このエントリーをはてなブックマークに追加

三色同順に翻弄される

こんにちはDIOBRANDOです。

先日はリアル麻雀を打っていて、変な上がり方をしてしまいました。

へぼ丸出しなのですが折角なのでここで取り上げてみようと思います。

 

東二局北家で配牌は以下の通りでした。ドラは七筒です。

二萬四萬八萬三筒四筒七筒八筒一索一索二索二索三索中

一巡目で三萬をツモり打八萬としました。

二巡目で二筒をツモり打中としました。

その後四索をツモることに祈ったのですが、来ずに七巡目に八筒をツモりました。

二萬三萬四萬二筒三筒四筒七筒八筒一索一索二索二索三索八筒

こんなのはツモ切りが正解かと思いますが、何を思ったのかドラの七筒を切って一盃口のテンパイにとってしまいました。

さらに数巡後一筒をツモり打四筒と今度は1,2,3への変化を目指しましたが・・・・

二萬三萬四萬一筒二筒三筒八筒八筒一索一索二索二索三索

数巡後七筒をツモり打八筒とわけのわからない打ち方をしてしまいます。

そして次に六筒をツモりようやくテンパイ打二索としました。

二萬三萬四萬一筒二筒三筒六筒七筒八筒一索一索二索三索

場に一索は1枚切れています。

こうなると切った四筒がおしまれます。

数巡後に西家が四索を捨て上がりました。

正直あまり嬉しくなかったです。

むしろこのまま流れてくれた方がましでした。

手役に翻弄されて半端な打ち方をしてしまったと思います。

三色同順の作り方

こんにちは、DIOBRANDOです。

今年も残すところあと一ヶ月半となりました。

最後の追い込みでどんどん麻雀も打っていきたいところです。

 

さて今日のテーマは三色同順の作り方です。

三色同順は何を隠そう私の一番好きな翻です。

見た目が素晴らしいですよね。

しかも比較的上がりやすい。

一気通貫よりも数字が固定されていない分上がりやすいと思います。

「配牌を見たら三色を探せ」という雀聖阿佐田哲也氏の格言がありますがこれは正論だと思います。

ではどのように三色同順を作るのか見ていきます。

 

四索二萬三萬四萬四萬八萬九萬二筒四筒八筒八筒白中八索

親の配牌で、ドラは中です。

普通に234の三色が見えそうですので打白とします。

 

四索八索二萬三萬四萬四萬八萬九萬二筒四筒八筒八筒中四萬

次に四萬をツモり、ここでは打八索としました。

 

四索二萬三萬四萬四萬四萬八萬九萬二筒四筒八筒八筒中七萬

次に七萬をツモりましたが三色が見えるので、ここは打八筒としました。

 

四索二萬三萬四萬四萬四萬七萬八萬九萬二筒四筒八筒中二索

次に二索を引き、打八筒とします。

 

二索四索二萬三萬四萬四萬四萬七萬八萬九萬二筒四筒中三索

次に三索を引き、打中でテンパイです。

 

何とか上がることができました。

このように三色は上がり形の目安になります。

しかし無理にこだわらない方がいい場合もあります。

 

二索四索五索六索七索伍萬六萬七萬四筒四筒五筒六筒七筒八索

ドラが四索ですがこういう場合は二索を切ってリーチが正解だと思います。

三色は一つの目安になりやすいので意識して打ってみて下さい。

 

ではプレイ日記に移ります。

先週はなんとなくついていない週でした。

イーシャンテン地獄とも言うべきか、イーシャンテンになった途端他家からリーチが掛かってしまい、勝負しきれない牌を握って降りざるを得なくジリ貧という展開が多かったです。

また手が滑って操作ミスをしてしまったのも痛かったです。

ここで四筒を切ろうと思ったらマウスが滑って五筒を切ってしまいました。

 

しかたなく五萬をアンコ落とししたら、数巡後に中を引きアンカンしたらカンドラが五萬になってしまうという悲惨な展開でした。

 

結局ジリ貧のまま迎えたオーラス

東家43,400点 南家(私)14,900点 西家28,000点 北家13,700点

悪くない配牌です。

しかし

 

やはり上がりきれずに1,200点差でリードしていたラスに放銃しまいました。

しかも西家に東を握られていました。

 

これが先週の履歴です。

$17.24負けでした。