鬼の棲家

こんにちは、DIOBRANDOです。

明日からいよいよ、フィギュアスケート女子のショートプログラムが始まります。

私の場合ですと全ての競技において、男子の方が女子よりもダイナミックと迫力性があり好きですが、フィギュアスケートだけは別です。

やはり衣装もプロポーションも全て含めて、女性特有の華がありますよね。

浅田選手には是非悔いのない演技をして貰い、できれば金メダルを獲得してほしいものです。

 

さて私ほ方ですが、このところ天鳳に入り浸っておりました。

DORA麻雀プレイヤーの中にも九段という人が何人かいるみたいなのですが、実際に自分はどこまでいくのか興味があったからです。

 

ところが上卓ではまあまあの成績だったのですが、特上卓へいったら全然勝てなくなってしまいました。

 

2014.2.18d1

これが上卓の成績です。

トップ率、ラス率共に悪くないと思います。

 

 

2014.2.18d2

まだ18戦ですが、これが特上卓の成績です。

まるで上卓でのトップ率とラス率が逆転したみたいです。

あと一回勝てば五段へ昇段というところまでいたのですが、そこから連続ラスを引いて、以下崩れに崩れてここまで下がってしまいました。

 

2014.2.18d3

終いにはRが1800を割って特上卓から締め出される始末です。

 

どうやら打ち方を改善しないと、五段にはなれそうにない感じです。

特上卓でははっきりと実力差を感じてしまいました。

 

 

そういうわけで、今日は特上卓の一戦を振り返ってみたいと思います。

 

特上卓の麻雀の特徴は、一筋縄ではいかず必ずタフな試合になります。

また何もできなくて、負けてしまうということも少なくありません。

ツモ上がりされてしまうためです。

これは一見運なのですが実は違くて、牌効率の良さがそのまま結果に表れているという感じがします。

 

2014.2.18d4

開始早々悪い手ではありません。

あなたなら何を切りますか?

 

2014.2.18d5

私はこのように二索を切りました。

北でも全然普通だと思いますが、自風がドラの時はギリギリまでキープします。

 

2014.2.18d6

その後上家が2枚喰いましたが、この六萬は喰いますか?

 

2014.2.18d7

喰ってはいけませんよね。

赤もないですし三色もないですし、極端に点数が安くなり過ぎます。

そしてここでドラの北を捨てました。

タンピンあわよくば三色とメンツが定まり、最後の一牌は三人に共通安牌にしたいですからね。

 

2014.2.18d8

数巡後七筒をツモりました。

あなたなら何を切ります?

 

2014.2.18d9

私の場合はこのままツモ切りをします。

ポンする形ではありませんし、将来危なくなりそうなところは先に処理します。

 

2014.2.18d10

上家の八筒もやはり喰わず、ここで絶好牌を引きました。

ここで当然白を曲げます。

一発を消されるということも、まずないですよね。

 

2014.2.18d11

そして望外の一発ツモ。

裏も乗りハネました。

どうやらリーチ一発ツモは天鳳でも盛んなようです。

 

 

2014.2.18d12

ここまで多少の振込みはありましたが、まあ理想通りの展開です。

しかし簡単には勝たせてくれないのが特上卓のメンツです。

そしてここが問題の局面。

あなたなら何を切りますか?

 

2014.2.18d13

私は取り敢えず、筋の二索を2枚落として様子を見ようと思ってた矢先にまさかのロンでした。

ダブ南、三暗刻、ドラ3。

これでリードはなくなり、混戦になってしまいました。

特上卓はまさに鬼の棲家です。

 

2014.2.18d14

接戦は続きオーラスです。

三面チャンで今度こそ勝っただろうと思いました。

 

2014.2.18d15

しかし三人の手牌と牌山を開けてみると・・・・・

ヒエー

結果も牌山に見えている通り、私が放銃しました。

ペンチャン強しですね。

 

2014.2.18d16

混戦は更に続き西場に突入しましたが、ここでようやく引導を渡すことができました。

中々歯ごたえがあり、スリリングな面白い麻雀でした。

 

鬼を喰わなければ鬼の棲家では生きられません。

天鳳四段になりました

こんにちは、DIOBRANDOです。

大寒波が訪れて、大分寒い時期になりました。

私は先週、漸く天鳳四段になりました。

 

tennhouyonndann

永かったです。

二段から四段になるのに一年も掛かりました。

 

tennhouyonndann

これが現在の私のデータです。

自分で分析してみますと副露率が高く、速攻型のタイプだと思っています。

喰いタンが大分多かった気がします。

 

私のメインの主戦場はやはりDORA麻雀なのですが、DORA麻雀では強さを図るものがないため、雀力の肩書きを持つ意味でも天鳳もやってみることにしました。

 

 

今回は四段になるために必要な要素を書いておこうと思います。

四段になるための必要な要素はたった三つです。

 

一、サービスゲームは落とさない

麻雀に運の偏りがあるのはしょうがないですが、割合的に半荘四回に一回くらいは配牌やツモが良かったりして、自然にトップになれる流れがくると思います。

こういう時はなぜか蓮荘しやすかったり、労せずして得点を積み重ねる展開になりやすいです。

私はこういう展開をサービスゲームと呼んでいますが、こういうゲームは絶対に落とさないことです。

前回にも書きましたが、麻雀の運は長くやれば大体皆平等です。

つまりトップになれる流れがくるということは、逆に誰かにトップになられる流れもくるというのが運の原則です。

ツキの流れがきている時はできる限りそれを維持し、リードを守りきるような打ち方にして下さい。

こういう時はヤミテンにするのが効果的です。

ツモの流れに任せて自然に手成りで上がるのがいいと思います。

また無理をせずに、ノーテン罰符は払ってもいいから、高そうな手への勝負は避けて下さい。

 

二、ラスになるのを避けるためには執念を尽くす。

ご存知のように天鳳はラスになるとptが75も減ってしまいます。

三段は、一位+60、二位+15、三位±0、4位-75で推移します。

つまり0差のゲームなのですね。

ラスを一回でも取るとそれを取り返すのに、一着と二着を一回づつ取らねばなりません。

この半荘は勝てそうにないと思ったら、早めにラスを回避する打ち方にして下さい。

 

三、上がりまでの距離を見極め、自分の打点の高さと相手の打点の高さからベストな選択をする。

これも以前書きましたが、麻雀というのは投資という概念によく似ています。

個人的には賭け麻雀は卓上のビジネスだと思っています。

天鳳はお金は賭けませんが、ptやRが掛かっています。

要は上がれそうもないと思ったら早めに見切りをつけて下さい。

また相手の打点の高そうな手への勝負はできる限り避け、打点の低そうな手に対して勝負するようにして下さい。

判断が正しいなら長期的に見て、これでプラスになるはずです。

 

 

それでは四段になる前の、一番印象に残った自慢の一局を紹介しようと思います。

2014.1.20t1

オーラスで大分苦しい状況です。

今六索をツモりこれで上がれるところですが、自ら首を差し出すようなものなので、上がりを放棄しました。

 

2014.1.20t2

このように切りました。

親にリーチが掛かっているので、形テンで流すのが狙いです。

 

2014.1.20t3

そして狙い通りになりノーテン罰符を貰いながら、もう一局オーラスを打たせて貰うことに成功しました。

 

2014.1.20t4

そして次の局にチャンスが訪れました。

ピンフにはならないため、ここで九筒を曲げました。

これでどこから出てもラスは免れます。

 

2014.1.20t5

最後は対家との三着争いになりましたが、その対家から上がることができ、何とかラスを免れました。

我ながら会心の一局だったと思います。

たった5200点の手ですが、こういう上がりは気持ちがいいものです(笑)

この半荘のURLを載せておきます。

 

ちなみに天鳳で四段くらいになれば、DORA麻雀の$8卓くらいでは大体イーブンの成績が残せます。

2014.1.20d1

但しbakabonさん、n_kayamaさん、hide0106さん、hoge123さんは別格ですよ。

真・雀龍門レビュー

 

最近雀龍門が新しくなったということで、試してみました。

一局しかやりませんでしたがグラフィックがとても素晴らしくBGMも悪くありませんでした。

DORA麻雀ばかりやっていますと、結構新鮮な感がして楽しむことができました。

牌をツモる時も動作があり、飽きさせないような工夫が施されています。

 

麻雀一色で余計な装飾がない天鳳ともまた大分違う感じです。

真・雀龍門はどちらかというとゲームセンターの麻雀に近いです。

 

しかしDORA麻雀をやってしまうと、どうしても緊張感が薄れてしまうのです。

勝っても負けても何も得られるものも失うものもありませんからね。

 

DORA麻雀の場合は四人麻雀ならどうしてもガードが固くなってしまいますが、この手の無料麻雀はかなり攻撃的に打ち回してしまいます。

一度お金を賭けたDORA麻雀をやってしまいますと、どうしても他のオンライン麻雀が本気で打てなくなってしまうのです。

天鳳とDORA麻雀

実に暑い一週間でした。

先週は他のオンライン麻雀サイトでもプレイしてみたく天鳳でも打ってみました。

天鳳は有名ですがグラフィックが綺麗で待ち時間も短くすぐに打て、配牌もツモもリアル麻雀と大差ない感じがしました。

私個人の感覚ですがDORA麻雀は配牌とツモに何か不自然な感じを受けるのです。

DORA麻雀の牌操作の記事もご参照下さい。

しかしこれは皆に平等に起こりうる現象なのでプレイヤー個人へのえこひいきだとは思っていません。

一見、天鳳で不満なさそうですが、天鳳の場合は負けても失うものがないので、どうしても緩いプレイになってしまうのです。

例え同じ局面だったとしても、お金の賭けた麻雀は一打一打が慎重になります。

何せ負けたとき失うのはお金だからです。

私は主に$8/$16のレートでサンマで打っていますが、下手したらものの5分くらいで$16(約1300円)も失ってしまうのです。

これは結構厳しいレートで遊びで打つレートではありません。

しかしこの研ぎ澄まされた緊張というのがたまらなく好きでやっているのです。

これは天鳳ユーザーには分からない心境だと思います。

麻雀の腕を磨く、或いは気軽にオンライン麻雀を楽しみたいなら天鳳ですが真剣で勝負したいならDORA麻雀です。

 

さてプレイ日記に移ります。

まずは大三元。

私はなぜかここのところ大三元に縁があります。

しかしその日は相手のプレイヤーに入りました。

オーラスの親番、持ち点は37,900点でトップです。

あなたならどうしますか?

ちなみに2着は私で35,900点です。

まあ妥当だと思いますが数順後以下の牌になりました。

 

九索切りでなんと大三元のテンパイです。

 

そして問題の局面

あなたならどうしますか?

多くの方は勢いで白をカンすると思います。

勿論私もするでしょう。

場に三、四索が一枚しかないため、山に残っている可能性も高く上がる気満々だったと思います。

そこで引いたリンシャン牌はなんと・・・・

 

あちゃー

おしかったです。

大三元、ドラ4ですから当然五索を切ります。

 

しかーし

反転すると

ご苦労様でした。

五索を切りきれずに残していた私に入りました。

白はカンしなかった方がよかったみたいです。

いずれにしろ三、四索は完全に抑えられており上がれない運命だったのですね。

私の逆転トップで終局です。

大三元を上がるのは気持ちいいですけど抑えるのはもっと気持ちいいですね^^

 

もう一局紹介します。

東一局4本場で親が好調です。

持ち点が49,600点と圧倒的なリードでこの牌です。

意気揚々、勢いよく東切りリーチといきたいですがこの時まだ親は危険に気づいていません。

対家の捨て牌です。

なにやら危険漂う捨て牌です。

DORA麻雀のサンマでは北を抜かないためある役が非常にできやすいのです。

 

そして次の順

リーチなため白は切らざるを得ません。

 

一瞬の逆転劇でした。

これから先この人が調子崩していったのは言うまでもありません。

 

かくいう私はどうなのかというと私もあまり調子でませんでした。

これが履歴です。

$7.14負けです。

一勝負で大体$10以上は動く卓ですが勝ったり負けたりするため妥当な範囲でした。