このエントリーをはてなブックマークに追加

どうしようもない局面

麻雀は確率を積み重ねるゲームであるため負けることもありえる。

どうやっても逆転の余地のない局面というのを麻雀経験者なら誰しも経験することだと思う。

しかしこの場合もやけにはなってはいけないのである。

負けるにしても負け方も重要になってくるのである。

今回はどうしても逆転の余地のない局面を考えて貰いたい。

(さらに…)

すじのいいリャン間の受け

麻雀上級者ほどリャンカンの受けの形を大切にする。

リャンメンという形は2枚でできるがリャンカンは3枚必要なため多少効率は悪くなると思うかもしれないが真ん中あたりの中張牌であればリャンカンの両端がくっ付くかもしれないため実はそれほどでもないのだ。

例えば4,6,8と持ってたとすると受け入れは5,7だけでなく3もあるということである。

では実戦でリャンカンを残す局面を見ていきたい。

(さらに…)

麻雀上級者の実戦的なリーチ

今日のテーマはリーチである。

当然のことながらリーチを掛けると出にくくなるが1翻増しになり一発と裏ドラの権利が付く。

また相手の手を制限させることもできる。

今日は上級者の実践的なリーチを見ていただこう。

(さらに…)

オーラスは点差を見て判断する。

テンパイしてもリーチを掛けていくのかヤミテンで突っ張るのかの問題は常に付きまとうところである。

しかし状況から考えられる正解もありえる。

今回はそんな正解が割り出せそうな局面を考えてみたい。

(さらに…)

ラッキー敗者

DORA麻雀にはトーナメントがあるが今日はトーナメント攻略を書いてみたい。

DORA麻雀のトーナメントを攻略する上で一番大切なことはまずは参加することである。

当たり前かもしれないがこれは結構重要である。

無料で開催されている賞金トーナメントも結構あるために無料で参加できるものに関しては取り敢えずチェックを入れておくといいだろう。

(さらに…)

点差が離れていても油断できない局面

麻雀というのはどんなに点差が離れていても少し大きいのを振り込むとたちまち僅差になってしまい最後に逆転といったケースも珍しくない。

当然ながら最後まで油断してはいけないのである。

大差でも油断の気持ちが生じてるとそれはもう微差になっている。

今日は油断のならない局面というのを見ていただこう。

(さらに…)

絶体絶命の局面でも最後までやけを起こさない

麻雀とは不思議なものであがれる人はなぜか牌パイにもツモにも恵まれるという傾向にあるのも諌めない。

どうしても牌に偏りができてしまうのである。

しかし牌パイやツモが悪くて勝てなかったなんて言い訳はできない。

そんなことを言っても始まらないからだ。

今日は絶対絶命でどうあがいてもトップになれそうもない局面をみていただこう。

(さらに…)

リャンメン待ちかシャンポン待ちか?

リャンメンとシャンポンでは確率的にはリャンメン待ちの方が上がりやすい。

これに関して説明は不要であろう。

しかし実際においては役が絡んできたり捨て牌の相からシャンポン待ちの方がいい場合もある。

結構意見が割れる局面というのを紹介してみたい。

麻雀というのは時には正解が2つあったりする場合もある。

(さらに…)

回し打ち

実戦の麻雀においては先制リーチを掛けられることが多く回し打ちしなければならない局面が多く訪れる。

今回は典型的な回し打ちをする局面を見てもらいたい。

(さらに…)

手を広くするトイツ落とし

孤立牌(1萬、9萬、字牌)というのはシュンツを作ることができずに使い勝手の悪い牌である。

暗刻か雀頭にしか使えないからだ。

特にオタ風の場合はタチが悪い。

こういった牌をトイツ落としするケースは実戦では実に多い。

では見てみよう。

(さらに…)