年を越えますが未だにチンイツテンパイの時なのです。

全く恥ずかしいです。

特にオンライン麻雀だと時間がなくなってくるために焦ります。

東風戦二局目です。前局ツモられ原点を3600点程割っている西家の私の牌です。

あなたなら何を捨てますか?

 

迷うところですが五筒なら一気通貫になり倍満なので四筒を切りました。

 

数順後またも選択しです。

さっきは八筒を切って四筒を残しておくべきだったのかなー

とか後悔させられるようないやなツモです。

 

しかたがないのでこれもツモ切りです。

 

そして数順後。

麻雀の神様てどうしてこういやがらせをするのでしょうね?

 

迷った末に

待ちを間五筒から六、九筒に変えました。

が、

ありゃ。

 

結局、流れてしまいました。

まるでバカみたいな一人相撲でした。

こんな経験ありませんか?

 

 

これが先週のハンド履歴です。

 

-$17.87

日本円にして約1430円負けでした。

リアル麻雀でも負けたため往復ビンタでした><

天鳳とDORA麻雀

実に暑い一週間でした。

先週は他のオンライン麻雀サイトでもプレイしてみたく天鳳でも打ってみました。

天鳳は有名ですがグラフィックが綺麗で待ち時間も短くすぐに打て、配牌もツモもリアル麻雀と大差ない感じがしました。

私個人の感覚ですがDORA麻雀は配牌とツモに何か不自然な感じを受けるのです。

DORA麻雀の牌操作の記事もご参照下さい。

しかしこれは皆に平等に起こりうる現象なのでプレイヤー個人へのえこひいきだとは思っていません。

一見、天鳳で不満なさそうですが、天鳳の場合は負けても失うものがないので、どうしても緩いプレイになってしまうのです。

例え同じ局面だったとしても、お金の賭けた麻雀は一打一打が慎重になります。

何せ負けたとき失うのはお金だからです。

私は主に$8/$16のレートでサンマで打っていますが、下手したらものの5分くらいで$16(約1300円)も失ってしまうのです。

これは結構厳しいレートで遊びで打つレートではありません。

しかしこの研ぎ澄まされた緊張というのがたまらなく好きでやっているのです。

これは天鳳ユーザーには分からない心境だと思います。

麻雀の腕を磨く、或いは気軽にオンライン麻雀を楽しみたいなら天鳳ですが真剣で勝負したいならDORA麻雀です。

 

さてプレイ日記に移ります。

まずは大三元。

私はなぜかここのところ大三元に縁があります。

しかしその日は相手のプレイヤーに入りました。

オーラスの親番、持ち点は37,900点でトップです。

あなたならどうしますか?

ちなみに2着は私で35,900点です。

まあ妥当だと思いますが数順後以下の牌になりました。

 

九索切りでなんと大三元のテンパイです。

 

そして問題の局面

あなたならどうしますか?

多くの方は勢いで白をカンすると思います。

勿論私もするでしょう。

場に三、四索が一枚しかないため、山に残っている可能性も高く上がる気満々だったと思います。

そこで引いたリンシャン牌はなんと・・・・

 

あちゃー

おしかったです。

大三元、ドラ4ですから当然五索を切ります。

 

しかーし

反転すると

ご苦労様でした。

五索を切りきれずに残していた私に入りました。

白はカンしなかった方がよかったみたいです。

いずれにしろ三、四索は完全に抑えられており上がれない運命だったのですね。

私の逆転トップで終局です。

大三元を上がるのは気持ちいいですけど抑えるのはもっと気持ちいいですね^^

 

もう一局紹介します。

東一局4本場で親が好調です。

持ち点が49,600点と圧倒的なリードでこの牌です。

意気揚々、勢いよく東切りリーチといきたいですがこの時まだ親は危険に気づいていません。

対家の捨て牌です。

なにやら危険漂う捨て牌です。

DORA麻雀のサンマでは北を抜かないためある役が非常にできやすいのです。

 

そして次の順

リーチなため白は切らざるを得ません。

 

一瞬の逆転劇でした。

これから先この人が調子崩していったのは言うまでもありません。

 

かくいう私はどうなのかというと私もあまり調子でませんでした。

これが履歴です。

$7.14負けです。

一勝負で大体$10以上は動く卓ですが勝ったり負けたりするため妥当な範囲でした。

大三元上がりました。

こんにちはDIOBRANDOです。

こないだはオリンピックサッカー男子、3位決定戦で韓国に敗れてしまいました。

韓国に負けると何かムショーにムカつきませんか?

 

さて本題、あなたは大三元というと何をイメージしますか?

私は阿佐田哲也の「居眠り雀鬼」という作品を思い起こします。

 

奴が、中をポンした。続いて倖二が出した白を又ひっかけた。

あとは緑発だ。緑発があれば大三元。しかしツモったぐらいでは、柚木が親でないだけに逆転するかどうか、心細い。

柚木が大三元を打ちこめばだが、断トツトップのときに、誰がそんなムリをするものか。

柚木は、奴の振った現物牌しか振ってこない。まだ中盤にかかったところだが、早くも警戒して完全にオリたようだ。

そのまま、トントンと運んで、残りの山も大分すくなくなった。

奴が低く唸って考えこんだ。そして手から發を切った。

「ははは、あきらめたかね」

柚木が上機嫌で、一枚押さえていたらしい發を続いて切った。

「ポンー」と奴がいった。

「あッー」柚木の顔色が変わった。

裏裏裏裏中中中白白白發發發

倖二も眼を見張った。なるほど、髭男自身が切った發だが、それでもポンさせた以上、大三元の残り一種を鳴かせた者は、ツモられた場合責任払いというルールがある。柚木は振りこまなくともツモられれば同じことになってしまう。

それから二巡目。

「よし。先生、逆転です」

奴は二五索をツモってアガった。

 

以上「居眠り雀鬼」の一節でした。

とても鮮やかだと思いませんか?

阿佐田哲也の麻雀小説にはこのようなルールギリギリの際どい手が結構出てきます。

それだけに鮮明に残るのでしょうね。

居眠り雀鬼は「雀鬼くずれ」に編集されています。

 

さてプレイ日記です。

先週はオリンピックだったので合間合間にプレイしました。

昨日は、調子は悪くなさそうなのにそれ以上に好調な者がいて最初の頃はトップを持っていかれてしまいました。

次の局もやはり最初はリードを奪われる展開でしたが次にその方が振り込みます。

親が流れ東二局、私の親番です。

四索一萬一筒三筒五筒五筒東東白白中中發八筒

これが配牌でした。

数巡後はこんな手になるも、西家にリーチが掛かってしまいます。

 

さらに進むと大三元が見えてきました。

四索を残していれば四暗刻でしたが、やっている時はこれを上がることしか頭にありませんでした。

一筒、三筒は安全とは言えない牌ですが勝負に出ます。

 

一筒を切った後、下家から東が出てポンし三筒も通りました。

発は残り1枚です。

そして数巡後

 

南家もリーチに出ましたが、数巡後

決まりました。

 

大三元

 

これで勝負ありました。

 

この一局だけで$13.5勝ちです。

尚、020tomという方が今まで好調な方だっただけに気分最高でした。

 

終局後すぐに立ち去ってしまわれました。

その後行方は知れません。

 

これが先週の履歴です。

$33.43日本円にして約2600円勝ちです。

久しぶりに勝ちました^^

DORA麻雀のパソコン環境

DORA麻雀のパソコン環境を説明します。

DORA麻雀のパソコン環境は以下の通りです。

 

 

Macにも対応しています。

詳しくはDORA麻雀の公式ホームページよりご確認下さい。

容量はそれ程大きくなく、DORA麻雀をダウンロードしてパソコンが重くなるということはまずありません。

スタートメニューのコンピューターより空き容量は調べられますので気になる方は確認するといいでしょう。

万が一重くなったとしてもすぐにアンインストールできますので安心してソフトウェアをインストールして下さい。

 

DORA麻雀の退会

DORA麻雀の退会は至って簡単です。

上部のサポートをクリックすると問い合わせのフォームへ行きます。

そこで退会希望の旨をサポートへ連絡すれば48時間以内にアカウントがクローズされます。

たったこれだけです。

来る者は拒まず去る者も追わずがDORA麻雀の基本理念です。

退会する時は当然ながら残金を全額引き落としてから退会手続きを行って下さい。

その後にソフトウェアをアンインストールすれば何も問題ありません。

アンインストールの仕方はスタートメニューのコントロールパネルよりプログラムのアンインストールをクリックし、DORA麻雀を選んでアンインストールをクリックするだけです。

 

また退会した後、いつでも再入会は可能です。

その点に関してはDORA麻雀は自由ですので安心してご利用いただけます。

DORA麻雀でシビアなのはお金を賭けているという点だけです。

 

DORA麻雀初心者ナビトップ

DORA麻雀Netellerにて出金

暫く麻雀をプレイしていると勝ち続けた人はどんどん残高が増えてくることと思います。

稼げた人はどんどんキャッシュに換えて引き落としていきましょう。

今回は実際にNetellerにて出金してみます。

まずは、マイアカウントの出金をクリックします。

 

次にNetellerをクリックします。

 

電子メールは先に登録したメールアドレスが最初から記載されていますので出金したい金額だけを入力し、続行をクリックします。

ここに書かれていますように、最低引き出し額は$10、最高引き出し額は$2000、処理時間は48時間となります。

手数料は基本的に無料ですがNetellerから入金した金額が全く使用されないまま出金すると手数料3%が徴収されます。

これで終了です。

 

キャンセルをクリックすると出金がキャンセルされます。

出金画面で出金金額を入力し、ワンクリックで引き落とし可能なので出金はとても簡単です。

24時間後には以下のメールが届きNetellerにも反映されます。

 

メール

Neteller

Mahjong Logic Limitedというのがそうです。

手数料なしでちゃんと引き落とされているのが分かるかと思います。

尚、i-BANQも同様ですが手数料が5%かかります。

これがゆえにNetellerがおすすめなのです。

Netellerは口座開設が少し面倒なのですが一回開設してしまえばとても便利な口座です。

 

DORA麻雀初心者ナビトップ  入出金

坊や哲と出目徳の二の二の天和

こんにちはホオジロザメのDIOBRANDOです。

DORA麻雀ばかりやっていると逆に手積みの卓で打つ麻雀が恋しくなってきます。

一人でパソコンに向かえるだけで相手を見つけずとも麻雀が打てる時代ですが、あまりにも簡単に麻雀が打て過ぎて逆に物足りなくなってしまいます。

私は最近、積み込み技に興味を持つようになったのですが一種の回帰現象かもしれません。

というわけで今日も積み込み技から紹介していきますね。

今日は麻雀放浪記第一巻で出てくる坊や哲と出目徳のコンビ技二の二の天和です。

全自動麻雀卓がなく手積みのころの時代はサイ2度振りだったみたいです。

親が最初に2個のサイを振りそれを受けた人の山からその人がもう一度2個のサイを振り、二人の目を合わせた山分空けたところから牌を取り始めるというルールです。

イカサマ防止故のルールですが皮肉なことにこれが二の二の天和を出現させてしまうのです。

ではどういうものなのか観ていきます。

麻雀放浪記の201ページです。

坊や哲と出目徳がドサ健のクラブに乗り込んで打っている場面です。

出目徳が親、哲が南家、ソッキン(健の仲間)が西家、健が北家という順番です。

まず出目徳がサイを振りピン、ピンを出します。

合計2でそれを受けた哲がまたピン、ピンを出します。

よって二人の目を合わせた4つまり哲の山から右から4トン分開けた5トン目から出目徳が取り出すことになります。

裏裏裏四筒四筒裏裏裏裏裏裏六萬六萬裏裏裏裏上段
裏裏裏中中裏裏裏裏裏裏四筒六萬裏裏裏裏下段

哲の山。

 

裏裏裏一筒裏一筒裏裏裏裏裏裏一索中裏裏裏上段
裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏一索一索裏裏裏下段

出目徳の山。

 

かくして出目徳は天和となるわけです。

 

「どうしたよ、親、振らねえかい」と健。

そのとたんにガタッと手をあけた。

「びっくりしたよ、アガってるんだー」と出目徳は声を落とし、細くふるわせていた。

麻雀放浪記の名場面の一つでした。

 

さてDORA麻雀プレイ日記です。

昨日もいつものように$8のテーブルでサンマをするも思うように調子が出ません。

東一局でリーチ、一発、ツモ、平和、一盃口、ドラ2を上がるも次の局で強烈なのを上がられました。

牌符再生機能です。

リーチ、トイトイ、三暗刻、ホンイツ、発、裏ドラ3で三倍満(トリプル)です。

振り込まなかったのが幸いでした。

しかし次の局がめちゃくちゃ間抜けでした。

八索を切ってリーチを掛けようと思ったのですが間に合いませんでした。

全く目を疑いたくなります。

間抜けもいいところですね^^;

これで$8も賭けているのだから我ながら呆れます。

結局この六索も親にポンされ上がられてしまいます。

この後も

こんなことや

こんなことをやらかします。

待ち牌を完全にブロックされる形でこれでは上がれるはずがありません。

DORA麻雀はどうやら私に何が何でも上がらせまいとしているようです。

またいつものようにやればやるほど$10減っていく展開です。

麻雀をやっている人には理解できると思いますが、こうなるとどうしてもレートを倍にしたくなるのですね^^;(いい子はマネしないようにね)

ちょうどいいことに席空いていました。

四人麻雀で久しぶりですが倍のレートで試してみます。

最初はやはり思わしくない展開です。

どういうわけかこの日は端牌が多く集まる傾向がありました。

それを利用して純チャンの追いかけリーチです。

リーチ後のツモが九萬で取り合えず暗カンしますがその後のリンシャン牌がなんと・・・・

裏ドラものりリーチ、嶺上開花、ツモ、純チャン、裏ドラ1で跳満です。

その後はうまく相殺させ逃げ切りました。

この一局で一気に負けを取り返しました。

これが昨日の履歴です。

Vの字を描いてまた元通りの金額に戻りました。

いやー。

スリルアッタっす。

+$1.25でしたが乱高下の激しい日でした。

 

今日は賞金総額$2500のDORA連荘トーナメント0本場です。

よかったらお会いしましょう。