このエントリーをはてなブックマークに追加

形式テンパイと喰いタン

今晩はDIOBRANDOです。

現在DORA麻雀のサンマでは北ドラが導入され、高い手が普通に上がれてしまう状況になっていますがこれってどうなんでしょうか?

サンマはただでさえ運が大きい感じがするのにそれを助長させてるとしか思えません。

私個人としては本当は四人の半荘制のノーマル麻雀が一番好きです。

その方が実力差が反映されやすいからです。

麻雀の技量をより結果に反映されやすいルールの方がいいいです。

とはいってもそうなってしまったまのは仕方がありません。

しかも今度は赤ドラが導入されるようです。

これだとサンマでは数え役満も珍しいことではなくなってしまうのではないでしょうか?

 

それはさておき今日は久しぶりに四人麻雀の半荘の卓で打ちました。

六筒切りで気持ちのいいリーチを掛けます。

 

リーチのけんかでドラ入りメンタンピンをツモりました。

メンタンピンって何か気持ちがいいですよね。

 

次の局は最初でミスをしてしまいフリテンになる展開に苦しみます。

テンパイを崩したまま流局になってしまうのかと思いきや、最後になって三索がチーできて形式テンパイにすることができました。

最後になってくると形式テンパイも結構大きいです。

 

どうでしょうか?

一人だけテンパイだと三千点も受け取れます。

結構大きいですよね。

ノーテン罰符というのはバカにはなりません。

残りが5巡を切って誰もテンパイしてそうもなかったら、役がなくても積極的に喰い仕掛けをして形式テンパイを作りにいきましょう。

 

しかし全ての局面で有効かというとそういうわけでもないです。

ど本命の牌でしたら逆にテンパイを崩してでも降りた方がいいです。

 

今日もう一つみてほしいのが喰いタンです。

喰いタンのテクニックは麻雀のテクニックにおいてかなりのウエイトを占めます。

速さという点においては最大の武器と言っても過言ではありません。

上級者の常套手段です。

特に東風戦などの短期決戦では主役になります。

喰いタンを使った方がいいという条件はいくつかあるのですが、今回はドラが2枚以上の時です。

ドラが複数あるときはなるべく速さを重視した上がりに向かう方がいいです。

 

この状況では三萬はポンします。

 

さらに数巡進み八索もポンします。

これで好形のテンパイです。

 

難なく上がれます。

 

尚、この麻雀はオーラスで見事に高め純チャンを上がられ逆転されてしまいました。